赤霧島を高価買取!焼酎の査定ポイントを徹底解説!

1.赤霧島を売りたいお客様へ

赤霧島は、宮崎県の霧島酒造が製造している焼酎です。季節限定で販売されており、販売本数の少なさから希少性が高い銘柄にもなっています。こうした理由から人気が高まっていますが、販売価格はリーズナブルで、買いやすいことが魅力です。一方で買取価格は比較的高めになっており、保存状態次第では定価の半額程度が期待できます。

2.赤霧島についての解説

赤霧島は芋焼酎で、ムラサキマサリという品種が使用されています。一般的なコガネセンガンとは違い、希少性の高いサツマイモの品種で、ポリフェノールが沢山含まれている特徴があります。味わいも濃厚で、通常の芋焼酎よりも香りが良いと評価されています。

3.赤霧島の歴史

赤霧島を製造する霧島酒造は1916年に創業しました。赤霧島が誕生したのは2003年で、まだ歴史が浅い焼酎ですが、限定販売となったことから人気が高まっています。なお、赤霧島は他にも黒霧島やいいちこなど、複数の銘柄を製造しています。

4.赤霧島の代表的な銘柄

赤霧島は単一の銘柄で、ボトルサイズ(900mlと1,800ml)の違いこそあるものの、他に作られている銘柄はありません。ただし、よく黒霧島など、他の焼酎と比較される場合はあります。これらと比べて赤霧島はややマイナーな銘柄と言えますが、限定販売であることからファンが少なくありません。販売時期になると価格が高騰する場合もあります。

5.赤霧島の買取査定ポイント

赤霧島の買取査定に影響を与えるポイントは、ボトルの状態と製造年月日です。ボトルの汚れ・ラベルの破れなどがあると買取価格が下がります。また、製造年月日より1年以上経過したものは、価格が下がりやすいので注意が必要です。なお、赤霧島は時期によって買取価格が変わる場合もあります。
  • ボトルの状態
  • 製造年月日
  • 時期によって価格が変わる場合もある

6.赤霧島の取引相場価格

赤霧島は、メーカーの希望小売価格が2千数百円(1,800mlの場合)ほどの焼酎です。お店での販売価格も2千円台に留まっていますが、買取相場は比較的安定しています。大まかな相場は、900mlで300円~500円程度の一方、1,800mlの赤霧島は千円~2千円近い価格で取引されています。オークション・買取業者いずれも販売価格の半額程度まで高騰しており、場合によってはそれ以上が期待できます。ただし、コンディションや製造年月日には注意が必要です。

7.赤霧島の買取についてのまとめ

ムラサキマサリと呼ばれる芋を使用した赤霧島は、年2回しか販売されておらず、希少価値が高いプレミア焼酎に数えられています。量販店で入手できる黒霧島などとは違い、業者の買取でも人気が高く、数百円~千円以上の価格が期待できる銘柄です。ただ、早めに売ることが重要な銘柄のため、売りたい方は早めに査定を受けてみましょう。