電燈75年記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.電燈75年記念切手を売りたいお客様へ

電燈75年記念切手は、日本で初めて電燈が灯ってから75年の節目に発行された記念切手です。プレミアが付く切手ではありませんが、バラの状態でも比較的高く売却できるのが特徴です。また、シートの電燈75年記念切手や初日カバー(FDC)は更に価値が跳ね上がり、高値になる可能性もあります。これらはもちろん、バラでも売却する価値がある切手と言えます。

2.電燈75年記念切手についての解説

電燈75年記念切手は10円の額面のみが発行されています。発行枚数は300万枚で、切手の絵柄には当時の電燈として普及していたフランスのアーク灯が描かれています。なお、シートの電燈75年記念切手は10円切手が20枚のシート状になっています。

3.電燈75年記念切手の歴史

1878年、中央電信局において開局式が開催されました。電信局は様々な電信業務を担う組織ですが、この時に日本で初めて電燈が灯されています。電燈75年記念切手は、この開局式と電燈が灯った日から75年が経った1953年に発行されました。

4.電燈75年記念切手の希少価値

電燈75年記念切手は発行枚数が300万枚ほどあるため、希少性そのものは決して高いとは言えません。現存枚数も比較的あると考えられますが、価値は同年代に発行されている他の記念切手よりも若干高くなっています。バラでも額面以上の価格で売却できる切手ですが、更にシートや初日の消印が付いているFDCになると希少価値が跳ね上がります。

5.電燈75年記念切手の買取査定ポイント

電燈75年記念切手の買取価格を決める重要なポイントはコンディションにあります。破れや日焼け、折れなどが無い電燈75年記念切手は美品として扱われ高値になりますが、逆にコンディションが悪いものは並品になってしまいます。また、FDC・シートは高値が付くほか、査定時の切手相場の影響で価値が変わる可能性もあります。
  • コンディション(汚れ・破れ・日焼けなどの有無)
  • FDCやシートは高値が付く可能性がある
  • 査定を受ける時の相場で価値が変動する

6.電燈75年記念切手の取引相場価格

電燈75年記念切手の価値は、バラの美品で1枚あたり700円ほどが見込まれます。買取・オークション取引相場はおよそ500円程度ですが、保存状態が良ければこれを上回る可能性もあります。逆に並品は価値が低く、折れ・破れがあると買取で相場を大幅に下回ります。 また、シートの電燈75年記念切手は希少性が高いため、状態と枚数次第では高値が期待できます。FDCも希少性が高く、単体でのオークション価値は2千円~3千円前後が見込まれます。いずれも業者による査定を受けてみると良いでしょう。

7.電燈75年記念切手買取についてのまとめ

1953年に発行された電燈75年記念切手は、戦後の記念切手の中でも比較的高い価値を持っています。プレミアが付くほどの希少性は無いものの、バラでも数百円、FDCなら更に高い価値があります。ただし、同年代の記念切手はコンディションにより価値が変わるため、保存状態が悪いものは注意が必要です。買取してもらう際は、折れや日焼けが無いかチェックしておくと良いでしょう。