愛知県で骨董品買取ができるおススメの買取店5選!

1.愛知県で骨董品を高く売るために

骨董品や美術品の売却をお考えの方から、「高く買取してくれるお店はどこか知りたい」「作家がわからず真贋不明だが、買取してもらえるのか」といった骨董品や美術品の買取店の選び方や高く売るコツなどについて相談を受けることがあります。愛知県は商業が発達し経済的に豊かな地域で、愛知県美術館や国宝を多く収蔵する徳川美術館といった公的機関があり、芸術が身近に感じられる街です。本州の中部に位置して近隣からのアクセスも便利な愛知県には、美術品の買取実績が多い買取専門店もあるため、古い骨董品や美術品でも思わぬ高額で買取してもらえる可能性があります。骨董品や美術品の売却を希望する方は、ぜひ一読して優良な買取店を見つけ、高価買取を目指してみてください。

このページの目次

2.愛知県で骨董品を買取できる店舗一覧

愛知県には「永楽美術 名古屋本店」や「日晃堂 名古屋店」、「永寿堂」といった骨董品や美術品の買取実績が多い買取店があります。骨董品や美術品の買取査定における重要なポイントは、高価買取実績があり、経験豊富な査定士が在籍している美術品買取店を選ぶことです。優良な買取店では、骨董品や美術品の保存状態や作家、人気度などを正確に査定し、公正で満足できる買取が期待できます。ここでは愛知県内の信頼できる骨董品や美術品の買取店を紹介しています。ぜひこの機会にお手元の骨董品や美術品の売却を検討されてはいかがでしょうか。

2-1.おたからや 西春店


	おたからや 西春店


買取店名
おたからや 西春店
WEBサイト
http://nishiharu.original-otakaraya.net/result/index.html
店舗情報

営業時間:10:00~18:00(定休日:水曜日)
住所:愛知県北名古屋市九之坪竹田166

買取方法
出張買取宅配買取店頭買取
骨董品以外の買取ジャンル
金・貴金属・プラチナ、ダイヤ・宝石、ブランド(バッグ・時計・アクセサリ)、コスメ・化粧水・香水、切手・中国切手、金券・テレカ、古銭・メダル・貨幣セット、カメラ・レンズ、茶道具・骨董品・美術品、楽器、高級洋酒、コレクターズ・アイテム
おたからや 西春店の買取実績

中国古玩 麻雀牌 唐木箱
買取ジャンル: 古道具
麻雀牌の査定では、牌の材質が査定ポイントになります。現在一般的に使用されている麻雀牌はプラスチックが主流ですが、骨董品の麻雀牌では、象牙や動物の骨・角、翡翠、瑪瑙などで作られている場合があり、高額査定になる可能性があります。こちらの品物は保存状態のよい唐木の箱に収められた麻雀牌であり、高い査定になったと思われます。


銅製 雲龍彫 香炉
買取ジャンル: 茶道具・銅製品
買取金額: 香炉は骨董品として人気があり、職人の優れた技術で生み出された芸術性の高さが評価され、高価買取になる傾向があります。有名な作家による作品や金粉で装飾された香炉などは数百万円で取引されることもあり、通常は数千円から数十万円で取引されています。こちらの香炉は銅製で雲龍彫が施されており、共箱も付属していることから高額査定になったと考えられます。


13代横石臥牛 徳利・猪口
買取ジャンル: 陶磁器
買取金額: 長崎県で現川焼の伝統を守る臥牛窯の、13代横石臥牛による徳利と猪口のセットです。13代目は兄がロクロを引き、弟が絵付けをする兄弟作家です。赤土の色合いと化粧土の白さの対比から、自然に映える絵付けとしてさまざまなポーズの白鷺を即興で手描きした作品が特徴的です。近年、横石臥牛兄弟の作品は希少価値が出てきており、査定額が上がる可能性があります。


SATEeee骨董品・美術品買取事務局から一言!おたからや 西春店のここがおススメ!
愛知県北名古屋市にある「おたからや 西春店」は、西春駅から徒歩圏内にあり、駐車場も完備しているためアクセスしやすい立地です。おたからやは全国チェーンの買取専門店で、愛知県内に42店舗展開しており、利用しやすい店舗を選べます。おたからやでは店舗オリジナルのお得キャンペーンで買取額がアップすることもあるのでチェックしてみてください。プロにより丁寧で信頼できる査定が行われ、無料で出張買取もしてくれます。愛知県で骨董品や美術品の買取を希望される方は、「おたからや 西春店」での査定がおすすめです。

2-2.永楽美術 名古屋本店


	永楽美術 名古屋本店


買取店名
永楽美術 名古屋本店
WEBサイト
https://eirakubijutu.com/
永楽美術 名古屋本店の買取実績

人間国宝 井上萬二『白磁染芭蕉彫文 皿』
買取ジャンル: 陶磁器
有田焼の人間国宝、井上萬二による白磁染芭蕉彫文の皿です。井上萬二はドイツやハンガリー、モナコで個展を開くなど、国内外で高い評価を受けています。井上萬二は白磁の第一人者として知られており、日本国内やアメリカで多くの後進を育てました。陶磁器の買取は作者名や保存状態が重要であり、付属品もそろえて査定に出すことをおすすめします。


中村六郎『備前 窯変徳利』
買取ジャンル: 陶磁器
「酒器の神様」や「徳利の六郎」などと呼ばれた中村六郎による備前焼の窯変が美しい徳利です。中村六郎自身も酒豪で、野性味にあふれた味わい深い作品には多くの愛好家がいます。ネットオークションでは数万円から40万円近くで取引されており、買取強化している美術品買取店も多いことから、こちらの徳利も高価買取になったと思われます。


人間国宝 3代目徳田八十吉 燿彩花生
買取ジャンル: 陶磁器
こちらは九谷焼の人間国宝、3代目徳田八十吉による燿彩花生です。九谷焼は山水や人物、花鳥風月などの細やかな絵柄が特徴的ですが、3代目は色のグラデーションによる「彩釉」で仕上げる作風で、その芸術性の高さから数十万円から数百万円の高額で取引される傾向があります。3代目徳田八十吉の作品は希少価値が高くなっており、高額な買取となったと思われます。


SATEeee骨董品・美術品買取事務局から一言!永楽美術 名古屋本店のここがおススメ!
「永楽美術 名古屋本店」は、愛知県名古屋市に本店を構える古美術の買取店です。経験豊富な目利きによる査定に自信があり、お客様からも多くの喜びの声が寄せられるなど信頼があります。店頭や出張での買取、写真画像での買取査定を行っており、買取品目は茶道具や陶磁器、置物、中国美術など多岐にわたっているので、保存状態が気になるようでも相談してみてください。美術品の正しい価値を見いだして大切に守り継ぎたいと考える「永楽美術 名古屋本店」をチェックしてみることをおすすめします。

2-3.日晃堂 名古屋店


	日晃堂 名古屋店


買取店名
日晃堂 名古屋店
WEBサイト
https://nikkoudou-kottou.com/tentou/nagoya/
日晃堂 名古屋店の買取実績

13代目酒井田柿右衛門 花鳥文 香炉
買取ジャンル: 陶磁器
酒井田柿右衛門は江戸時代から15代続く有田焼の窯元です。柿右衛門様式と呼ばれる乳白色の濁手素地に美しい赤絵が調和している作風が特徴的で、濁手の技術は国の重要無形文化財に指定されています。13代目の作品はネットオークションにおいて数万円から数十万円で取引される傾向があり、こちらの作品はお客様の満足度が高い買取となったようです。


秀峯堂造 燻銀仕上 銀瓶
買取ジャンル: 茶道具・銀製品
銀製の骨董品は現在でも需要が高く、銀そのものの価格だけではなく、品物の状態や細工などが査定価格に影響します。実用性や美しさ、精巧な作りから世界中にコレクターがおり、とくに茶道具は世界の収集家から注目されています。銀瓶は数万円~35万円前後で買取されており、純度の高い銀が使われてる銀瓶や大きな銀瓶であればさらに高額になる可能性があります。


3代目徳田八十吉 陶磁器
買取ジャンル: 陶磁器
こちらは九谷焼で受け継がれる陶工、徳田八十吉による器です。3代目の徳田八十吉は人間国宝として認定され、重要無形文化財「彩釉磁器」の保持者であり、作品はその芸術性の高さと希少価値から数十万円から数百万円の高額で取引される傾向にあります。こちらの器は徳田八十吉の特徴である「彩釉」で制作されており、高価買取になったと思われます。


SATEeee骨董品・美術品買取事務局から一言!日晃堂 名古屋店のここがおススメ!
「日晃堂 名古屋店」は、愛知県名古屋市昭和区にある買取専門店です。真贋不明の品物も気軽に相談でき、丁寧な査定を行って適正価格を提示してくれます。また、国内だけでなく海外への販売ルートを持っていることから高価買取が期待できます。買取手数料なども無料で、店頭以外にもLINEや宅配、出張買取を行っています。時期によっては買取価格アップのキャンペーンをしている場合もあり、お得に買取してもらえる可能性があります。骨董品や美術品を売却したい場合は、「日晃堂 名古屋店」をチェックしてみてください。

2-4.エコリング


	エコリング


買取店名
エコリング
WEBサイト
https://kottou.eco-ring.com/
エコリングの買取実績

宗悦作 柿蒔絵 八角香合
買取ジャンル: 蒔絵・茶道具
買取金額: 1万2千円
漆芸家中村宗悦は、草花や鳥、小動物などをモチーフとして、伝統的な技法を用いて情緒豊かで繊細な漆器を制作しています。こちらの作品は、蒔絵で柿が表現された八角香合です。素材にモチーフと同じ黒柿を使用しており、黒と茶のバランスが美しい温かみのある作品です。中村宗悦の茶道具は多くの茶人から愛用されており、人気が高くなっています。


蓬莱仙人 堆朱香合
買取ジャンル: 中国美術・茶道具
買取金額: 10万円
彫漆技法の一種、堆朱の香合です。表面と裏面に細工が施された貴重で美しい香合ですが、ヒビや欠けが見られるため査定額が下がっています。現在では1911年以前の中国の美術品を中国国外へ持ち出すことが禁止されており、日本国内で流通している作品は希少価値があります。こちらの香合も保存状態がよければ高額な査定になったと考えられます。


山田絵夢 常滑徳利
買取ジャンル: 陶磁器
買取金額: 1万円
常滑焼作家の山田常山が、4代目を襲名する前に「山田絵夢」と名乗っていた頃の作品です。初代から150年以上続く山田常山は、3代目が人間国宝に認定され、現在は4代目です。茶器の人気が高い窯元で、朱泥の作品は日本国内だけでなく、中国でも人気があります。エコリングは常滑焼の買取に力を入れているので、買取額に期待が持てます。


SATEeee骨董品・美術品買取事務局から一言!エコリングのここがおススメ!
「エコリング」は愛知県内をはじめとして、関東・中部・関西エリアを中心に無料の出張買取に対応している骨董品や美術品の買取専門店です。陶磁器や茶道具、漆器、刀などから中国美術・西洋アンティークまでさまざまな分野の美術品を業界トップクラスの価格で買取してくれ、顧客満足度が高いお店です。専門スタッフによる丁寧な査定に定評があり、買取実績も公開しているので参考にしてみてください。愛知県内で骨董品や美術品の売却を検討されている方は、「エコリング」に出張買取を依頼してみてはいかがでしょうか。

2-5.永寿堂


	永寿堂


買取店名
永寿堂
WEBサイト
https://www.eijyudou.com/
永寿堂の買取実績

大徳寺弁当箱
買取ジャンル: 漆器
こちらは漆塗の大徳寺弁当箱が10個そろった買取です。漆器は、数がそろっているものや金の蒔絵があるものであれば査定額が上がる可能性があります。また輪島塗であれば蒔絵がなくても、数がそろえば高価買取になる傾向にあります。天然木を使った自然の漆によって制作された漆器には、骨董品や美術品としての価値があり、高額査定につながる可能性があります。


呉須赤絵大皿
買取ジャンル: 中国美術
中国美術の数ある作品の中でも、芸術性が高く歴史的に古い作品はコレクターが多く、高い査定価格になるようです。近年は中国美術が再評価されて価格の高騰が見られ、こちらの呉須赤絵大皿も高価買取になったと思われます。何十年も昔から家にある古い中国の骨董品や美術品などは、一度査定に出してみることをおすすめします。


古常滑の大壺
買取ジャンル: 陶磁器
平安時代末期の12世紀頃~17世紀初頭に焼かれた常滑焼を「古常滑」と呼び、大型の壺や甕が多いことで知られています。古常滑は非常に古いものなので骨董的価値が高い場合があり、作家名などがわからなくても買取額が期待できます。平安期の作品は薄造りで、鎌倉時代の頃から厚造りなど、時代によって成形や釉薬に特徴があります。


SATEeee骨董品・美術品買取事務局から一言!永寿堂のここがおススメ!
愛知県名古屋市西区に店舗を構える「永寿堂」は、店主自らが買取対応し、専門知識と経験、骨董市やオークション市場のデータに基づいて丁寧に査定してくれます。愛知県や岐阜県近辺の出張買取には即日対応も可能なため、相談してみてください。お客様からも多くの感謝の声が寄せられ、顧客満足度の高さがわかります。愛知県内で骨董品や美術品の買取を検討されている場合は、経験豊富で誠実な査定が期待できる「永寿堂」に依頼してみてはいかがでしょうか。

3.愛知県で骨董品を売りたいお客様へ

日本の工業の中心地、愛知県。それだけに昔から陶芸など工芸の生産も盛んな地域でした。中でも加藤民吉や加藤唐九郎といった陶工の作品は、今あらためて注目が集まっており、市場価格も上昇中。加えて無銘でも、江戸時代に作られたような、「瀬戸焼」の骨董品たち。これらも大注目となっています。家を整理したとか蔵を壊したとか、そんなときに出てきた愛知県ゆかりの骨董品、例えばそれの価値がわからなくても、ぜひ「SATEeee骨董品・美術品買取」にお問い合わせください。焼物だけでなく、銀瓶や鉄瓶と言った茶道具、刀剣や鎧といった武具、箪笥などの古民具も大歓迎。経験豊富な査定力で、それらの正当な価値を見出します。 多くの日本画家を生んだ愛知県は、近年では荒川修作や河原温といった現代美術のジャンルでも、数多く有名な作家を輩出しています。彼らの作品がお家に眠っているということはありませんか? 「SATEeee骨董品・美術品買取」なら高価買取。私たちならではの豊富な販売チャンネルを活かして、お客様に有利な価格で買取させていただきます。 そして、忘れてはならないのが、日本以外の骨董品や美術品。中国や西洋のアンティークも「SATEeee骨董品・美術品買取」は大得意としています。こちらの査定もお気軽にどうぞ。愛知県全域、お声掛けいただければ参上いたします。

4.愛知県に関連する美術作家・人物

名前:青山 杉雨

出身地:愛知県江南市

20世紀に活躍した書道家。 従兄弟で中部日本書道会の中心人物だった大池晴嵐や、書家で勲一等瑞宝章を贈られた西川寧の下で書道に励み、1950年代には毎日書道展や日展審査員を勤めるようになりました。1966年には日本芸術院賞を受賞、1970年ごろに日展常任理事や芸術院会員となり、1992年には文化勲章を受章しています。 篆書、隷書、古文など、中国の古い書体を研究、自らも新しい書体を考案しました。1993年、80歳で死去。

名前:川合 玉堂

出身地:愛知県一宮市

明治から昭和期にかけて活躍した日本画家。 四条派や円山派を学び、1890年、17歳にして内国勧業博覧会に入選。上京し日本美術院に参加。1915年には東京美術学校で教授、1917年には帝室技芸員となり、1940年には文化勲章を受章しています。テーマは一貫して日本の四季、代表作に東京国立近代美術館に収蔵の「二日月」や「行く春」、「彩雨」、東京国立博物館に収蔵の「渓山四時図屏風」など。東京都青梅市には「玉堂美術館」が1961年にオープンしています。

名前:荻須 高徳

出身地:愛知県稲沢市

20世紀に活躍した洋画家。 愛知県立第三中学校を経て、1921年に川端画学校に入学、翌年には東京美術学校に入学し卒業した後にフランスへと渡りました。終生、パリを中心に創作を続け、1928年にはサロン・ドートンヌで入選、1938年には個展を開催するなど画家としてのキャリアを積み重ねました。同じくフランス在住で活躍した佐伯祐三との交流でも知られており、パリの街角をテーマに描いた作品を数多く残しています。1986年、84歳で死去。

名前:松井 守男

出身地:愛知県豊橋市

武蔵野美術大学を経てフランスに渡り、アカデミー・ジュリアンやパリ国立美術学校で学びました。現在もフランスで活動を続けており、個展の開催のほか、エールフランスの機内デザインも担当。2000年には芸術文化勲章シュバリエ、2003年にはレジオンドヌール勲章を受章しています。近年はコルシカ島に拠点を移し、豊かな自然を題材としており、2008年には長崎・大浦天主堂で個展が開催されました。一貫して故郷の豊橋筆で制作をおこなうことでも知られています。

名前:荒川 修作

出身地:愛知県名古屋市

昭和から平成期に活躍した芸術家。 愛知県立旭丘高等学校美術科を経て、武蔵野美術学校を中退。1961年に渡米し、公私ともにパートナーとなるマドリン・ギンズと知り合い、共同で作品の制作を始めます。1970年にヴェネツィア・ビエンナーレで代表作「意味のメカニズム」を出品、注目を集め世界的に高名な芸術家となりました。愛知県など中部地方の人々に馴染み深いのは、岐阜県にある不思議な公園「養老天命反転地」でしょうか。2010年、73歳で死去。

名前:河原 温

出身地:愛知県刈谷市

昭和から平成期に活躍した芸術家。 1950年代には日本で、1965年ごろからはアメリカを拠点として活動。河原の作品で最も知られているのが、制作された日付のみがキャンバスに描かれた「Today」シリーズ。日本の公立美術館がこの作品を購入するにあたって、作品が「芸術」なのか・否かという論争が起こったことを記憶している人も多いはず。他に「I READ」「I MET」など、芸術の根幹を問うような作品を数多く生み出しています。コンセプチュアル・アートの第一人者として世界的に有名。

名前:初代・加藤 民吉

出身地:愛知県瀬戸市

江戸時代の陶工。 九州地方の進んだ磁器の製法を学び、当時、最先端だった技術を瀬戸に持ち帰りました。その後、瀬戸染付と呼ばれる磁器の生産を開始、焼物産地として瀬戸を再興させました。鎌倉時代の陶工で、瀬戸市を中心とする陶器産業の礎を築いた加藤景正が「陶祖」と呼ばれていることに対して、加藤民吉は「磁祖」と呼ばれています。加藤民吉の一生はテレビドラマ化や舞台化、オペラ化もされており、多くの人々が知るところとなっています。

名前:加藤 唐九郎

出身地:愛知県瀬戸市

大正から昭和期にかけて活躍した陶芸家。 1914年ごろから本格的な作陶を開始、一方で瀬戸古窯の研究にも打ち込み、桃山時代の陶芸の再現を目指しました。1965年には毎日芸術賞を受章。建物に陶板を埋め込んで作品を造る「陶壁」で特に知られており、愛知県労働者研究センターや、西新橋・安芸路酔心東京本店などで作品を見ることが可能。唐九郎が作陶に打ち込んだ窯場は現在、翠松園陶芸記念館として一般公開されています。

名前:加藤 土師萌

出身地:愛知県瀬戸市

昭和期に活躍した陶芸家。 1926年、岐阜県陶器試験場に勤務しつつ作陶に励み、1927年、帝展に初入選、1937年にはパリ万国博覧会でグランプリを受賞しました。1955年に東京芸術大学に陶芸科が設立されると初代教授に就任。黄地紅彩など色絵磁器の技法を研究、確立し、人間国宝の認定を受けたほか、1967年には東京芸術大学の名誉教授に就任、紫綬褒章を受章しています。教え子には青森県出身の陶芸家・鳴海要など。

名前:加藤 昭男

出身地:愛知県瀬戸市

昭和から平成にかけて活躍した彫刻家。 愛知県立窯業学校、京都工業専門学校を経て、東京芸術大学で彫刻を学び、1974年には長野市野外彫刻賞や中原悌二郎賞優秀賞を受賞したのを始めとして、その後も数々の賞を受賞。加藤の作品は、全国の美術館に収蔵されているほか、松下政経塾アーチ正面や新瀬戸駅前広場などパブリックスペースに数多く設置されていることでも知られています。1994年に武蔵野美術大学教授。2004年には旭日小綬章を受章。2015年、87歳で死去。

5.愛知県で買取されたお客様の感想

お客様住所:愛知県小牧市M

品名:瀬戸焼 「麦藁手梅花形小鉢」

愛知県ゆかりのものということで、以前買い求めた瀬戸焼の小鉢です。江戸後期のものということで、素朴な形と麦藁手の模様を気に入っていたのですが、コレクションの生前整理を考えて「SATEeee骨董品・美術品買取」さんにお願いしました。連絡してからすぐに家まで来てくれましたし、接客態度も申し分ない。そして買取価格も満足いくものでした。骨董に興味のない家族に譲るよりは、誰か心ある人の手に渡ってくれればと思っています。

お客様住所:愛知県名古屋市

品名:漆芸一后「住吉蒔絵煮物椀」 輪島塗

正月のお雑煮用に奮発して、デパートで購入しました。しかし、あまりにも豪華な品だけに、正月にも使うこともなく長い間、しまったままになっていたものです。それぐらいならば買取ってもらおうかと思い「SATEeee骨董品・美術品買取」に査定してもらったところ、充分納得できる価格を出してもらえましたから、納得してお譲りすることにしました。今ごろは、どこかお金持ちのお家の食卓に並んでいたりするのでしょうか? その後を想像するのも楽しいですね。

お客様住所:愛知県一宮市

品名:伊東深水 「初秋」掛け軸 他10点

祖父が集めていたという、掛け軸をまとめて「SATEeee骨董品・美術品買取」さんに買取ってもらいました。数が多いので査定に時間がかかったのですが、担当者の方は嫌な顔ひとつしませんでした。そんな接客態度にもひかれてお願いすることにしたのです。そして一本ずつ丁寧な査定の結果、出してもらった値段にも感激。中でも伊東深水の作品には、驚くほどの買取価格が付いたので心から満足しています。「SATEeee骨董品・美術品買取」さん、信頼できる業者さんですね。

6.愛知県の人気の美術館

名前:名古屋市美術館

場所:愛知県名古屋市中区栄2丁目17-25

川合玉堂や三岸節子、前田青邨ら名古屋市ゆかりの画家の作品を中心に収蔵しているのが「名古屋市美術館」。シャガールやモディリアーニ、ローランサンら20世紀初頭に活躍した、エコール・ド・パリの画家たちの作品や、メキシコ・ルネサンスの作品のコレクションでも有名です。他には、河原温や荒川修作ら愛知県出身の現代美術作家のものも収蔵していますから、こちらも見逃すことができないといえるでしょう。 位置するのは名古屋市の繁華街・栄にあり、豊かな緑で市民に愛されている白川公園。近隣に名古屋市科学館などもありますから、あわせて楽しみたいところ。建物は愛知県出身の建築家として名高い、黒川紀章の手によるものとなっています。

名前:名古屋ボストン美術館

場所:愛知県名古屋市中区金山町1丁目1-1

50万点を越えるという全米有数の所蔵点数で知られ、とりわけエジプト美術やフランス印象派の絵画のコレクションが有名なボストン美術館。そのコレクションを紹介する目的で1999年にオープンしたのが「名古屋ボストン美術館」です。ですから、他の美術館とは異なり自身のコレクションは所蔵していないのが大きな特徴となっています。 注目は、ボストン美術館の豊富なコレクションから作品をテーマ別で厳選・展示している数々の展覧会。オープン記念でおこなわれた「モネ、ルノワールと印象派の風景」からもわかる通り、高い人気の企画ばかりとなっており、他の美術館と比較しても決して劣らない魅力を持っているのです。 立地は金山駅前という、非常に便利なもの。開館以来大勢の人々が訪れています。

名前:メナード美術館

場所:愛知県小牧市小牧5丁目250

マネやルノワール、ゴッホ、マティス、セザンヌといった印象派を中心とした西洋絵画のコレクション。横山大観や尾形光琳、岸田劉生といった近代日本画たち。これらを一堂に集め展示しているのが「メナード美術館」。年間8万人を数えるという多くの来館者を集めているのは、これら充実した所蔵品があってのことでしょう。 愛知県とゆかりが深い作家の手によるものとしては、桃山期の陶芸の研究に尽力した陶芸家・加藤唐九郎の作品「黄瀬戸鉦鉢」。いにしえの技法を再現した作品の様子に、先人の知恵と加藤の努力を感じることができるはずです。 2009年にリニューアルオープンした美術館へのアクセスは、名古屋駅前からも豊富に用意されていますから、気軽に訪れてみたいですね。

7.SATEeeeの選べる査定方法

SATEeeeでは、「ご自身で一括査定」「出張査定」「メール写真査定」「LINE査定」の4通りの査定方法がございます。お客様のご都合の良い査定方法をお選びください。

8.SATEeeeのご利用の流れ

SATEeeeのご利用方法は大きくわけて2つあり、「ご自身で一括査定」と「査定代行」です。「ご自身で一括査定」は、お客様ご自身で品物の画像をSATEeee上にアップロードし、査定依頼をして頂くサービスとなります。ご自身で写真画像のアップロードが難しい場合には、事務局担当者にお願いして頂いても大丈夫です。弊社から査定を代行いたします。詳しい流れは以下よりご確認くださいませ。

9.高額査定のテクニック

査定をする際、買取業者からの査定金額は少しでも高くなってほしいものです。査定金額を高額にするには、品物そのものの価値も重要ですが、写真の撮り方や品物の情報を明確に伝える事など、買取業者が「査定金額を付けやすい」「判断しやすい」ように工夫することも重要となります。高額査定の方法をまとめましたので、詳しい方法は以下よりご確認くださいませ。

10.愛知県の骨董品・美術品買取まとめ

愛知県は大都市名古屋市を中心に商業地域として発展しており、美術品買取店がいくつもあります。「おたからや 西春店」では買取価格アップのキャンペーンがあるなど、買取店ごとに知っていたら役立つ情報があります。そこで、愛知県にお住まいで骨董品や美術品の売却をお考えの方に、「SATEeee(サテイー)」の一括査定サービスをおすすめします。今回紹介したような優良な買取店が登録されており、とても簡単に、気軽に、複数の買取店に買取査定を依頼することができます。査定結果を見てどのお店に買取してもらうか決めてください。「SATEeee(サテイー)」の一括査定は、より高値で安心して骨董品や美術品を売却したい方に、自信を持っておすすめしたいサービスです。

11.愛知県の出張買取エリア

名古屋市 / 豊橋市 / 岡崎市 / 一宮市 / 瀬戸市 / 半田市 / 春日井市 / 豊川市 / 津島市 / 碧南市 / 刈谷市 / 豊田市 / 安城市 / 西尾市 / 蒲郡市 / 犬山市 / 常滑市 / 江南市 / 小牧市 / 稲沢市 / 新城市 / 東海市 / 大府市 / 知多市 / 知立市 / 尾張旭市 / 高浜市 / 岩倉市 / 豊明市 / 日進市 / 田原市 / 愛西市 / 清須市 / 北名古屋市 / 弥富市 / みよし市 / あま市 / 長久手市 / 東郷町 / 豊山町 / 大口町 / 扶桑町 / 大治町 / 蟹江町 / 飛島村 / 阿久比町 / 東浦町 / 南知多町 / 美浜町 / 武豊町 / 幸田町 / 設楽町 / 東栄町 / 豊根村 /