児童憲章制定記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.児童憲章制定記念切手を売りたいお客様へ

児童憲章制定記念切手は、1951年の児童憲章の制定を記念に発行された切手です。コンディションよって価値が大きく変わる切手のため、状態が良い美品なら高値で買取してもらえる可能性があります。逆に言えば、保管状態が重要な切手であり、並品だと買取価格も下がってしまいます。プレミア切手ではありませんが、バラ・シートいずれも高値傾向がある切手です。

2.児童憲章制定記念切手についての解説

児童憲章制定記念切手は額面が8円の1種類のみ発行されており、絵柄には若葉や子供の横顔が描かれています。絵柄のモチーフに採用されている若葉には様々な意味が込められており、児童憲章の理念・精神が読み取れるデザインになっています。

3.児童憲章制定記念切手の歴史

児童憲章は日本国憲法に基づいて1951年5月5日に制定されました。子供の幸福を守るための権利宣言であり、12の条文が書かれています。児童憲章制定記念切手は制定と同じく1951年5月5日に発行されています。なお、5月5日は後年こどもの日として記念日に定められています。

4.児童憲章制定記念切手の希少価値

児童憲章制定記念切手は発行枚数こそ不明ですが、同年代の切手の中では比較的希少価値が高くなっています。バラでもそれなりの価格で取引されており、シートになると更に価値が上がります。取引価格を見ると、特にシートは希少性が高いと言えます。ただし、切手のコンディションに大きく左右される切手で、状態が悪いものは通常の並品として扱われます。

5.児童憲章制定記念切手の買取査定ポイント

児童憲章制定記念切手の買取価格を最も左右するのはコンディションです。切手の破れや折れ、変色などがあると、買取価格も下がるおそれがあります。美品と並品とでは、買取価格が数倍変わることも考えられます。ただし、バラとシートはいずれも1枚あたりの価値が同じです。
  • 切手の保管状態
  • バラ・シートいずれも1枚あたりの価値は同じ
  • 美品と並品で買取価格が大きく変わる

6.児童憲章制定記念切手の取引相場価格

1950年代の切手の中でも、児童憲章制定記念切手は比較的高値でオークション取引されている切手です。20枚が1シートになった児童憲章制定記念切手は最も価格が高く、並品なら単体で1万数千円ほどの落札相場です。買取でも同程度の価格が期待できます。バラの価値も一枚あたり数百円ほどになっており、単体でも高値が期待できるのが特徴です。 コンディションが良い美品の児童憲章制定記念切手は更に高値が付くこともあります。ただし、その時の切手相場によって変わりますので、実際の買取価格は査定を受けてみると良いでしょう。

7.児童憲章制定記念切手買取についてのまとめ

1951年に制定された児童憲章は、以後の子供の権利や教育に大きな影響を与えました。それを記念して発行された児童憲章制定記念切手は、単体でも数百円ほどの価値があるほか、シートのものは1万円以上の値が付く可能性があります。しかし、コンディションによって価格が大きく変わる切手です。実際の買取額を知りたい時は業者の査定が重要です。