紀元2600年(一次)記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.紀元2600年(一次)記念切手を売りたいお客様へ

紀元2600年(一次)記念切手は1940年に発行された日本の記念切手です。2回に分けて発行されており、こちらの紀元2600年(一次)記念切手は1回にあたります。元2600年式典の実施に合わせて発行された記念切手で、一次のものは1940年2月11日の記念節(現在の建国記念日)に発行されています。非常に鮮やかなデザインが目を引く切手ですが、バラでの価値はさほど高くありません。

2.紀元2600年(一次)記念切手についての解説

紀元2600年(一次)記念切手は2銭と10銭の2種類の額面が発行されています。それぞれ絵柄のモチーフが異なっており、2銭には金鵄という鳥が、10銭には泳いでいる鮎が描かれています。いずれの絵柄も細部まで細かく描かれているのが特徴です。

3.紀元2600年(一次)記念切手の歴史

1940年、日本の初代天皇とされる神武天皇の誕生から2600年を迎えました。現在に至る天皇制は非常に古い歴史を持っており、紀元2600年(一次)記念切手は2600年という節目を記念するために発行された切手です。この切手の後、更に二次も発行されました。

4.紀元2600年(一次)記念切手の希少価値

紀元2600年(一次)記念切手はほぼ戦時下にある1940年に発行された切手で、現存枚数は少なくなっていると考えられます。しかし、希少価値は額面によりかなりの違いがあり、特に10銭切手のほうが価値・買取価格ともに高くなっています。一方の2銭切手は希少性はあまり高くありません。プレミアが付く切手ではないため、バラで売る際は注意が必要です。

5.紀元2600年(一次)記念切手の買取査定ポイント

切手買取業者に紀元2600年(一次)記念切手を査定してもらう場合、切手のコンディションと消印の有無、額面の3つが買取額に影響します。特に切手のコンディションは注意が必要です。色褪せや破れ、折れなどがあると買取価格も下がるおそれがあります。
  • 切手に変色や破れは無いか(コンディション)
  • 切手に消印は付いていないか
  • 査定してもらう切手の額面

6.紀元2600年(一次)記念切手の取引相場価格

紀元2600年(一次)記念切手はオークションサイトでも度々取引されている切手です。ただし、取引価格はあまり高くはありません。特に2銭切手はバラでの価値が約100円ほどで、落札価格も1枚あたり数十円~100円前後になっています。一方の10銭切手は少し価値が高まり、バラで約800円ほどが見込まれます。取引価格も数百円台が相場です。 バラでは千円に満たない紀元2600年(一次)記念切手ですが、2種完品の場合や、二次のものと一緒に売る場合は買取価格も上がります。特に二次とセットで売ると高値が期待できます。

7.紀元2600年(一次)記念切手の買取についてのまとめ

1940年、初代天皇の即位より2600年を記念に作られた紀元2600年(一次)記念切手は、一次と二次の2つに分かれているので注意が必要です。紀元2600年(一次)記念切手に関しては2銭切手で100円、10銭切手でも800円ほどのため、プレミアが付くことはありません。未使用・美品のものでも、バラの状態では高値が見込めないため、他の切手と合わせて売却することが望ましいでしょう。