男子スピードスケート世界選手権記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.男子スピードスケート世界選手権記念切手を売りたいお客様へ

男子スピードスケート世界選手権記念切手は1954年に発行された記念切手です。同年に日本で男子スピードスケート世界選手権が開催され、それを記念して発行された切手になります。同年代の記念切手の中では発行枚数がやや少ないですが、急きょ発行が決まったことが背景にあります。プレミアが付く切手では無いものの、バラ・シートいずれも比較的高い値で売却できます。

2.男子スピードスケート世界選手権記念切手についての解説

男子スピードスケート世界選手権記念切手は額面10円の切手のみが発行されています。発行枚数は200万枚で、同年代の他の記念切手と比べて少ない部類に入ります。絵柄にはスピードスケートの競技を行う選手が描かれており、グラビア印刷が採用されています。

3.男子スピードスケート世界選手権記念切手の歴史

1954年1月16日、男子スピードスケート世界選手権が開催されました。日本で初めてとなる世界選手権で、北海道にある札幌円山公園を会場に行われました。男子スピードスケート世界選手権記念切手はこれを記念した切手であり、発行日も選手権開催日当日に合わせられています。

4.男子スピードスケート世界選手権記念切手の希少価値

男子スピードスケート世界選手権記念切手は発行枚数が200万枚ほどしかなく、他の記念切手よりも若干少ないのが特徴です。しかし、切手の希少価値はさほど高くはなく、バラのものに関しては高額で買取してもらえるほどの希少性はありません。ただし20枚が連なったシート状の男子スピードスケート世界選手権記念切手は希少価値が高いと考えられ、コンディション次第では高値での売却が期待できます。

5.男子スピードスケート世界選手権記念切手の買取査定ポイント

男子スピードスケート世界選手権記念切手を査定してもらう上で重要なポイントは切手の状態です。消印や破れの有無で買取価格が変動します。また、バラとシートのいずれかを売るかによって変わるほか、業者ごとに査定時の金額が変動する可能性もあります。
  • 切手の状態(消印の有無や折れ、ダメージなど)
  • バラとシートどちらを売るか
  • 業者ごとに査定額が変わる場合もある

6.男子スピードスケート世界選手権記念切手の取引相場価格

男子スピードスケート世界選手権記念切手はバラとシートでオークション取引相場が異なっています。一般的なバラの男子スピードスケート世界選手権記念切手は、1枚あたり400円程度の価値があり、落札価格も200円~400円ほどになっています。ただし、美品状態の相場のため、シミなどがあると価値が下がります。 一方の20枚1組になったシートは、単体で8千円前後の価値が見込まれます。落札取引価格は4千円~6千円ほどが見込まれますが、こちらもコンディションには注意が必要です。ただし、美品であってもプレミアが付いて価格が高騰することはありません。

7.男子スピードスケート世界選手権記念切手買取についてのまとめ

1954年に開催された男子スピードスケート世界選手権は、日本初の世界選手権であったことから、歴史的な意味合いは非常に大きかったと考えられます。それを記念に発行された男子スピードスケート世界選手権記念切手は、1枚あたり数百円の価値に留まるものの、額面以上の価値を持つ一枚です。逆に言えば数百円でしか売れないため、他の切手とまとめて売るのが望ましいでしょう。