大阪府で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.大阪府で骨董品を売りたいお客様へ

江戸時代に豊かな町民文化が花開いた大阪府は、今も昔も豊かな文化を育む地。大阪には与謝蕪村や呉春を祖とする俳諧や日本画の伝統が長く息づき、趣味や芸事を重んずる風土があるのです。それだけに骨董や古美術が数多く皆さんのお家に眠っているはず。古くから伝わる鉄瓶や銀瓶といった茶道具や、刀剣や鎧といった武具、キセルや帯留といった金工細工などは「骨董品・美術品買取コネクト」が今、探しているものなのです。 骨董品だけでなく掛け軸や屏風といった美術品、お家にありませんか? 大岡春卜や長山孔寅、深田直城ら大阪画壇で活躍した人々の絵で世に出ていないものは、まだまだたくさんあるものです。お心当たりがあるならば、ぜひ「骨董品・美術品買取コネクト」までご一報ください。大阪全域を出張査定・買取りでカバーしています。 また、忘れてはならないのがご家族の方のコレクション。遺品で引き継いだり、家の整理ででてきたりといったものはありませんか? 「ガレ」や「ドームナンシー」、「マイセン」、「リヤドロ」などなど西洋や中国・朝鮮のアンティークも「骨董品・美術品買取コネクト」の数多い買取品目の一つです。現在価値が上昇中のアンティーク、最新の市場価値に照らして正当に査定、高価買取を実現させます。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.大阪府に関連する美術作家・人物

名前:与謝 蕪村

出身地:大阪府大阪市

江戸時代中期の俳人、画家。 20歳のころ江戸へと渡り俳諧を学び、40歳のころから自身の絵を宿代替わりに東北地方や丹後地方を行脚、京都に落ち着き妻帯したのは42歳ごろのことでした。讃岐地方への旅をはさみつつ、1784年、68歳で死去するまで、俳句を教えるなどで生活を送りました。松尾芭蕉や小林一茶と並び賞賛される俳諧の巨人とされる一方で、数々の絵画作品も残しています。代表作に出光美術館収蔵の重要文化財「山水図」など。

名前:呉春

出身地:京都府京都市

江戸中期の画家、四条派の祖。 18歳のころから絵を学び始め、1773年には与謝蕪村に入門、当時「呉服の里」と呼ばれていた、大阪府池田市と京都を行き来する生活を送ります。その後、円山応挙の影響を強く受けつつ、京都画壇の中心に。呉春は四条派と呼ばれるようになり、日本画の方向性を決定づけるほどの影響を持つまでになりました。「呉春」という名は池田の古名の「呉」に由来するもの。大阪とは縁が深かった画家です。代表作は重要文化財「山水図屏風」など。

名前:村上 華岳

出身地:大阪府大阪市

大正から昭和期にかけて活躍した日本画家。 京都市立美術工芸学校を経て、京都市立絵画専門学校を1913年に卒業、在学中から文展に出品し注目を集め、1916年には同展で特選となりました。その後1918年、近代日本画革新運動の中心と評価されている「国画創作協会」を設立、西洋と日本の美術を融合させて、新しい絵画を目指しました。代表作に兵庫県立美術館に収蔵の「観世音菩薩施無畏印像」、京都国立近代美術館に収蔵の「墨牡丹之図」など。1939年、51歳で死去。

名前:後藤 仁

出身地:大阪府堺市

大阪市立工芸高等学校で日本画を学び首席で卒業、1996年には東京芸術大学を卒業後、日本画家として活動を始めます。現在も後藤の代名詞とされる「アジアの美人画」に取り組み始めたのは1998年ごろから。法隆寺金堂壁画などにも見られる日本画の古典的な線描法や、アジア各地の民族衣装を写したカラフルな色彩表現といった、後藤の持ち味は多くの人たちをファンにしています。一方で絵本にも数多くたずさわり、日本児童出版美術家連盟の理事としても活動をおこなっています。

名前:佐伯 祐三

出身地:大阪府大阪市

大正から昭和期に活躍した画家。 旧制・北野中学校を卒業し、1917年に川端画学校に入学。パリへと渡り街頭を写生、フォーヴィズムの画家であるヴラマンクや、エコール・ド・パリの画家であるユトリロの影響が強い、荒々しいタッチが特徴的な作品を手掛けますが、持病の結核が悪化。短期間の帰国の後に再びパリへ渡り1928年、30歳で死去しました。主な作品として大阪市立美術館に収蔵の「パリの寺院」や「パリの裏街」など。

名前:石川 晃治

出身地:大阪府大阪市

1991年、大阪芸術大学芸術学部美術学科版画専攻を卒業し、個展を開催。吉原治良賞コンクールの大賞を最年少で受賞。その後も国内外の展覧会に出品するなど、精力的に制作活動を続けています。石川が大きな影響を受けているのが棟方志功の作品。以来、生命の力強さや躍動感を表現することが、石川の作品に共通するテーマとなっており、象徴的な円錐形のモチーフがそれを表しています。

名前:小出 楢重

出身地:大阪府大阪市

大正から昭和期にかけて活躍した洋画家。 子どものころから日本画を学び、1907年に東京美術学校でも日本画を学びますが、洋画へと転向。1919年から出展した二科展で、樗牛賞と二科賞を連続受賞、その後フランスへ渡り帰国後に仲間たちと「信濃橋洋画研究所」を結成するなど、洋画界での存在感を大きくしていきましたが、1931年に43歳で死去。芦屋市立美術館には、小出が制作に取り組んだアトリエが保存されています。

名前:小西 来山

出身地:大阪府大阪市

江戸時代に活躍した俳人。 商人の家に生まれ、西山宗因の弟子である前川由平に俳諧を学びました。西山宗因とは井原西鶴ら多くの門人を持つことで知られている人物。談林派の祖としても知られていますから、小西は正統の俳句を幼くから学んだことになります。20歳前後の1675年ごろには宗匠となり、門弟を抱えるまでになりました。1678年には井原西鶴の「物種集」に掲載されており、自身の作品集として「いまみや艸」「続いま宮草」が残されています。

名前:森村 泰昌

出身地:大阪府大阪市

大阪府立高津高等学校を経て、1971年に京都市立芸術大学を卒業。その後も大学に残り、各地で美術教師として勤めつつ、写真家・佐藤善夫に師事。1985年、ゴッホに扮した自身をセルフポートレートに収めた作品で名を挙げ、1989年にはアメリカを巡回する日本美術展に参加、国際的な名声を得ることになります。2003年には織部賞、2008年には芸術選奨文部科学大臣賞、2011年には毎日芸術賞、紫綬褒章を受章。

名前:吉原 治良

出身地:大阪府大阪市

20世紀を通じて活躍した洋画家。 北野中学校に在学していたころから油絵を始め、関西学院高等商業学部を卒業して渡仏。1928年の帰国後に個展を開催するなど画家として活動を開始します。その後、藤田嗣治にオリジナリティのなさを指摘されて以来、抽象絵画へと転向。1954年には具体美術協会を設立しました。その先駆的な活動は現在でも評価されています。一方で家業の油問屋を吉原製油、後のJ-オイルミルズへと成長させた実業家でもありました。1972年、67歳で死去。

5.大阪府で買取されたお客様の感想

お客様住所:大阪府枚方市

品名:十代・田原陶兵衛 「萩茶碗」

祖父の数あるコレクションの内の一つ、萩焼の茶碗を買取ってもらいました。茶碗1つしかないにも関わらず、遠くから足を伸ばしていただいただけでも恐縮なのに、非常に良い査定結果を出していただき、深く感謝しています。他にも何か買っていただけるものをご用意できればよかったのですが、何だか申し訳ない気持ちになってしまいました。「骨董品・美術品買取コネクト」さん、また機会がありましたら、ぜひよろしくお願いいたします。

お客様住所:大阪府東大阪市

品名:江戸末期 和ダンス ほか古道具一式

祖父がなくなって、誰も住んでいない家を取り壊すにあたり「骨董品・美術品買取コネクト」さんに立ち会ってもらった上で、色々と買取っていただきました。ガラクタか何かもわからないものが大量に出てきたのですが、それらを素早く選別していく様子は本当にプロの仕事。見ていて、思わず感嘆してしまいました。加えて高く買ってくれましたから、思わぬ臨時収入にもなりました。解体費用の足しになり、本当に助かりました。

お客様住所:大阪府伊丹市

品名:藤井勉 「静物画」

秋田県出身の父が、同郷の画家ということで藤井先生の絵を購入して数10年。高いものだったと、生前によく話していた一品です。しかし、あまり私の趣味ではないので「骨董品・美術品買取コネクト」さんに査定だけでもしてもらおうと連絡したところ、すぐに訪問してきてくれました。そして、査定の後に出た金額は、予想を上回る高いもの。父がそれ以上に支払ったのかどうかまではわかりませんが、充分納得できる価格でしたから、買取ってもらうことに決めました。

6.大阪府の人気の美術館

名前:大阪市立美術館

場所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1丁目82

日本の公立美術館の中でも長い歴史を持つことで知られるのが「大阪市立美術館」。日展や国展、二科展といった公募展の会場としても古くから使われ、市民や寺院、寺社からの寄託品も多く収蔵されていますから、広く市民に親しまれ、大阪の歴史に寄り添う形で発展を遂げてきた美術館といえるでしょう。 そんな大阪市立美術館は、8,000点を越える膨大な作品を収蔵しているのですが、中でも注目は江戸時代中期を代表する画家、尾形光琳の充実したコレクション。量だけでなく全て国の重要文化財に指定されている貴重なものばかり。他にも重要文化財となっている作品として、葛飾北斎や谷文晁、蘇軾らも数多く展示されています。それらを目にするだけでも充分に満足できること間違いありません。

名前:国立国際美術館

場所:大阪府大阪市北区中之島4丁目2-55

ウォーホルやカンディンスキー、ジャスパー・ジョーンズら第2次世界大戦後の現代美術を中心に、充実したコレクションで知られるのが「国立国際美術館」。1970年の大阪万博にルーツを持つ美術館で、現在の中之島へと移転したのが2004年。建物を手掛けたのは国際的に活躍するアメリカの建築家・シーザー・ペリ。ほとんどが地中に納められているというユニークなものとなっています。 また、見逃せないのがセザンヌやピカソ、エルンスト、藤田嗣治ら、国内外の戦前の重要な作品たち。中でもピカソの「道化役者と子ども」は「青の時代」に描かれた、初期の代表作。キュビズム期に描かれた「ポスターのある風景」も収蔵されていますから比較してみるのも楽しそうです。

名前:大阪市立東洋陶磁美術館

場所:大阪府大阪市北区中之島1丁目1-26

朝鮮や中国の貴重な陶磁器を展示しているのが「大阪市立東洋陶磁美術館」。中でも793点からなる高麗・朝鮮の陶磁のコレクションは世界的にも貴重なもの。ただ美しいというだけでなく、コレクションを目にすることで時代による作風の変遷を追うこともできるという、学術的な見地からも非常に重要なものとなっています。 他に貴重なものといえば2点の国宝。一つは南宋時代の「油滴天目茶碗」で、元はといえば豊臣秀次が所蔵していたもの。もう一つは元の時代、龍泉窯の「飛青磁花生」で鴻池家が所蔵していたもの。他にも収蔵されている重要文化財は13点、総数4,000点という膨大なコレクションを目近にすることができるのは、きっと貴重な機会となることでしょう。

7.大阪府の出張買取エリア

大阪市 / 堺市 / 岸和田市 / 豊中市 / 池田市 / 吹田市 / 泉大津市 / 高槻市 / 貝塚市 / 守口市 / 枚方市 / 茨木市 / 八尾市 / 泉佐野市 / 富田林市 / 寝屋川市 / 河内長野市 / 松原市 / 大東市 / 和泉市 / 箕面市 / 柏原市 / 羽曳野市 / 門真市 / 摂津市 / 高石市 / 藤井寺市 / 東大阪市 / 泉南市 / 四條畷市 / 交野市 / 大阪狭山市 / 阪南市 / 島本町 / 豊能町 / 能勢町 / 忠岡町 / 熊取町 / 田尻町 / 岬町 / 太子町 / 河南町 / 千早赤阪村 /