[改造紙幣]神功皇后1円(かいぞうしへい じんこうこうごう1えん)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 神功皇后1円を売りたいお客様へ

日本で最初の肖像画入り紙幣ということで歴史的に価値あるものとしてコレクターの間でも有名です。描かれているのは神功皇后で、天皇では畏れ多すぎるということで決定されたという経緯があります。

2. 神功皇后1円についての解説

明治14年(1881年)に発行された1円札です。日本で最初の肖像画入り紙幣で、日本神話に登場する神功皇后が描かれています。サイズは高さ約8cm、幅13cmです。図案の作成はイタリア人のエドアルド・キョッソーネがしたためか、神功皇后の顔立ちがどこか西洋風になっています。神功皇后の肖像は他にも、明治15年に発行された5円、明治16年に発行された10円にも登場しています。

3. 神功皇后1円の歴史

神功皇后1円の先に発行された明治通宝は、ドイツのナウマン社に発注し製造されたものですが、材料である紙が洋紙であったため、日本の高温多湿な気候の中ではあまりに劣化が激しいという欠点がありました。また価格の違う9種の紙幣がどれもサイズやデザインがほとんど同じであったため偽造が横行しており、そういった問題を受けての改造がされ発行されたのが神功皇后1円です。 紙の材料に和紙の原料であるみつまたを使い強度を高め、耐久性をもたせています。肖像画が使われたのは偽造防止のための一案です。

4. 神功皇后1円の希少価値

傷みやすい紙製でありながら和紙が使われたことで強度が増し、きれいな状態で見つかることが多くなっています。依然として希少価値の高い1円紙幣であることには変わりありません。状態次第では高額も期待できる人気の高い紙幣です。

5. 神功皇后1円の買取査定ポイント

状態がどの程度かによって査定は大きく変わります。未使用もしくは美品であればかなりの高額が期待できるでしょう。
  • 保存状態がよく、きれいなものであるか

6. 神功皇后1円の取引相場価格

未使用であれば数十万円、美品であれば10万円とかなりの高額が期待できる希少な神功皇后1円です。傷みや変色があるものでも数万円で取引されることが多いです。 yahooオークションだと、入札はないですが19万円のものがありました。3万円のものはたくさんの入札がされていました。

7. 神功皇后1円についてのまとめ

西洋風の顔立ちが少し違和感を持つ方もいるかもしれませんが、肖像画を使うことでのその違和感が偽造紙幣発見には非常に有効とのことで、日本初の肖像画が入れられた歴史的価値もある神功皇后1円です。売却を考える際には、古銭のマーケットに詳しい専門の業者で査定をうけることをおすすめします。