薩摩藩 横郭 仰冠當(さつまはん おうか ぎょうかんとう )を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 薩摩藩 横郭 仰冠當を売りたいお客様へ

公鋳銭ではなく、いわゆる密鋳銭、つまり偽造品です。が一定の価値をもつものとして、古銭の世界では安定した価値が認められています。正規品と比べれば違いはわかりやすいですが、密鋳銭の種類もさまざまありますので、一度、古銭専門の業者に鑑定を依頼されることをおすすめします。

2. 薩摩藩 横郭 仰冠當についての解説

楕円形で、中心部に正方形の孔がある天保通宝ですが、薩摩藩 横郭 仰冠當の場合、その中央の孔が横に広くなっており「横郭」とよばれています。また背面にかかれている「當百」の文字のワ冠が少し右下がりとなっており「仰冠當」とよばれます。造ったところは名前にある通り薩摩藩です。

3. 薩摩藩 横郭 仰冠當の歴史

江戸幕府は当然のように偽造を黙認していたわけではなく、禁制として断固として認めていませんでした。そのため偽造工作として地方貨幣発行が行われ、それを隠れみのとし、地方密鋳銭がつくられました。地方貨幣というのはその地域内でだけ通用する貨幣のことです。地方貨幣発行の許可をとりつけるための理由は各藩さまざまですが、薩摩藩の理由は琉球の救済を名目としていました。

4. 薩摩藩 横郭 仰冠當の希少価値

通称「ガマ口」と呼ばれるもので、現存する数は多いので希少価値はそれほど高くありません。が、字体や中央の郭の様子などさまざまなものがあり、収集家にとっては楽しめる古銭です。

5. 薩摩藩 横郭 仰冠當の買取査定ポイント

本物である公鋳銭ではなく、確かに偽造品であるかどうかがポイントです。薩摩藩 横郭 仰冠當の特徴を以下に挙げます。
  • 中央の孔が広いか
  • 「當」の文字のワ冠が右下がりになっているか
  • 文字が堂々としすぎていないか

6. 薩摩藩 横郭 仰冠當の取引相場価格

現在も数多く残っていることから、密鋳銭の中では買取価格は低め。本物の天保通宝と変わらない価格で取引されます。字体の希少さや状態の程度によって幅がありますが、1000円~5000円程度が相場価格です。 yahooオークションで、入札はないですが6000円以上の価格がついたものがありました。非常に美しいもので鑑定書つきではないので、本物ではない可能性もあります。

7. 薩摩藩 横郭 仰冠當についてのまとめ

天保通宝の興味深い特徴は、偽造品が本物よりも高く査定されることが多々あるという点ですが、薩摩藩 横郭 仰冠當については現存する数が多く希少性が少ないために、買取価格については本物との差はあまりありません。それでも字体によっては意外な高額での買取もあり得るので、一度楽しみに古銭専門の業者に鑑定に出されてはいかがでしょうか。