キューバ革命4周年を高価買取!中国切手の査定ポイントを徹底解説!

1.キューバ革命4周年を売りたいお客様へ

この切手は、キューバ革命の4周年を迎えた際に発行された中国の切手です。1963年に合わせて6種類の切手が発行され、額面は10分で統一されています。当時のキューバ政府が発行していた切手より価値が高いと言われており、消印の有無に関わらずコレクターの間で取引されています。中国切手の中でも、他国をモチーフにした非常に珍しい切手です。

2.キューバ革命4周年についての解説

キューバ革命4周年は6種類発行されており、ぞれぞれには当時のキューバを象徴するものが描かれています。例えば民衆や、革命を率いた革命家のフィデル・カストロの肖像画など、当時のキューバ情勢を絵柄から読み取れるのが特徴です。

3.キューバ革命4周年の歴史

1953年~59年にかけ、チェ・ゲバラやカストロらが中心となってキューバ革命が起こりました。これによってキューバは社会主義国へと革命を遂げましたが、それから4年経った後、発行された切手がキューバ革命4周年です。この切手からは、当時のキューバと中国の繋がりを感じることができます。

4.キューバ革命4周年の希少価値

キューバ革命4周年は当時の発行枚数や流通枚数が定かではありません。また、発行から50年以上が経過しているため、現存している枚数に関しても不明です。このような事情もあってか、比較的希少性の高い切手として認識されています。ただし、最も希少価値の高いものは6種全てが揃った完品であり、バラのものについてはそれぞれ価値が異なります。

5.キューバ革命4周年の買取査定ポイント

キューバ革命4周年の買取価格を決める要素は、完品か否かという点と、汚れや破れなどが無いかという点に絞られます。特にキューバ革命4周年は6種類揃えば買取価格がアップする反面、バラで売ると価値も下がります。なお、消印の有無に関しては買取価格にさほど影響しません。
  • 6種類揃っているか(完品か否か)
  • 汚れや破れ、シミなどが付いていないか
  • 使用の有無は影響しない

6.キューバ革命4周年の取引相場価格

キューバ革命4周年は希少性が高い切手でもあり、額面以上の価格でオークションで取引されています。消印付きのものでも欲しがるコレクターがいますが、6種類揃っていて、かつ未使用の状態が良いものであれば1万5千円~2万5千円ほどの相場です。切手の状態次第では、3万円を超えて落札されるケースも見られます。 一方、破れたり汚れたりしたキューバ革命4周年に関しては、3千円程度まで価値が下がってしまいます。バラの状態は取引相場がなく、6種完品のものより価値は低いので注意が必要です。

7.キューバ革命4周年の買取についてのまとめ

1963年にキューバ革命を記念して発行されたキューバ革命4周年は、カストロの肖像画など、非常に珍しい絵柄を採用しているのが特徴です。6種類が発行されており、全て揃っていれば2万円前後の価値があります。しかし、バラのものは価値が低いため、6種類揃えてから売却するか、買い取ってもらう時は複数の業者へ鑑定してもらうことをおすすめします。