東京都で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.東京都で骨董品を売りたいお客様へ

江戸幕府が置かれたころから数えると、実に300年以上も政治・文化の中心地だった東京です。文化水準も高ければ、人口も多いだけに「骨董品・美術品買取コネクト」が探しているものの数多く眠っているであろうエリアなのです。 例えば浮世絵ならば鈴木春信ら六大浮世絵師が活動していたのはすべて東京。焼物でもよいものは全国から東京に集まるものですし、漆器にしても、金工細工にしてもそれは同じことでしょう。これら日本の美術品・骨董品がお家にあり手放したいという方、ただ価値を知りたいという理由でも結構ですから、ぜひ「骨董品・美術品買取コネクト」までご一報ください。東京都のほぼ全域を出張買取でカバーしています。 また「江戸切子」や「和竿」といった伝統工芸品も「骨董品・美術品買取コネクト」が探しているもの。鉄瓶や銀瓶、茶碗といった茶道具や刀剣類、戦前の和箪笥など古道具たちも骨董品・美術品の市場で高い人気があるものなのです。そんな市場価格に照らして、公正な買取りをいたしますので、ぜひお声かけください。 日本のものの他にも、中国・朝鮮や西洋の骨董品や美術品も「骨董品・美術品買取コネクト」が大得意としているジャンルです。身内の方から譲り受けたけれど、まったく飾っていないとか。そんな場合は、ぜひ私たちに査定・買取りをさせてください。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.東京都に関連する美術作家・人物

名前:中川 一政

出身地:東京都文京区

20世紀を通して活躍した洋画家、水墨画家。歌人や随筆など文筆家としても知られる。 独学で洋画を手がけ、1914年に巽画会展に出展していたところを岸田劉生に見出されました。このことで画家を志すようになり、草土社や春陽会の設立に参加。洋画だけでなく、水墨画でも個展を開催しましたが、全てが独学。自らを「在野派」と称していたことで知られています。1975年には文化勲章を受章し、文化功労者として表彰も受けました。

名前:伊東 深水

出身地:東京都江東区

大正から昭和期にかけて活躍した日本画家、浮世絵師。タレントとして知られる朝丘雪路の実父としても有名。 小学校を中退し看板屋や、印刷会社で活字工として勤務していましたが、日本画を習うようになり1912年、15歳にして巽画会展に初入選。1914年に院展に入選することで、絵のみに打ち込むようになりました。美人画で評判となり数多くの作品を手がけ、画塾を設立するなど後進の指導にも当たりました。1972年、74歳で死去。

名前:大竹 伸朗

出身地:東京都目黒区

1971年に東京都立大泉高等学校に、1974年に武蔵野美術大学造形学部油絵学科に入学。幼いころよりアニメや漫画、西欧のポップカルチャーに影響を受け、コラージュやリトグラフ、立体作品などを手がけるようになる一方で、ノイズユニットの「JUKE/19.」として音楽活動も開始。既存の芸術の枠にとらわれない、マルチな才能を発揮し続けています。個展開催や著作の発表なども多数、海外でも高い評価を受けている現代美術家です。

名前:鏑木 清方

出身地:東京都千代田区

明治から昭和期に活躍した日本画家、浮世絵師。 1891年、14歳で浮世絵師の水野年方に入門すると、中学校を中退して画業に専念。1894年ごろから「やまと新聞」で挿絵を担当し身を立てるようになりました。1898年には日本絵画協会展に出品、浮世絵に影響を受けた美人画や風俗画を発表するようになり、泉鏡花の作品の挿絵や、重要文化財に指定された「三遊亭円朝像」などが代表作となっています。後進の育成にも尽力し、門下から門井掬水らを輩出しています。

名前:高村 光雲

出身地:東京都台東区

明治から大正期に活躍した彫刻家、仏師。 仏師としてキャリアをスタートさせるも生活は困窮、そこで西洋美術の影響を反映させつつ木彫を復興、後に東京美術学校の教授や帝室技芸員に任命されるまでになりました。「老猿」や「山霊訶護」といった作品は、シカゴやパリや開催された万国博覧会にも手品され、海外でも高い評価を受けました。代表作は上野のシンボルとしてあまりにも有名な「西郷隆盛像」や皇居前広場の「楠公像」など。高村光太郎は実子。

名前:高村 光太郎

出身地:東京都台東区

明治から昭和期に活躍した彫刻家、画家。詩人や歌人としても活躍。 高名な彫刻家・高村光雲の長男として生をうけ、1987年に東京美術学校彫刻科に入学しました。その一方で文学にも興味をいだき、雑誌「明星」に寄稿するなどして活動、1905年からは東京美術学校で西洋絵画も学びました。後に岸田劉生らと「ヒュウザン会」を結成、新しい美術を志向しつつ、1914年には詩集「道程」を出版するなど、文筆家としても活動しました。

名前:鳥居 清長

出身地:東京都中央区 江戸期に活躍した浮世絵師、鈴木春信や東洲斎写楽らと並び六大浮世絵師の一人として数えられる。 鳥居清満の門人として浮世絵を学び、最初は細判役者絵を手がけましたが、後にオリジナルの画風を確立。中判の美人画や黄表紙挿絵の制作を中心に活動しました。現代では確かなデッサン力に裏付けられた美人画の評価がとりわけ高く、後の浮世絵の潮流をつくったとされています。代表作に「濱屋 川岸の涼み」や一連の「美南見十二候」など。

名前:中村 不折

出身地:東京都中央区

明治から昭和期にかけて活躍した洋画家、書家としても高名。 江戸に生まれるも長野に移住。漢籍や南画、書を学び教員として生活していましたが、その間に洋画を河野次郎に学ぶと1887年に上京、小山正太郎に師事しました。明治美術会展覧会に作品を出品する一方で、新聞記者となり挿絵を担当。挿絵画家としての代表作は、夏目漱石「吾輩は猫である」。後に洋画家としても、太平洋美術学校の初代校長となるなど大成、1943年に死去。

名前:速水 御舟

出身地:東京都台東区

大正から昭和期にかけて活躍した日本画家。 子どものころより絵を好み、1908年に小学校高等科を卒業した後、松本楓湖が主宰する安雅堂画塾に入門。大和絵や粉本を模写しつつ、写生に取り組みました。1911年には巽画会展に「室寿の讌」を出品、一等褒状を得て名声を高めました。1919年には事故で左足切断という災難にあいますが絵への情熱は衰えず、1925年には代表作である「炎舞」を完成し今後の活躍が大いに期待されましたが1935年に死去、40歳でした。

名前:谷 文晁

出身地:東京都台東区

江戸時代後期に活躍した画家、数多くの門弟を育てたことでも有名。 幼いころより絵を好み、狩野派や土佐派、四条派など日本のスタイルだけでなく、中国や西洋画も研究・吸収、それらを折衷した独自の画風を確立しました。名声は非常に高く、松平定信「集古十種」の挿絵や「公余探勝図巻」「木村蒹葭堂像」「石山寺縁起絵巻」など、代表作とされるものが数多く残されています。また数多くいた門弟の内、もっとも有名なのは渡辺崋山でしょう。

5.東京都で買取されたお客様の感想

お客様住所:東京都台東区

品名:月岡芳年 浮世絵 木版画3点

幕末のころから家に伝わっているという、月岡芳年の浮世絵を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買い取ってもらいました。長い間箱を開けてもおらず、経年で保存状態も不安でしたが、その分を差し引いたとしても充分な金額での買取りに喜んでいます。他にもある何点かも見てもらい査定額が合わなかったにもかかわらず、いやな顔ひとつもしなかった査定担当者の方には特に感謝、もし決心がつきましたら「骨董品・美術品買取コネクト」さんに一番に連絡しますから、その時はよろしくお願いします。

お客様住所:東京都品川区

品名:遊楽斎赤文「四分一朧銀地金銀象嵌猛虎図小柄」

江戸時代には武家だったと聞かされていた、我が家に伝わる小柄を「骨董品・美術品買取コネクト」さんに買取りをお願いしました。私が生まれたころよりずっと家にある品ですが、伝える子に恵まれませんでしたので、熱心な武具ファンの方にお譲りしたいと思い「骨董品・美術品買取コネクト」さんに声をかけました。査定までの打ち合わせもスムーズ、スピーディで非常に満足がいく取引きありがとうございました。ご提示いただいた査定金額にも、もちろん納得しております。

お客様住所:東京都江東区

品名:純銀製「雅楽太平楽兜形」ボンボニエール

天皇陛下から御下賜されたという純銀製のボンボニエールを「骨董品・美術品買取コネクト」様にお願いすることになりました。子どものころには触ってはいけないといわれていた、ツヅラの中から出てきた謎の品だったのですが、菊の御門入りですし、細工も丁寧だったので「骨董品・美術品買取コネクト」様に見ていただくと、御下賜だと教えられ非常にびっくりしています。でも、そんな立派なものが家にあってもどうしようもないので買取っていただきました。査定額にも、もちろん満足しています。

8.東京都の人気の美術館

名前:三鷹の森ジブリ美術館

場所:東京都三鷹市下連雀1丁目1-83

「三鷹の森ジブリ美術館」正式名称は「三鷹市立アニメーション美術館」は、宮崎駿の発案で2001年にオープンしました。日本の美術館ではめずらしい完全予約制をとっているので、事前にチケットを入手する必要はありますが、その分ゆったりと館内を見学できると大好評。スタジオジブリの様々な作品にスポットを当てた展示内容は非常に内容が濃い一方で、「となりのトトロ」のネコバスルームのような展示もありますから、ディープなファンから子どもまで、そろって楽しめます。 また、ここでしか購入できないグッズがミュージアムショップには充実していますし、作品に由来するメニューがそろったカフェでのひと時も楽しいもの。これを目玉に東京観光をする人が多いというのもうなずける美術館です。

名前:国立西洋美術館

場所:東京都台東区上野公園7-7

本館は建築界巨匠、ル・コルビジェの手によるもので、世界文化遺産にも登録されているとか、ロダンの彫刻「考える人」やモネの「睡蓮」が展示されているとか……「国立西洋美術館」は非常に見所が多いことで知られています。コレクションの中核をなすのは川崎重工の社長を務めた実業家・松方幸次郎が収集した「松方コレクション」。近代フランスの絵画や彫刻を中心としており、世界的にも貴重なものとなっています。 そんな「国立西洋美術館」は本館、新館、企画展示館の3棟からなっており、延べ床面積は1万7,000平方メートルを超えるという広大なもの。とても1日では回りきれないほどの規模ですから、例えば常設展示に絞って訪問してみるなどの楽しみ方をするなど、様々な楽しみ方ができるのです。

名前:東京都現代美術館

場所:東京都江東区三好4丁目1-1

東京都美術館が収蔵していた作品に、日本と海外の現代美術作品を加えて展示しているのが「東京都現代美術館」。アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタイン、吉岡徳人などビッグネームによる作品が数多く並んでいる様は、現代美術ファンならずとも心が躍るものでしょう。 展示方法も工夫されており、10ある展示室を1階から順にめぐると、戦後から1970年代、1980年代、現代まで美術の大きな流れがつかめるという仕組み。様々な企画展も好評を博しており、数多くの人を集めています。 そんな「東京都現代美術館」ですが、現在大規模改修工事が進行中。リニューアルオープンは2019年の4月ごろとされていますから、新しくなった美術館に心をはせながら、楽しみに待ちたいものです。

7.東京都の出張買取エリア

千代田区 / 中央区 / 港区 / 新宿区 / 文京区 / 台東区 / 墨田区 / 江東区 / 品川区 / 目黒区 / 大田区 / 世田谷区 / 渋谷区 / 中野区 / 杉並区 / 豊島区 / 北区 / 荒川区 / 板橋区 / 練馬区 / 足立区 / 葛飾区 / 江戸川区 / 八王子市 / 立川市 / 武蔵野市 / 三鷹市 / 青梅市 / 府中市 / 昭島市 / 調布市 / 町田市 / 小金井市 / 小平市 / 日野市 / 東村山市 / 国分寺市 / 国立市 / 福生市 / 狛江市 / 東大和市 / 清瀬市 / 東久留米市 / 武蔵村山市 / 多摩市 / 稲城市 / 羽村市 / あきる野市 / 西東京市 / 瑞穂町 / 日の出町 / 檜原村 / 奥多摩町 / 大島町 / 利島村 / 新島村 / 神津島村 / 三宅村 / 御蔵島村 / 八丈町 / 青ヶ島村 / 小笠原村 /