満州国成立10年(二次)記念切手を高価買取!記念切手の査定ポイントを徹底解説!

1.満州国成立10年(二次)記念切手を売りたいお客様へ

満州国成立10年(二次)記念切手は、戦前に存在した満州国の成立から10年を記念して発行された切手です。満州国成立10年(二次)記念切手は1942年発行の切手ですが、額面の異なるものが2回に分けて発行されたのが特徴です。一次は同年3月1日に、満州国成立10年(二次)記念切手は9月15日に発行されています。額面も2種類ありますが、一次のものと価値はほとんど一緒で、プレミアが付いていない点も同じです。

2.満州国成立10年(二次)記念切手についての解説

満州国成立10年(二次)記念切手は5銭の切手と20銭の切手が発行されています。絵柄は一次のものとは異なっており、額面ごとに分かれているのが特徴です。5銭の切手には日本と満州の子供が描かれており、20銭の切手は当時の満州国の国章がモチーフに使われています。

3.満州国成立10年(二次)記念切手の歴史

1932年に成立した満州国は、以後十数年に渡って日本が統治を行っていました。成立から10年が経った1942年の9月15日、日本の日比谷公会堂で式典が実施されました。満州国成立10年(二次)記念切手はこの式典に合わせて発行された切手です。

4.満州国成立10年(二次)記念切手の希少価値

満州国成立10年(二次)記念切手はさほど希少価値が高くありません。一次のものも希少性は低い切手ですが、二次の切手に関しても同様で、発行枚数が多かったためか、プレミアが付くことは無いので注意が必要です。ただし、5銭と20銭では価値が数倍異なります。20銭のほうが5銭より発行枚数が少ないと考えられ、買取金額にも数百円ほどの差があります。

5.満州国成立10年(二次)記念切手の買取査定ポイント

切手買取業者に満州国成立10年(二次)記念切手を査定してもらう場合、切手の額面と美しさが買取価格に影響します。特に美しさは価値そのものを決めますので、破れや折れには注意が必要です。また、一次のものと合わせて売れば高値が付く可能性もあります。
  • 切手の額面(5銭か20銭か)
  • 切手の美しさ
  • 一次と合わせた4種完品は高値になる可能性がある

6.満州国成立10年(二次)記念切手の取引相場価格

満州国成立10年(二次)記念切手の取引相場は5銭と20銭のもので異なっています。5銭の満州国成立10年(二次)記念切手はあまり価値が高くなく、1枚あたり100円ほどになっています。オークションでの落札価格も数十円~100円が見込まれますが、コンディション次第ではこれを下回る場合もあります。 一方の20銭切手は、一次に発行された10銭切手と価値・取引価格とも同じ水準です。バラでのオークション価値は500円前後ほどあり、取引価格もほぼ同様の水準が見込まれます。額面は高いですが、プレミアが付くことはありません。

7.満州国成立10年(二次)記念切手の買取についてのまとめ

1942年発行の満州国成立10年(二次)記念切手は、日比谷公会堂で行われた式典当日に発行されているのが特徴です。戦時中に発行された珍しい一枚ですが、一次のものと同様に切手の価値は高くありません。最も額面が高い20銭切手でも500円ほどです。しかし、一次のものと合わせ、4種完品で売った場合はコレクション的価値があるため、高値で売れる可能性もあります。