日清戦争勝利記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.日清戦争勝利記念切手を売りたいお客様へ

日清戦争勝利記念切手は1896年に発行された日本の切手です。日本では二番目に発行された切手である一方、切手の絵柄に肖像画を採用したものとしては史上初という特徴を持っています。100年以上も前に発行された切手であることからプレミアが付いており、高値で取引されている一枚です。具体的な現存枚数も不明で、保存状態が良いものなら高価買取が期待できます。

2.日清戦争勝利記念切手についての解説

日清戦争勝利記念切手は当時の2銭と5銭の切手が発行されています。絵柄には有栖川宮熾仁親王か北白川宮能久親王が描かれており、2銭切手は赤、5銭切手は青が使われています。2銭と5銭それぞれ2種類ずつ、計4種類発行されているのが特徴です。

3.日清戦争勝利記念切手の歴史

1894年から1895年にかけ、当時の大清国と日本の間で戦争が勃発しました。後に日清戦争と呼ばれたこの戦争は日本が勝利し、後に下関で日清講和条約が結ばれています。日清戦争勝利記念切手はこの戦争の勝利を記念して1896年に発行されました。

4.日清戦争勝利記念切手の希少価値

日清戦争勝利記念切手は発行年度が1896年で、すでに100年以上が経っていることから、日本の切手の中でも特に高い希少性を持っています。プレミア切手にも数えられており、状態によっては単体でも高値での買取が期待できます。ただし、古い切手であることから美品はほとんど無いとも考えられており、並品でも希少性が高いため比較的高額で売却できます。

5.日清戦争勝利記念切手の買取査定ポイント

業者に日清戦争勝利記念切手を買取査定してもらう上で、特に鑑定額を分けるポイントが切手の種類です。2銭と5銭、どちらを売るかによって買取価格が2倍近く変わることがあります。また、折れや汚れ、破れなど切手のコンディションも買取価格に影響します。
  • 2銭と5銭どちらの切手を査定してもらうか
  • 切手に折れは無いか
  • 汚れや破れは無いか

6.日清戦争勝利記念切手の取引相場価格

日清戦争勝利記念切手は取引価格の高さも特徴と言えます。2銭切手と5銭切手では大きな価格差がありますが、2銭切手なら1枚で5千円前後、5銭切手なら1万円~1万5千円前後でオークション落札されることもあります。業者の買取価格は、2銭切手で3千円程度、5銭切手で7千円から1万円ほどが期待できます。 日清戦争勝利記念切手は状態によって価値の変動が非常に大きく、シミや破れなどがあるものは並品とみなされます。買取価格も若干下がってしまうため、コンディションには注意が必要です。

7.日清戦争勝利記念切手の買取についてのまとめ

1894年に勃発した日清戦争の勝利を記念して発行された日清戦争勝利記念切手は、現存枚数がほとんど無いと考えられるプレミア切手の一つです。発行自体が1896年と非常に古いため、1枚でも数千円ほどの値段で売却できます。ただし、2銭切手と5銭切手とでは、価値や買取価格が2倍程度異なるため、額面の違いには気を付けておきましょう。