百年の孤独を高価買取!焼酎の査定ポイントを徹底解説!

1.百年の孤独を売りたいお客様へ

百年の孤独は希少価値の高さが特徴の麦焼酎です。過去の焼酎ブームに乗って一気に知名度を上げましたが、その後も人気がいっさい衰えることなく、現在までも続いています。人気の理由は味わいですが、その影響からか少し品薄状態が続いており、販売価格も高止まりしています。逆に買取相場も焼酎の中では高めで、状態によっては高価買取が期待できます。

2.百年の孤独についての解説

百年の孤独は宮崎県の黒木本店が製造しています。一般的な焼酎とは異なる製法を採用しており、ウイスキーになれなかった焼酎、と表現されることもあります。ウイスキーのように蒸留した焼酎をオーク樽で熟成させていることが理由ですが、焼酎の色も琥珀に近くなっています。

3.百年の孤独の歴史

黒木本店は、1885年より130年以上続く老舗の蔵元です。原料の栽培も自ら行っているこだわりの持ちようで、今までに様々な焼酎を作っています。百年の孤独は皇太子が飲むお酒としてメディアで紹介され、その後一気に知名度を上げました。

4.百年の孤独の代表的な銘柄

黒木本店では「中々」「たちばな」など、いくつかの焼酎を製造していますが、百年の孤独は単一銘柄となっています。ただ、限定品としてバカラボトルの百年の孤独も存在します。「バカラ」は価格が非常に高く、数量限定販売のためプレミアが付いています。他の焼酎と比較しても買取価格は高騰しており、高級ウイスキー以上の価格が期待できます。

5.百年の孤独の買取査定ポイント

百年の孤独の買取に影響を与えるのは、ボトルの汚れと付属品の有無です。特にボトルはきれいな状態が望ましく、汚れがあると買取価格が減額されます。化粧箱も付属した状態が望ましいでしょう。なお、バカラについては銘柄そのものの希少性が高いため、多少汚れがあっても高値で買取されています。
  • ボトルの汚れの状態
  • 付属品の有無
  • バカラは買取相場が非常に高い

6.百年の孤独の取引相場価格

現在は焼酎ブームも落ち着いていることから、百年の孤独の買取相場も一時期ほど高騰はしていません。しかし、販売価格3千円弱に対して、買取相場は千数百円台となっており、およそ市価の半分程度の価格で取引されています。取引価格自体は安いですが、販売価格の半分程度で売れるのは大きな強みです。 なお、バカラについては買取価格が別格で、買取でもオークションでも15万円程度の価格が期待できます。ただし、業者によって基準が変わるほか、コンディションも影響するので注意が必要です。

7.百年の孤独の買取についてのまとめ

1885年創業の黒木本店では、多数の焼酎を作り続けています。その中でも百年の孤独は人気と知名度いずれも高く、限定品に位置づけられているため、時期によっては品薄状態になります。ニーズもあることから買取相場も安定しており、常に一定の価格での買取が期待できます。ただ、業者により買取基準が変わるため、高値で売るなら複数社から査定を受けるのも良いでしょう。