村尾を高価買取!焼酎の査定ポイントを徹底解説!

1.村尾を売りたいお客様へ

村尾は鹿児島県の村尾酒造が製造する焼酎です。現在は飛行機の機内でも予約販売されている焼酎で、ブームが起こった際は爆発的にヒットし、一時品薄状態にもなりました。現在は安定しているものの、その希少価値は以前とさほど違いがありません。買取価格も高止まりしており、保存状態が良いものなら高値買取が期待できるでしょう。

2.村尾についての解説

村尾は魔王・森伊蔵と合わせて3Mと呼ばれています。現在も抽選販売を実施していますが、いつも倍率は非常に高く、入手するには運が必要です。ここまで人気の理由は知名度もありますが、まろやかで芋本来の味を楽しめることも理由といえます。

3.村尾の歴史

村尾酒造は1902年に創業し、以来110年以上の歴史を持っている老舗の酒造メーカーです。村尾は3代目の杜氏の頃に製造が始まり、現在は4代目へと受け継がれていますが、その味は変わることなく、今でも焼酎フリークの間で高い評価を受けています。

4.村尾の代表的な銘柄

村尾酒造は杜氏1人で切り盛りされており、村尾には他の銘柄が存在しません。単一で村尾のみとなっているのが最大の特徴でしょう。しかし、その人気は複数銘柄ある他の焼酎を凌駕しており、たった1種類ながらも全国にたくさんのファンがいます。かめ壺仕込みでじっくり作られていることからも、こだわりを感じられる焼酎です。

5.村尾の買取査定ポイント

村尾の買取価格を分けるのは、ボトルの大きさと汚れの有無、そしてラベルの状態です。ボトルサイズによって基本価格が変わりますが、ボトルとラベルのコンディション次第で更に上下します。埃などの汚れはなるべく除去し、きれいな状態で査定を受けるのが望ましいでしょう。
  • ボトルの大きさ
  • 汚れの有無
  • ラベルの破れ・ラベルの有無

6.村尾の取引相場価格

焼酎ブームの折、村尾はオークションでも暴騰するなど値上がりしていましたが、現在は少し相場も落ち着いています。しかし、それでも3Mに数えられることから相場は高く、他のプレミア焼酎と比べても高値が期待できます。 一般的な村尾の買取相場は、900mlサイズで2千円~3千円、一升瓶(1,800ml)サイズでは3千円~5千円ほどになっています。コンディションにより多少の前後はありますが、いずれも高値で取引されているのが特徴です。

7.村尾の買取についてのまとめ

たった1人の杜氏によって生み出されている村尾は、今も昔も変わることのない味を守り続けています。焼酎ブーム以来、品薄状態も続いていましたが、現在は定価で購入できることもあります。ただし、人気が高いため実売価格は高騰しており、業者による買取にも反映されています。逆に村尾を売るなら、今がチャンスと行っても良いでしょう。