日本赤十字社創立75年記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.日本赤十字社創立75年記念切手を売りたいお客様へ

日本赤十字社創立75年記念切手は、日本赤十字社の設立から75年を記念して発行された切手です。1952年に2種類が発行されました。1950年代の他の記念切手と同じように、プレミアが付くほどの価値はありませんが、バラでもそれなりの価格で売却できる切手です。シート状の日本赤十字社創立75年記念切手は価値が高く、保存状態が良いものは高値での買取が期待できます。

2.日本赤十字社創立75年記念切手についての解説

日本赤十字社創立75年記念切手はグラビア印刷が採用されており、はがき用の5円と封書用の10円の額面があります。5円切手にはやまゆりと赤十字のマークが、10円切手には当時の看護婦と赤十字のマークが採用されています。なお、10円切手の絵柄は画家の宮本三郎氏が描いています。

3.日本赤十字社創立75年記念切手の歴史

日本赤十字社は、1877年に設立された博愛社が前身になっています。それから9年後の1886年にジュネーヴ条約へ加盟し、翌年日本赤十字社へと名称変更されました。日本赤十字社創立75年記念切手は、この名称変更より75年目に発行された記念切手です。

4.日本赤十字社創立75年記念切手の希少価値

戦後発行された他の記念切手と同様に、日本赤十字社創立75年記念切手の希少価値はさほど高くありません。5円と10円とでは価値は少々異なりますが、いずれもプレミアが付くほどの希少性は無いので注意が必要です。ただし、発行当日(1952年5月1日)の消印が押された初日カバー(FDC)は希少価値が高く、通常よりも高値で買取してもらえる可能性があります。

5.日本赤十字社創立75年記念切手の買取査定ポイント

業者に日本赤十字社創立75年記念切手を査定してもらう場合、買取価格を分けるポイントは保存状態です。日焼けや破れがあるものは買取価格が下がる点に注意が必要です。また、バラとシートで査定額が変わるほか、前述の通りFDCは高値が付く可能性があります。
  • 切手の状態(破れや日焼けが無いか)
  • バラとシートどちらを売るか
  • FDCは更に高値が付く可能性もある

6.日本赤十字社創立75年記念切手の取引相場価格

日本赤十字社創立75年記念切手はネットオークションでも比較的盛んに取引されている切手です。バラでの価値は、5円切手が200円~400円ほどですが、10円切手は700円~千円前後の価値があります。取引価格の相場はややばらつきがあるものの、5円切手は100円前後、10円切手は700円~800円前後です。20枚のシート状の日本赤十字社創立75年記念切手は、各額面の約20倍の価値があります。 なお、2種完品になると付加価値が付き、2千円前後の価格が期待できます。FDCは高値が期待できますが、業者により買取価格が異なる可能性があります。

7.日本赤十字社創立75年記念切手買取についてのまとめ

1952年発行の日本赤十字社創立75年記念切手は、プレミアが付く切手ではありませんが、バラでも数百円の価値があります。シート状の日本赤十字社創立75年記念切手は単体でも高値で売りやすく、更に2種完品なら高値が期待できるのも特徴です。FDCは希少性が非常に高いですが、査定基準が業者ごとに変わる場合もあります。もし売却する際は、複数の業者から見積を貰うと良いでしょう。