[日本銀行券C号]聖徳太子1万円を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 聖徳太子1万円を売りたいお客様へ

聖徳太子1万円はある程度の年齢の方であれば、まだまだ記憶に新しいものですが、日本銀行券の中で今なお最高額の日本で最初の1万円です。後々の価値があがることを期待してもっている方も多いのではと思われます。

2. 聖徳太子1万円についての解説

発行されたのは昭和33年(1958年)です。表面には聖徳太子が描かれ、裏面は2羽の鳳凰が向かい合わせになった図柄が描かれています。サイズは縦が84mm、横が174mmで、今現在の札よりも一回り大きかったと記憶している方も多いでしょう。高度成長期に流通していたお札で、当時の大学の初任給が1万3千円ほどということから考えると、紙幣の中での最高額として非常に高価なイメージがあったのではと思われます。実際、ここまで高額な紙幣は必要なのかという議論がされていました。透かしが施され、法隆寺夢殿が入っています。

3. 聖徳太子1万円の歴史

聖徳太子といえば一万円と考える人も多いですが、実は聖徳太子は過去の紙幣で何回も肖像が使われています。1930(昭和5)年の兌換券100円、1944(昭和19)年の日本銀行券100円、1945(昭和20)年の日本銀行券100円、1946(昭和21)年の日本銀行券100円、1950(昭和25)年の日本銀行券1000円、1957(昭和32)年の日本銀行券5000円、1958(昭和33)年の日本銀行券10000円です。経済の発達に伴っての要請によって造られるようになった高額紙幣には必ず登場しているといえるでしょう。数々の功績があることに加え、それらを真実と証明する資料がきちんとしていること、肖像画の材料があること、が理由とされています。

4. 聖徳太子1万円の希少価値

流通量が多く新しい紙幣であるため、今も一万円前後で取引されることが多いですが、未使用に近いような美品や一桁ナンバーやゾロ目など特殊な番号であれば高額になる可能性もあります。

5. 聖徳太子1万円の買取査定ポイント

美しく状態のよいものであることと番号に特殊性があること、製造上のエラーがあるかどうかが査定ポイントになります。
  • 未使用、もしくは未使用に近いほど状態がよいものであるか
  • 珍しい番号であるか
  • 製造上のエラーがみられるか

6. 聖徳太子1万円の取引相場価格

通常であれば額面どおりの1万円ですが、保存状態がよければそれ以上、珍しい番号やエラーがある紙幣であれば数十万円で価値になることもあります。 yahooオークションだと、完全未使用品が6万円でありました。

7. 聖徳太子1万円についてのまとめ

多くの人の記憶に新しい聖徳太子1万円の紙幣ですが、番号が特殊であれば意外な高値になる可能性があります。売却を希望するのであればもともとの額面より高くなることはあまり期待できませんが、ゾロ目や一桁台の番号であれば期待できます。またそれ以外にもアルファベットをみるなど高額査定の条件がさまざまあります。売却をお考えであれば、一度古銭を扱う専門の鑑定士に見てもらうのもよいでしょう。