貿易再開記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.貿易再開記念切手を売りたいお客様へ

貿易再開記念切手は、貿易が再開されたことを記念して発行された日本の切手です。当時は戦後の様々な事情によって貿易が制限されていましたが、1947年より民間貿易が再開されました。ただし発行枚数が多く、現存枚数も多いと考えられており、プレミアが付く切手ではありません。しかし、バラでもそれなりの価値を持っているのが特徴です。

2.貿易再開記念切手についての解説

貿易再開記念切手は1円20銭と4円の2種類の額面が発行されています。絵柄はいずれも同じで、様々な輸出品や「民間貿易再開記念」との文言が描かれています。なお、それまでの切手に必ず描かれていた菊の紋様が廃止された初の切手でもあります。

3.貿易再開記念切手の歴史

第二次世界大戦が終わり、日本はGQHの統制下にありました。貿易も大きな制約を受け、GHQ管理の元で行われていた経緯があります。しかし経済安定とともに貿易の自由度が増し、1947年に民間貿易が再開されました。貿易再開記念切手はそれを記念して発行された切手です。

4.貿易再開記念切手の希少価値

貿易再開記念切手は1円20銭・4円切手それぞれの発行枚数が500万枚ほどと言われています。比較的多くの枚数が発行されており、かつ現存する枚数もそれなりに残っていると考えられているため、希少価値はさほど高くありません。しかし、シート状の貿易再開記念切手であれば話は別で、状態が良いものであればプレミアが付く可能性もあります。

5.貿易再開記念切手の買取査定ポイント

貿易再開記念切手の買取価格を分けるポイントは、切手の額面と保管状態にあります。1円20銭のものと4銭とでは価値に約2倍ほど差があるため、買取価格も異なります。切手の焼け・破れ・折れなどの状態にも注意が必要です。なお、完全なシート状態の貿易再開記念切手は更に買取価格が上がる可能性があります。
  • 切手の額面
  • 切手の焼けや折れなどがないか
  • シートなら価値があがる可能性がある

6.貿易再開記念切手の取引相場価格

貿易再開記念切手は額面により価値と買取相場が変わります。価値が低いのは1円20銭の切手で、1枚あたり約200円ほどの落札価格です。買取相場は少し下がりますが、100円少々が見込めます。もう一つの4円切手は価値が約400円のため、1円20銭切手の2倍ほどの買取金額が期待できます。 そしてシート状の貿易再開記念切手ですが、保存状態が良ければオークション相場が1万円前後になる可能性があります。プレミアが付いていますので、お持ちなら鑑定してもらうのも良いでしょう。

7.貿易再開記念切手の買取についてのまとめ

1947年に民間貿易再開を記念して発行された貿易再開記念切手は、当時の日本情勢がうかがえる希有な一枚とも言えます。しかし、バラでの希少価値はさほど高くなく、1枚あたり200円~400円ほどの価値に留まっています。その反面、シート状の貿易再開記念切手は価値が高く、状態次第では高値が期待できます。もしバラで売る場合は、他の切手と一緒に売ったほうが良いでしょう。