天保通宝(てんぽうつうほう)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 天保通宝を売りたいお客様へ

江戸末期から明治にかけて流通した銭貨である天保通宝は寛永通宝の1文に対し、100倍の価値がある100文銭です。偽造が相次いだ銭貨でもあるので、売るかどうかと考える前にまずは本物であるかどうかを鑑定する必要もあるでしょう。

2. 天保通宝についての解説

小判と同じ楕円形で、中心部に正方形の孔があります。表面には「天保通寶」、裏面には「當百」と表記されています。「當百」の文字の孔を隔てたさらに下には金座後藤家の花押が鋳込まれています。材料は銅製、重量は約20.6g(5.5匁)です。

3. 天保通宝の歴史

天保6年、1835年という江戸の末期に、それ以前に発行された真鍮4文銭に対抗し、後藤三右衛門光亨の発案により、さらに高額の銭貨の発行となりました。額面は100文ですが、実際には80文で通用しており、実際の価値は100文にはとても届かないものでした。これが原因で経済に混乱を起こし、偽造が相次ぎ、約60年たった明治24年、1891年に通用停止となりました。

4. 天保通宝の希少価値

実際の価値としては寛永通貨5~6枚分ともいわれ偽造は簡単であったため、偽造は各藩あげてのひそかな鋳造「密鋳」が行われました。明治時代に引き換え回収された約6億枚の天保通宝は、発行したとされる枚数よりも1億枚以上多く、すべてを回収しきれなかったことを考えると、密鋳は2億枚にも達したのではといわれています。 よって今では、現存数の少ない偽造である密鋳銭の方がかえって価値が高いという皮肉な結果にもなっています。

5. 天保通宝の買取査定ポイント

江戸幕府は各藩に対し、天保通宝の発行は水戸藩以外には許可していませんでしたから、それ以外の藩で造られたものはいわゆる偽造、密鋳です。偽造品は正規品よりも枚数が少ないために、その価値は皮肉なことにかえって高いものとなっています。見分けるのは、中央の孔の大きさや形、裏面の花押の違いなどです。
  • どこの藩で造られたものか
  • 孔の大きさや形におかしな点はないか
  • 花押のデザインは正しいものか
  • 文字の大きさ、縦横のバランスが正規品と同じか

6. 天保通宝の取引相場価格

母銭というのは通常出回る通貨、通用銭を造るための型をとるための見本で、くっきりとした字体できれいに残っていることがよくあり、通用銭の何十倍にもあたる価格で取引されることがあります。通用性はその多くが1000円程度からですが、母銭であれば5万円以上からといった具合です。現存する数の少なさ、希少性によって査定価格が決まり、美品であれば10万円以上になることもあります。 yahooオークションでは、数万円のものが出品され、多くの入札がみられました。母銭の美品もありましたが鑑定書つきであればさらに高値になる可能性もあります。

7. 天保通宝についてのまとめ

偽造品がかえって高く査定されるという下剋上的な逆転現象が興味深い銭貨です。藩を挙げて蜜鋳に関わったと判明しているだけでも10を超えていますから、そういった偽造品が手に入る可能性もあります。古銭の専門業者に依頼して密鋳銭であるか鑑定されてはいかがでしょうか。