秋田藩 広郭(あきたはん こうかく)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 秋田藩 広郭を売りたいお客様へ

天保通宝は、実際の価値には見合わない法定価値100文の通貨であったため、80文で通用する、偽造が増えるなど経済的に混乱を招きました。秋田藩 広郭は名前の通り秋田藩で偽造されたものですが、相場が高いことで注目されています。

2. 秋田藩 広郭についての解説

小判のような楕円形で中央に正方形の孔があいています。表面には「天保通寶」と描かれ、裏面には法定価値を示す「當百」の文字の金座後藤家の花押がほどこされています。名前が表す通り秋田藩で造られたもので、文字は全体的に縦長で、しんにょうの最後のうねりも大きめです。裏面の花押も大きめであることも特徴のひとつです。中でも秋田藩 広郭については、広郭なので中央の孔の縁が幅広になっています。

3. 秋田藩 広郭の歴史

天保通宝のひとつ「藩鋳銭」というジャンルで分類されますが、本物ではありません。そもそも天保通宝の鋳造は江戸幕府である金座と水戸藩とに限られていたからです。しかし偽造とはいえ、現存する数の少なさから希少性があり買取価格としては本物よりも高くなっています。こういった藩をあげての偽造は他10の藩でも行われていました。

4. 秋田藩 広郭の希少価値

藩鋳銭の中ではその希少性から特に人気の高い部類に入ります。当然相場も高く、鑑定に出したら思いがけない買取価格になったということもよくあります。鋳造の型をとるための母銭であればさらにその希少性は高まります。

5. 秋田藩 広郭の買取査定ポイント

秋田藩の藩鋳銭と鑑定されるかどうかが大きなポイントです。字体の特徴、材料の質など正しく判別できる専門業者でないと難しいことですが。現存する数が多いだけに状態のよさも問われます。
  • 多くのものは赤みのかかった色か
  • しんにょうの最後がうねり気味であるか
  • 裏面の字や花押が大きめか

6. 秋田藩 広郭の取引相場価格

その希少性から相場は高めで、10000円から50000円の価格になることがよくあります。偽造である藩鋳銭の中でもコレクター注目の種類です。 yahooオークションで、入札はないですが1万円の価格がついたものが数多く出品されていました。鑑定書つきではありませんでした。

7. 秋田藩 広郭についてのまとめ

天保通宝は、偽造であっても「藩鋳銭」という分類があり、各藩で製造されたものがかえって本物よりも高い価格で取引されています。ここが古銭のおもしろいところといえます。字が縦長で花押が大きめの天保通宝がお手元にあれば秋田藩 広郭の可能性があります。一度楽しみに古銭専門の買取業者に鑑定を頼んでみてはいかがでしょうか。