本座 長郭(ほんざ ちょうかく)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 本座 長郭 を売りたいお客様へ

天保通宝は、実際の価値と法定価値との差があったため偽造が多く出回った銭貨です。藩をあげて偽物を鋳造したことが大きな特徴ですが、本座 長郭については紛れもなく本物であり、幕府のお墨付きともいえる価値あるものです。

2.本座 長郭についての解説

天保6年、1835年から鋳造された幕府公式の法定銭貨です。小判と同じ楕円形で中心部に正方形の孔があります。この穴を郭とよび、この郭の縁取りが縦長になっているのが大きな特徴です。表面には「天保通寶」、裏面には「當百」という100文の価値を表す文字があり、孔の下部には金座後藤家の花押も描かれています。 郭の縁取りが縦長であることの他には、「通」の字の「甬」部分と「寶」の字の「貝」部分が少し細めであることも特徴です。全体的には鋳造のもととなる母銭「本座広郭」よりもクセのある字体です。

3. 本座 長郭の歴史

先の真鍮四文銭で銀座が潤ったことに対抗して、金座後藤家の発案で造られた100文という高額の銭貨が造られました。その後金座主導で、他には水戸藩だけに鋳造を許可する形で始まった天保通宝ですが、その始まりとして造られたのが本座 長郭です。短期間ながら中止や再開を繰り返し、約5億枚鋳造されたといわれる天保通宝の最初の銭貨ということになります。郭の特徴から他にも「細郭」「中郭」「広郭」といった分類もあります。

4. 本座 長郭の希少価値

明治時代にも通用していた天保通宝は、多く現存するため価値としてさほど高いものではありません。しかし多くの手代わりといわれる特徴ある違いをもつものがあり、この本座 長郭は最初に造られた通用銭ということでいう希少価値があります。

5. 本座 長郭の買取査定ポイント

本座 長郭の特徴である郭の部分に特に注目して査定されます。また数が多いことから状態がよいことも大事なポイントです。
  • 中央の孔の縁取りが縦長か
  • 天保の文字がわすかに右寄りであるか
  • 通の字が若干細めか
  • 天保の文字が全体的に縦に長いようであるか

6. 本座 長郭の取引相場価格

明治時代にも通用したことから現在も数多く存在する通用銭であるため、買取価格は1000円を切ることもよくあります。それだけに状態の良さ次第といったところもあります。 yahooオークションで、母銭で3万円以上の価格がついたものがありました。入札件数が50件以上と非常に人気です。

7. 本座 長郭についてのまとめ

希少性はあまり高くありませんが、天保通宝の中で最初に製造されたものとして人気があります。たくさんの手代わりがある中での分類になるので、古銭の専門店で鑑定されることをおすすめします。