明治神宮鎮座記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.明治神宮鎮座記念切手を売りたいお客様へ

明治神宮鎮座記念切手は1920年に発行された記念切手です。明治神宮で執り行われた鎮座祭を記念して発行されました。額面による価値の違いが見られない珍しい切手で、バラでも十分売却する価値があります。なお、明治神宮鎮座記念切手と似た切手には「明治神宮鎮座10年」もありますが、これは後に発行されたもので絵柄などが異なります。混同しやすいので注意が必要です。

2.明治神宮鎮座記念切手についての解説

明治神宮鎮座記念切手は1.5銭と3銭の2種類の切手が発行されています。絵柄のモチーフには、どちらも明治神宮が使われていますが、細かいタッチで細部まで描きこまれているのが特徴的です。単色刷りの切手ですが、1.5銭には青色が、3銭切手は赤色が使われています。

3.明治神宮鎮座記念切手の歴史

1912年に明治天皇が崩御し、その後東京で神宮を建造するための市民運動が起こりました。明治神宮はこの運動がきっかけで1920年に建立され、同年に鎮座祭が行われました。明治神宮鎮座記念切手はこの鎮座際を記念し、1920年11月1日に2種の額面が発行されました。

4.明治神宮鎮座記念切手の希少価値

明治神宮鎮座記念切手は約1世紀も前に発行された古い切手です。発行総数については分かっておらず、また現存枚数もどの程度あるか把握されていません。希少価値そのものは比較的高いと考えられますが、オークションなどでの取引価格や、業者の買取価格は並のプレミア切手になっています。明治神宮に関連する記念切手は他にもありますが、それぞれ価値が異なるので注意が必要です。

5.明治神宮鎮座記念切手の買取査定ポイント

明治神宮鎮座記念切手を業者に買取査定してもらう時のポイントは、切手のコンディションと使用状態です。特に切手の破れ・変色などの有無は買取価格に大きく影響します。また、消印があると価値も低くなり可能性があります。ただし、額面の違いは買取価格にほとんど影響がありません。
  • 切手に破れや変色は無いか
  • 切手の使用状態(消印があるか)
  • 額面による買取価格の差はほとんど無い

6.明治神宮鎮座記念切手の取引相場価格

明治神宮鎮座記念切手はプレミアこそ付いていませんが、額面以上の価格でオークション取引されています。しかし、1.5銭切手と3銭切手は価値が変わらないため、取引価格もほぼ同じである点に注意しましょう。いずれの明治神宮鎮座記念切手も、バラでの価値は千円前後、取引価格は数百円台となっています。買取業者の査定でも600円~700円ほどが見込まれます。 明治神宮鎮座記念切手はネットオークションでも度々取引されていますが、「明治神宮鎮座10年」とは異なる切手なので混同に気を付けましょう。

7.明治神宮鎮座記念切手の買取についてのまとめ

1920年、明治神宮の建立と鎮座祭を記念して作られた明治神宮鎮座記念切手は、1.5銭・3銭切手ともに同じ価値を持っています。1枚あたりの買取価格は数百円が相場になっていますが、2種完品なら価格がアップする可能性もあります。ただしコレクションが容易であることから、2種揃ってから売るよりも、バラの状態で売ってしまうのが良いでしょう。