関東神宮鎮座記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.関東神宮鎮座記念切手を売りたいお客様へ

関東神宮鎮座記念切手は1944年に発行された日本の記念切手です。当時の日本が租借していた関東州で、関東神宮の鎮座を記念に発行された切手であり、この時期に発行されたものとしては比較的高い価値を持っています。特に消印付きのものだと価値が跳ね上がるという珍しい特徴があります。更にFDCの場合は一気に価値が上昇し、高値買取が期待できます。

2.関東神宮鎮座記念切手についての解説

関東神宮鎮座記念切手は額面が3銭と7銭の2種類が発行されています。絵柄もそれぞれ同じものが使われており、関東州の地図と関東神宮が描かれています。発行枚数はそれぞれ75万枚ほどと言われており、関東局のエリアでのみ販売された希少性の高い一枚です。

3.関東神宮鎮座記念切手の歴史

関東州は、現在の中国にあった日本の租借地です。第二次世界大戦前より日本が一部を統治していましたが、1944年に関東神宮が創建されました。関東神宮鎮座記念切手はこれを記念して作られた切手です。しかし、関東神宮は第二次世界大戦後すぐに廃社されています。

4.関東神宮鎮座記念切手の希少価値

関東神宮鎮座記念切手は発行枚数が75万枚で、かつ関東局内でのみ発行された切手であることから、希少性そのものは高い切手と言えます。しかし、発行枚数は3銭・7銭ともに同じ為、額面による希少価値の違いはありません。通常は未使用のほうが価値は高いですが、関東神宮鎮座記念切手は逆に消印付きのほうがレアであるという珍しい特徴があります。消印付きであれば高値が期待できます。

5.関東神宮鎮座記念切手の買取査定ポイント

買取業者が関東神宮鎮座記念切手を査定する上で重視するポイントは消印です。前述の通り、消印付きのほうが価値は数倍も跳ね上がります。FDCであれば、より高値が規定できるでしょう。ただし、額面による違いは小さく、買取価格にはほとんど影響しません。
  • 消印の有無が大きく影響する
  • FDCは更に価格が高騰する可能性がある
  • 額面による買取価格の差は小さい

6.関東神宮鎮座記念切手の取引相場価格

関東神宮鎮座記念切手はオークションサイトでも時折出品・取引されている切手です。取引相場価格は、未使用のものと消印付きで分けることができます。通常の未使用の関東神宮鎮座記念切手は、3銭切手が300円前後、7銭切手が400円前後の価値になっており、落札価格もこの範囲内に収まります。 一方で消印付き関東神宮鎮座記念切手は、バラでも価値が2千円前後までアップします。買取価格も千円台まで上昇するでしょう。非常に珍しいFDCであれば価値が更にアップし、1万円台後半での買取が期待できます。

7.関東神宮鎮座記念切手の買取についてのまとめ

関東神宮の鎮座を記念に発行された関東神宮鎮座記念切手は、戦時中発行の切手の中では価値が高めの一枚と言えます。特に消印付きのほうが希少性も高く、バラで2千円ほどの価値が見込めます。その一方で未使用の関東神宮鎮座記念切手は若干価値が劣りますが、発行枚数がやや少なめで、関東局内限定販売だったこともあり、1枚200~300円程度での買取が期待できます。