昭和大礼記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.昭和大礼記念切手を売りたいお客様へ

昭和大礼記念切手は、裕仁皇太子が昭和天皇へ即位したことを記念して発行された切手です。他にも「大嘗宮切手」という呼び方があり、単色刷りながらも細かく描かれた絵柄から人気の高い切手でもあります。20世紀以降に発行された日本の切手の中では、比較的高値で取引されてはいますが、プレミアが付くほど価値は高くないので注意が必要です。

2.昭和大礼記念切手についての解説

昭和大礼記念切手は1.5銭と3銭、6銭、10銭の4種類の額面の切手が発行されています。額面に関わらず単一の絵柄で統一されていますが、鳳凰と大嘗宮が描かれています。なお、他にも様々な皇室に関連する記念切手が発行されていますが、昭和大礼記念切手もそのうちの一枚です。

3.昭和大礼記念切手の歴史

1926年に大正天皇が崩御し、その後昭和へと改元されました。そして1928年11月、当時の裕仁皇太子が昭和天皇へ即位するための儀が京都御所で執り行われました。昭和大礼記念切手はこの大礼を記念し、11月10日に発行されました。

4.昭和大礼記念切手の希少価値

昭和大礼記念切手は近代に入ってから発行された切手ですが、発行枚数が多かった影響かプレミアが付いた額面のものはありません。ただし、非常に古い切手でもあるため美品は少ないと考えられており、切手のコンディションが良いものは希少性も高まります。また、1.5銭と10銭切手でも希少性は変わります。最も価値が高いのは10銭切手です。

5.昭和大礼記念切手の買取査定ポイント

切手買取業者に昭和大礼記念切手を査定してもらうポイントは、切手の使用状態とコンディションです。未使用で破れなどが無い昭和大礼記念切手は美品として扱われ、最も高く売却できます。ただし、額面によって若干価値に差があるほか、4種完品とバラでは査定価格も変わります。
  • 切手の使用状態
  • 切手の種類により若干の価格差がある
  • 4種完品とバラでは価値が変動する

6.昭和大礼記念切手の取引相場価格

昭和大礼記念切手の一般的なオークションでの取引価格の相場は、1.5銭と10銭で大きな違いがあります。昭和大礼記念切手の大まかな価値は、額面1.5銭と3銭が100円前後ですが、6銭なら千円ほどになります。また、10銭切手は若干価値が高く、バラで千円~1,500円程度の価値があります。買取価格は数十円~千円ほどです。 ただ、切手のコンディションが悪いと上記の価値を下回り、買取価格も下がるので注意が必要です。逆に未使用美品で4種揃った完品なら、価値は更に上がります。

7.昭和大礼記念切手の買取についてのまとめ

1928年の昭和天皇即位を記念して発行された昭和大礼記念切手は、絵柄に鳳凰と大嘗宮が描かれた美しい切手です。1.5銭と3銭切手はさほど価値が高くないものの、6銭と10銭は千円少々の価値を持ちます。しかし、4種完品でもプレミアが付く切手ではありません。全て揃えるのは難しいと考えられるため、バラで売るのが望ましいと言えます。