日本国際見本市記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.日本国際見本市記念切手を売りたいお客様へ

日本国際見本市記念切手は、1954年の見本市開催を記念して発行された切手です。国際見本市は世界各国で開催されていますが、1954年に開催されたものは日本初となります。日本国際見本市記念切手はこの開催を記念したものですが、発行枚数が比較的多いこともあり、プレミアが付くほど価格は高騰していません。しかし、バラでも数百円の価値を有する記念切手です。

2.日本国際見本市記念切手についての解説

日本国際見本市記念切手は発行枚数が300万枚で、発行された額面は10円の1種類のみとなっています。切手の印刷にはグラビア印刷が採用され、絵柄は歯車や日本の縮図など様々なものが描かれており、右下には「日本国際見本市記念」の文字があります。

3.日本国際見本市記念切手の歴史

1954年に日本で初めての国際見本市が開かれました。日本国際見本市記念切手はこれを記念した切手です。なお、日本初の国際見本市は当時の社団法人・大阪国際見本市委員会が開催しましたが、2年後の1956年には東京で見本市協会が設立されています。

4.日本国際見本市記念切手の希少価値

日本国際見本市記念切手は発行枚数は300万枚ほどあるため、バラでの希少価値は決して高くありません。同年代に発行された他の記念切手とほぼ同等の希少性になっています。しかし、20枚が連なった縦長シートの日本国際見本市記念切手は希少性が高く、バラのものよりも高値になる傾向があります。ただしプレミアが付くほどでは無いため、価格が高騰する可能性は低いと言えます。

5.日本国際見本市記念切手の買取査定ポイント

日本国際見本市記念切手の買取額を決めるポイントは保存状態にあります。汚れやしわなどがあると価値が下がるため、保管には注意を要します。なお、シートであればバラの日本国際見本市記念切手より高値が付くことも多いですが、買取価格は切手の相場全体の影響を受けることに気を付けましょう。
  • 切手の保存状態はどうか
  • シートは高値が付く場合がある
  • 切手取引相場の影響も受ける

6.日本国際見本市記念切手の取引相場価格

未使用かつ美品の日本国際見本市記念切手は、1枚あたりの価値が約400円となっています。オークション取引相場は200円~300円ほどですが、折れやしわなど切手の状態や、売却時の相場により変動するため注意が必要です。ただし、美品でも単体の価格が400円を超える可能性は低いと考えられます。 シートの日本国際見本市記念切手は1シートあたり8千円程度の落札価値が見込まれます。バラと同様に保存状態の影響を受ける点に注意が必要です。

7.日本国際見本市記念切手買取についてのまとめ

1954年発行の日本国際見本市記念切手は、プレミアが付く切手ではありません。しかし、1枚でも400円前後の価値があり、シート状のものであれば付加価値が付いて更に高値が期待できます。バラでも十分に売る価値がある切手と言えますが、業者により買取価格が変わる可能性があります。なるべく複数の業者に見積を依頼するのが望ましいでしょう。