川越を高価買取!焼酎の査定ポイントを徹底解説!

1.川越を売りたいお客様へ

川越はマイルドな飲み口が特徴の芋焼酎です。宮崎県にある川越酒造が製造しており、生産本数の少なさから希少価値が高い焼酎となっています。焼酎フリークの人気も高く、ANAのファーストクラスで提供されるなどの実績を持ちます。一部店舗のみしか販売されておらず、入手が難しいため販売価格もやや高めですが、買取でも高値が期待できるでしょう。

2.川越についての解説

川越はコガネセンガンを使用しており、朝収穫した芋をその日の内に加工するなど、素材の風味を失わないよう製法にこだわっています。丁寧に手作りされており、じっくり熟成された川越の味わいは最後まで楽しめると評価されています。

3.川越の歴史

川越を製造する川越酒造は、江戸時代に創業した老舗の蔵元です。長い歴史を持ちながらも規模は小さく、現在も家族経営が続けられています。川越は1990年代に誕生し、2002年にはANAの国際線ファーストクラスの焼酎にも選ばれています。

4.川越の代表的な銘柄

川越酒造では、他にもいくつかの銘柄が製造されていますが、川越は単一の銘柄になっています。ボトルのサイズは四合瓶(720ml)と一升瓶(1,800ml)の2種類で、いずれも中身に違いはありません。しかし、単一ながらも非常に高い評価を得ており、品薄状態になるなど入手が困難なほどの人気があります。芋焼酎が好きなら、一度は飲むべき銘柄といえるでしょう。

5.川越の買取査定ポイント

川越を高値で売るためには、サイズやホコリ・汚れ、ラベルの破れなどには注意が必要です。サイズによって基本買取価格が変わりますが、ボトルに汚れなどがあると減額査定となります。なお、ラベルも汚れや破れが減額対象となるため、保管には注意しておきましょう。
  • サイズが重要
  • ホコリや汚れの有無
  • ラベルの破れの有無

6.川越の取引相場価格

川越は入手が困難で、一時の焼酎ブームの際は取引相場も高騰しました。現在の相場はそこまで高騰していませんが、高止まりしていることに変わりはありません。川越の買取相場は、一升瓶で800円~1,500円ほどになっています。実勢価格の3~5割程度が相場も目安です。 しかし、保管状態や汚れの有無など、コンディション次第で実際の買取価格が変動します。川越は買取業者によっても買取金額が異なるため、複数社へ査定してもらいましょう。

7.川越の買取についてのまとめ

江戸時代より続く川越酒造が作る川越は、ANAの国際線で採用されるなど、他の焼酎とは違った特徴を持っています。現在も生産本数が少なく、入手困難なことから販売・買取価格も高めです。時期によって買取相場は変動するため、川越を高値で売るならタイミングが重要です。ただし、風味が変化しない内に売却することをおすすめします。