定窯(ていよう)を高価買取!中国の陶磁器の査定ポイントを徹底解説!

定窯を売りたいお客様へ

ご自宅の美術品や骨董品の中に、美しい白磁の陶器はありませんか? 定窯は、白磁の製造で人気を博した中国の陶窯です。白磁には多くの種類があり、一目で定窯と判断するのは至難の業ですが、きちんと鑑定してもらえれば、その価値を正しく知ることができます。 また、定窯で製造された陶器には重要文化財に指定されるものもあり、見た目の美しさだけでなく文化的な価値も持ち合わせています。定窯は、中国の陶磁器技術・文化が目まぐるしく飛躍した宋時代に製造されていました。 数ある中国美術品の中でも流通数が乏しく目にする機会も少ないですが、自宅に眠っている定窯陶器をお持ちなら、この機会に専門家へ鑑定を依頼してみてはいかがでしょうか。

定窯についての解説

「汝窯が青磁なら定窯は白磁」といえるほど、定窯は白磁の陶窯として高い人気を誇っています。定窯で製造される白磁は、やや黄色味を帯びたクリーム色の釉薬が施されているのが特徴です。 形状には瓶、壺、水注、鉢、盤などが多く、同時期に製造されていた他の陶器とさほど変化はありません。また、器の文様には刻花や印花が多く用いられ、全体を通してシンプルで上品な白磁が多く残っています。 汝窯と同様に現存する定窯白磁は数が少ないことから、コレクターや愛好家の間では希少価値の高いものとして知られています。

定窯の歴史

定窯で白磁の製造が盛んだったのは、汝窯の時代と並ぶ中国・宋時代です。 定窯では白磁の製造を中心としながら黒釉を用いた「黒定」や柿釉を用いた「柿定(紅定)」などを製造していました。 また、数ある陶器の中でも随一の薄さを誇る、鉢や碗の製造に成功したのも定窯だといわれています。 現在では中国・河北省曲陽県に窯の遺跡があります。

定窯の代表作や作者

代表作:重要文化財 白磁金彩雲鶴文碗(東京国立博物館) 重要文化財 柿釉金銀彩牡丹文碗(東京国立博物館) 重要文化財 柿釉金彩蝶牡丹文碗(東京国立博物館)

定窯の買取査定ポイント

数ある定窯白磁の中でも高く評価される品物は、箱や書物などが付属している品物です。 また、器底部などに製造年や作者が記されていると、査定額が高額となるようです。 そのほか、珍しい形状の瓶や凝ったデザインの皿なども高価で取引されています。 査定を依頼する際は、以下のポイントも参考にしてみましょう。
  • 重量、サイズが大振りなもの(30cm近いものは価値がつきやすい)
  • 魚紋、花紋、人物紋など、美しい刻紋があるもの
  • 黒釉が施されたもの
  • 珍しい造形のもの

定窯の取引相場価格

定窯の取引価格は、1~3万円が相場です。 定窯白磁全体を通してシンプルな形状、デザインのものがほとんどですが、中でも美しい刻紋が彫り込まれた定窯の白磁皿や、刻花紋が刻まれた瓶などは高価で取引されています。(取引価格:白磁皿45,500円、瓶29,000円) また、シンプルなデザインの定窯白磁でも木箱付のものが26,050円で取引された実績もあります。

定窯の買取についてのまとめ

定窯の陶器は、出回りが少ないことから美術品としても歴史的文化財としても価値の高い品物です。しかし、それゆえに認知度が低く、買取価格がつきにくいのが現状です。 定窯が製造された宋時代は、他にも汝窯や官窯など他の陶窯が人気を高めた時代でもありました。また、時代の流れに合わせて後にも多くの名窯が開窯したことから、定窯自体は買取相場がやや低くなっているようです。 数ある白磁の中でも美しい文様を持つ定窯白磁ですが、自力で確かな価値を判断するのは難しいといえます。この機会に確かな価値をプロのもとで鑑定してもらってみてはいかがでしょうか。 骨董品・美術品買取コネクトでは、定窯の陶器をしっかり査定させていただきます。 定窯の売却をお考えの方は、骨董品・美術品の買取コネクト にご相談ください。