赤十字条約成立75年記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.赤十字条約成立75年記念切手を売りたいお客様へ

赤十字条約成立75年記念切手は1939年に発行された日本の記念切手です。赤十字条約の成立より75年を記念して発行されたもので、絵柄に特徴があります。額面に発行枚数が異なるため、希少性も額面により違うことには注意が必要です。特に買取価格も額面次第で大きな違いがありますので、どの額面の赤十字条約成立75年記念切手を持っているかは事前に確認したほうが良いでしょう。

2.赤十字条約成立75年記念切手についての解説

赤十字条約成立75年記念切手は絵柄が2種類使われており、額面は2銭・4銭・10銭・20銭の4種類があります。2銭と10銭には地球と赤十字の絵柄が、4銭・20銭にはそれぞれ佐野常民の肖像が描かれています。いずれも2色刷りで、赤十字の赤いマークがポイントになっています。

3.赤十字条約成立75年記念切手の歴史

日本の赤十字は、19世紀に設立された博愛社が前身です。博愛社を設立した人物は佐野常民で、西南戦争での惨状を目の当たりにしたことがきっかけと言われています。赤十字条約成立75年記念切手は赤十字の条約成立より75年が経った1939年に発行されましたが、日本は1887年に加盟しています。

4.赤十字条約成立75年記念切手の希少価値

赤十字条約成立75年記念切手は2銭・4銭と10銭・20銭で異なる希少価値を持つ切手です。2銭と4銭切手は日頃から使われていたこともあるためか、発行枚数が多く希少価値はさほど高くありません。一方の10銭と20銭切手は額面が高く、発行枚数も2銭切手などよりは少なかったことから希少価値があります。しかしこの切手はプレミアが付くほどの切手ではありません。

5.赤十字条約成立75年記念切手の買取査定ポイント

赤十字条約成立75年記念切手の買取価格を分けるポイントは額面にあります。2銭と4銭、10銭・20銭それぞれのペアで価値が異なっており、買取価格も様変わりするので注意が必要です。ただし完品なら高値で売れる可能性もあります。切手のコンディションにも気を付けましょう。
  • 切手の額面
  • 切手の状態(消印・汚れ・破れ・折れなど)
  • 完品なら高値が付くこともある

6.赤十字条約成立75年記念切手の取引相場価格

赤十字条約成立75年記念切手の取引相場は大きく2つに分けられます。まず発行枚数が多かった2銭と4銭切手ですが、いずれもバラでのオークション落札価格は200円~250円ほどです。あまり高い価値は持っておらず、業者による買取でも100円台に留まる可能性があります。 一方で10銭と20銭の赤十字条約成立75年記念切手は、どちらもバラの状態で価値が2千円少々になっており、2銭切手などよりも高値が付いています。仮に4種の額面が全て揃った完品の場合は、更に価値が上昇する可能性もあります。

7.赤十字条約成立75年記念切手の買取についてのまとめ

1939年発行の赤十字条約成立75年記念切手は、赤十字条約の成立を記念した珍しい切手です。絵柄が特徴的で、4種類の額面が発行されていますが、バラでの価値にはばらつきがあります。最も価値が高いのは10銭・20銭の切手ですが、プレミアは付いていないので注意が必要です。しかし、4種完品であれば価値が上がるため、プレミア切手並の買取価格も期待できます。