飛行郵便試験記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.飛行郵便試験記念切手を売りたいお客様へ

飛行郵便試験記念切手は1919年に発行された記念切手です。郵便飛行機の試験飛行が日本で初めて実施され、それをきっかけに発行された切手になります。飛行郵便試験記念切手は大正時代に発行された切手ですが、東京と大阪でのみ限定販売されたもので、日本の切手の中でも特に重要度が高い一枚とされています。バラの状態でも価値が非常に高く、コンディション次第では高値での買取が期待できます。

2.飛行郵便試験記念切手についての解説

飛行郵便試験記念切手は青色の1.5銭切手と、赤色の3銭切手の2種類があります。発行枚数は非常に少なく、1.5銭が5万枚、3銭切手が3万枚と、いずれも限られた枚数のみ販売されました。そのため希少性は非常に高く、入手そのものが困難な一枚です。

3.飛行郵便試験記念切手の歴史

1919年に日本で初めて郵便用の飛行機の試験飛行が行われました。東京と大阪間での試験飛行でしたが、これを記念して作られたものが飛行郵便試験記念切手です。このような経緯があるためか、東京と大阪の郵便局でのみの限定販売となりました。

4.飛行郵便試験記念切手の希少価値

飛行郵便試験記念切手は発行枚数が非常に限られており、現存枚数も少ないことからプレミアが付いている切手でもあります。最も発行枚数が多い1.5銭切手でも、僅か5万枚しか発行されておらず、3銭切手に至っては3万枚です。このような特徴があり、額面に関わらず高値で売却できるのが特徴です。また、使用済みであっても高値が付く場合もあります。

5.飛行郵便試験記念切手の買取査定ポイント

飛行郵便試験記念切手は価値の高い切手のため、査定に大きな影響を与えるのは切手のコンディションです。切手の破れや汚れ、変色などには注意する必要があります。その一方、使用の有無や額面による違いは買取価格にさほど影響は与えません。
  • 切手のコンディション(破れや傷など)
  • 額面による買取価格の違いは大きくない
  • 使用の有無はさほど影響しない

6.飛行郵便試験記念切手の取引相場価格

飛行郵便試験記念切手はコレクター間で高値取引されているプレミア切手です。発行枚数が非常に少ないですが、未使用の美品のものであれば高値が付きます。飛行郵便試験記念切手はバラでも価値が高く、1.5銭のものは6万円前後、3銭の切手なら7万円前後のオークション相場です。 使用済みのものはやや価値が下がりますが、希少性が高いため高額買取が期待できます。ただし、切手に破れや折れがあるものや、色褪せているものは並品として扱われ、業者での買取価格が下がる場合もあります。

7.飛行郵便試験記念切手の買取についてのまとめ

1919年に発行された飛行郵便試験記念切手は、バラでも非常に高い価値を持つ切手です。発行枚数が3万枚・5万枚と限られており、また販売も東京と大阪のみであったことも影響してプレミアも付いています。なお、1.5銭切手と3銭切手では、価値もほとんど変わらないため、額面を気にせず売却できます。もし2種揃った完品なら、更に価値が高まるでしょう。