埼玉県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.埼玉県で骨董品を売りたいお客様へ

東京にもほど近い埼玉県は、数多くの芸術家など文化人を輩出したことで知られています。それだけに住む人々の文化水準も高い土地がら、多くの美術品や骨董品が眠っている土地がらです。例えば、埼玉県ゆかりの芸術家なら、小茂田青樹、淡島椿岳といった日本画家の掛け軸。そして倉田白羊、須田剋太ら「浦和画家」と呼ばれた人々の洋画作品。金子國義による独特の女性像や、落田洋子の銅版画など……これら美術品市場で非常に高い人気を持つ作品を持っている方、家にあるけれど長い間飾っていない方などはいらっしゃいませんか? 売ってしまいたいとか、査定だけでもしてほしいとか、そんな場合は埼玉県内出張買取りの「骨董品・美術品買取コネクト」をご利用ください。 他に所沢や岩槻で制作された人形たちや骨董品、古道具はお家にないでしょうか? 土蔵やリフォームの際に家を整理したら出てきたものたち、一見無用のものに思えても、実は非常に価値が高い骨董品ということはよくあります。「骨董品・美術品買取コネクト」に査定・高く買取りさせてください。 「骨董品・美術品買取コネクト」が得意としているのは埼玉由来のものや、日本の骨董品、美術品だけではありません。海外のもの、特に中国・朝鮮のものや西洋アンティークも大得意。これらも高価買取いたしますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.埼玉県に関連する美術作家・人物

名前:相原 求一朗

出身地:埼玉県川越市

20世紀を通じて活躍した洋画家、北海道に多くの題材を取る。 裕福な家に生まれた相原は川越商業学校で油絵に出会い、一時は画家をこころざしますが家業を継がざるを得なくなります。兵役・帰還の後、洋画熱が再燃、1948年に高名な洋画家である猪熊弦一郎に師事すると、「白いビル」や「原野」、「ノサップ」らの作品がコンクールに入賞、洋画家として活躍をはじめました。1987年には功績により埼玉文化賞を受賞、1996年には故郷・川越市の名誉市民となっています。

名前:小茂田 青樹

出身地:埼玉県川越市

大正から昭和期にかけて活躍した日本画家。 17歳で上京、日本画家・松本楓湖の安雅堂画塾に入門すると、1913年には巽画会展でに出品、注目を集めると1915年の再興院展に「小泉夜雨」が初入選、その後「菜園」や「出雲江角港」も入選し高い評価を得るようになります。作風の特徴は細密表現と洋画的な手法、「詩情の画家」の異名を取りました。代表作に埼玉県立近代美術館に所蔵の「鳴鶏」や「麦踏」、川越市立美術館に収蔵の「秋意」など。

名前:淡島 椿岳

出身地:埼玉県川越市

幕末から明治初期の画家、漫画家としても高名。 裕福な農家の子として生まれ、幼いころから絵を好みました。出身地である川越を離れ江戸で商家に奉公後に成功、それでも画があきらめられず、大西椿年や谷文晃、高久隆古に日本画を、川上冬崖や高橋由一に洋画を学びました。その後、財産に任せて奇人・変人と称される放蕩生活を送りつつ画業に取り組み、評判を呼ぶようになります。明治時代、画家や作家などとして活躍した淡島寒月は実子となります。

名前:岩崎 勝平

出身地:埼玉県川越市

20世紀に活躍した洋画家。 川越中学校在学中に絵画に興味を持ち本郷洋画研究所へ通い、後に東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業。文展や新文展で選奨や特選となり、輝かしいデビューを飾ります。しかし経済的に厳しい生活を送り、放浪生活に入ることに。故郷の川越へ帰るも絵の具も購入できないほどに生活に困り、デッサンのみに打ち込むことになるのですが、健康を害し1964年に死去、59歳でした。その人生と画風から「孤独と貧困の鬼才」と称されています。

名前:落田 洋子

出身地:埼玉県浦和市

武蔵野美術短期大学商業デザイン科を1968年に卒業、広告の仕事に就いた後に油絵を始めると、1976年に初個展、1979年に銅版画の制作を開始。作品は村上春樹や寺山修司、小池真理子、和田誠、F・スコット・フィッツジェラルド、トルーマン・カポーティらの書籍の装画に用いられています。画集に「風の祝祭」や「ミルドレッドの路左側」、「アフタヌーン」。落田が描く静謐で懐かしい風景にファンは多く、古典を中心に精力的に活動中。

名前:金子 國義

出身地:埼玉県蕨市

昭和から平成期にかけて活躍した画家。 旧制・蕨第一国民学校に在学中より図画や工作に秀で、聖学院高等学校を1959年に卒業、日本大学芸術学部に入学。舞台美術やグラフィックデザインに携わった後にフリーとなり、澁澤龍彦の作品の挿絵を手がけ有名になりました。デカダン的な雰囲気を持った女性を描く金子の絵は、どこかで必ず見かけたことがあるほど人気の画家で、コシノジュンコらとの交友でも知られています。2015年、78歳で死去。

名前:倉田 白羊

出身地:さいたま市浦和区

主に20世紀に活躍した洋画家。 1894年、23歳で夭折した兄の意志を継いで洋画家・浅井忠に師事、浅井が東京美術学校教授となると倉田も入学、1901年に首席で卒業しました。1907年には文部省美術展覧会に「つゆはれ」で入選、夏目漱石により作品がとりあげられ、個展を開催するなど、高い評判を得るようになります。後に長野県に転居しますが、それまでは現・浦和区を中心に活動、「浦和画家」と呼ばれる芸術家たちの代表的人物でもありました。

名前:須田 剋太

出身地:埼玉県鴻巣市

20世紀に活躍した洋画家、「浦和画家」としても知られる。 埼玉県立熊谷中学校を1927年に卒業、ゴッホと写楽に傾倒し東京美術学校を何度も受験するが失敗。そこで独学で絵を学んだところ、1936年に文展で初入選、1936年には文展で「読書する男」が特選となりました。その後、抽象画へと画風を変え、書も研究、独自の作風を築き、司馬遼太郎「街道をゆく」の挿絵を担当したことでも有名。現存する作品の多くは埼玉県立近代美術館で目にすることができます。

名前:後藤 純男

出身地:埼玉県北葛飾郡松伏町

昭和から平成期にかけて活躍した日本画家。 旧制埼玉県立粕壁中学校を1945年に卒業して、日本画家で文化勲章受章者の山本丘人らに師事。1952年に院展に初入選、その後、日本美術院展覧会で大観賞や文部大臣賞、内閣総理大臣賞を受賞、確固たる名声を築きました。2002年には埼玉県北葛飾郡松伏町の名誉町民、旭日小綬章や日本芸術院賞・恩賜賞を受賞し、2016年に東京芸術大学の名誉教授に就任するも、その年に死去、86歳でした。

名前:麦倉 忠彦

出身地:埼玉県草加市

埼玉県立春日部高等学校から東京芸術大学へ進み、1961年に同大学研究科彫刻専攻を修了。1963年に安宅賞・新制作協会新作家賞を受賞しました。その後、アメリカのK・ジョーロコフスキー彫刻研究所で学び、帰国後の1997年に個展を開催、1999年に草加市文化賞を受賞し、埼玉県美術家協会運営審査員を務め「草加はみんなエメラルド」というタイトルの著作もあるなど、故郷とのかかわりも深い彫刻家です。九州産業大学大学院教授。

5.埼玉県で買取されたお客様の感想

お客様住所:埼玉県春日部市

品名:石川茂男「埼玉県坂戸(春隣)」 油彩画

坂戸の郷愁あふれる山村の風景を描いた油絵を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。郷土の風景にひかれてずいぶん前に家族が購入、楽しんでいたものですが家をリフォームすることで展示スペースがなくなり、手放すこととなりました。多くの美術品買取業者さんと話をしたのですが、一番信頼できそうな「骨董品・美術品買取コネクト」さんにお願いすることになりました。査定価格が高かったのはもちろん、接客態度がピカイチ。知り合いにも紹介してしまったぐらいです。

お客様住所:埼玉県蕨市

品名:明治期「一円銀貨」 15枚

古い土蔵を解体したときに出てきた一円銀貨を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取りしていただきました。他にも古銭がたくさん出てきたのですが、買取ってもらえたのは一円銀貨のみだったのは少々残念でしたが、15枚だけでも充分満足がいく買取価格を提示してもらえたので「骨董品・美術品買取コネクト」さんに決めました。連絡してから訪問されるまでや、実際の査定もスピーディ。とても気持ちの良い方に買っていただき嬉しく思っています。古い花柄の買取りは金貨や銀貨が主なのですね。

お客様住所:埼玉県草加市

品名:リヤドロ「ときめき」 彩色フィギュリン

以前、三越百貨店で購入したリヤドロのフィギュリンをケース付きで「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取ってもらいました。長い間、飾って楽しんでいたものでしたからケースにはホコリや汚れがありましたが、フィギュリンの状態の良さを高く評価してくれて嬉しい臨時収入となりました。思い入れがあるものだとわかってくれたのでしょう、査定をされた方の品物の扱いも丁寧で、横で見ていても安心できました。次は別のフィギュリンも「骨董品・美術品買取コネクト」さんに相談したいと思っています。

6.埼玉県の人気の美術館

名前:埼玉県立近代美術館

場所:埼玉県さいたま市浦和区常盤9丁目30-1

日本最初の県立美術館として知られる埼玉県立美術館を前身とする「埼玉県立近代美術館」。何度も改称・移転を繰り返していることでもわかる通り、3,000点を越える膨大な収蔵品を誇っています。それらの中でも注目は、2,000点を数えるという埼玉県ゆかりの芸術作品たち。特に浦和で生活しながら作品を制作し続けた「浦和画家」と呼ばれる人々のコレクションが有名で、晩年の須田剋太が自身で所有する作品全てを寄贈したことでも知られています。 北浦和公園内に位置しているので、リラックスした雰囲気の園内散策とあわせて楽しみたいもの。「椅子の美術館」の異名を持つほど数多くの椅子も展示しており、少し疲れたらそれらに座って休憩することもできます。

名前:大宮盆栽美術館

場所:埼玉県さいたま市北区土呂町2丁目24-3

四季折々の木々が楽しく、5月初旬に開かれる「大盆栽まつり」では多くの人々を集める「大宮盆栽村」。その中核施設が「大宮盆栽美術館」で、近年テレビなどにも取り上げられ、老若男女を問わず人気がある盆栽の名品や盆栽に関する美術品、民俗資料、歴史資料が集められています。 また、子どもたちを対象にしたワークショップや盆栽相談、大人を対象にした盆栽の実技公開など定期的に開催されるいイベントも人気。ミュージアムショップでは、美術館オリジナルのてぬぐいやポストカードが販売されており、こちらはおみやげにぴったりでしょう。近年では、欧米各地からも数1,000人が訪れるほど世界的にも盛り上がりを見せる「BONSAI」、その魅力を再発見してみるのはいかがでしょうか。

名前:川越市立美術館

場所:埼玉県川越市郭町2丁目30-1

川越城二の丸跡に立地する「川越市立美術館」は酒造業を営む商家をイメージした建物が印象的。小茂田青樹や岩崎勝平、小泉智英や長沢秀之といった、川越に生まれたりゆかりがある芸術家の作品を数多く収蔵。中でも相原求一朗の作品たちは、記念室が常設されているほどの充実ぶりです。他にも、橋本雅邦や井上安治ら川越藩の画家や、川越市以外の埼玉県内で活躍した芸術家たちの作品も多数コレクション、総数は2,000点といいますから、その充実ぶりがうかがえるでしょう。 特別展では川越市ばかりでなく県外からも数多くの人々が訪れますし、創作室でのデッサンや油絵、水彩画といった講座も好評、川越市美術展覧会の出品作品も展示されるなど、まさに市の芸術の中核施設です。

7.埼玉県の出張買取エリア

さいたま市 / 川越市 / 熊谷市 / 川口市 / 行田市 / 秩父市 / 所沢市 / 飯能市 / 加須市 / 本庄市 / 東松山市 / 春日部市 / 狭山市 / 羽生市 / 鴻巣市 / 深谷市 / 上尾市 / 草加市 / 越谷市 / 蕨市 / 戸田市 / 入間市 / 朝霞市 / 志木市 / 和光市 / 新座市 / 桶川市 / 久喜市 / 北本市 / 八潮市 / 富士見市 / 三郷市 / 蓮田市 / 坂戸市 / 幸手市 / 鶴ヶ島市 / 日高市 / 吉川市 / ふじみ野市 / 白岡市 / 伊奈町 / 三芳町 / 毛呂山町 / 越生町 / 滑川町 / 嵐山町 / 小川町 / 川島町 / 吉見町 / 鳩山町 / ときがわ町 / 横瀬町 / 皆野町 / 長瀞町 / 小鹿野町 / 東秩父村 / 美里町 / 神川町 / 上里町 / 寄居町 / 宮代町 / 杉戸町 / 松伏町 /