銀判を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 銀判を売りたいお客様へ

銀判は簡単にいえば、地方で使用される地方通貨です。小判のような形の銀色の板もあれば、もっと切れ端的な形の銀の板もあります。形が一定でないので価値があるものとは思われにくいですが、銀判は思った以上の査定価格がつく価値ある貨幣です。

2. 銀判についての解説

幕末の頃、一部の藩で鋳造された地方通貨で銀製のものを銀判といいます。有名な銀判は、久保田藩が鋳造した「秋田銀判」と盛岡藩が鋳造した「盛岡銀板」、会津藩が鋳造した「会津銀判」です。大きさはさまざまで、中には切れ端のような形の銀判もありますが、上記の有名なものはいずれも形は小判型です。ただし縁のカーブなどは一定ではありません。 形だけでなく重さもさまざまです。中には「秋田銀判九匁二分」のようにかなり大ぶりで銀の純度も高く、地方貨幣ながら一両と交換可能なものもあります。

3. 銀判の歴史

明治になろうとしている、いわゆる幕末の頃につくられた銀判の目的は、軍事費調達のためでした。そして時期も時期なので、その多くは戊辰戦争のための出費といった理由であることがほとんどです。その向かいは地方通貨を造ることを隠れ蓑にし、実は幕府発行の通貨を偽造していたということもありましたが、会津銀判のように公武合体の祝鋳といった理由だった場合もあります。

4. 銀判の希少価値

銀判は多くの場合、高純度の銀であり、きれいな形で残っていることが珍しいので非常に希少性があります。現在もよい状態で残ることは非常に稀なことといえるでしょう。それだけに状態のよいものであれば高値で買取されることも多く、価値あるものとなります。

5. 銀判の買取査定ポイント

状態のよいものであるか、が一番の査定ポイントです。また大正時代から昭和の初期にかけて研究用の模造品がつくられたことから、まずは本物であるかの鑑定を受ける必要があります。
  • 変色や傷みのないよい保存状態か
  • 本物か

6. 銀判の取引相場価格

銀判の種類によりますが、いずれも高い査定価格で取引されることが多いようです。5万円前後から中には20万円近い査定価格になるものもあります。 yahooオークションだと、入札はないですが6万円のものがありました。エラーのものは68000円で出ています。

7. 銀判についてのまとめ

銀判は保存状態をよく保つのが非常に難しいものです。湿気に気を付けないとすぐに変色してしまいます。幸運にもきれいな状態で銀判が見つかった場合で、保存状態をよく保っておく自信がない場合は、早々に売却を考えるのもよいでしょう。その際は、古銭専門の業者にまずは鑑定を依頼することをおすすめします。