高知藩(こうちはん)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 高知藩を売りたいお客様へ

天保通宝は、江戸幕府と水戸藩で発行されたもの以外の各藩で鋳造されたものは、公鋳ではなく私鋳つまり本物ではありません。しかしその数的希少性からかえって高い買取価格で取引されるのも事実です。高知藩製の天保通宝もその例にもれず、コレクターの間で人気の天保通宝です。

2.高知藩についての解説

天保通宝のひとつ。小判と同じ楕円形で中心部に正方形の孔があり、表面には「天保通寶」と描かれています。裏面には「當百」と100文の価値が示されており、孔の下部には金座後藤家の花押があります。 「額輪短尾通」とよばれることもある高知藩は、銭貨に描かれている文字の高さよりも縁まわりの輪の高さが高いことがひとつの特徴です。もうひとつの特徴は「通」のしんにょうの部分が短いことです。天保通宝全体としては、しんにょう部分の最後のはらいは長めなので、これは大きな特徴になります。。

3. 高知藩の歴史

天保通宝は、領内だけで通用する地方貨幣鋳造を隠れ蓑に各藩で多くの偽造がされた銭貨として有名です。高知藩もその類にもれず領内の財政立て直しを図るためと称し地方貨幣鋳造の許可を受け、天保通宝のひそかに鋳造していました。このことは、同じ書体の枝銭が見つかったことから確定されたことです。

4. 高知藩の希少価値

天保通宝は短期間で多くの書体で鋳造されているため、その見分けが難しいとされています。しかしこの高知藩については「額輪短尾通」とよばれ判別がわかりやすいことから、天保通宝の中では比較的買取価格が高めのものとされています。

5. 高知藩の買取査定ポイント

高知藩の特徴「額輪短尾通」であるかどうかが査定のポイントです。
  • 縁の額輪が中の文字部分よりも高い
  • 通の字のしんにょう最後、尾の部分が短め

6. 高知藩の取引相場価格

現在も数多く存在する天保通宝なので、一般的買取価格は1000円から5000円程度とされますが、高知藩についてはその判別の簡単なことから、素性のはっきりした偽造品ともいえ、若干高めの3000円から1万円あたりの買取相場です。 yahooオークションでは、2000円台のものがたくさん出品されていました。未使用品で状態は非常によいものです。

7. 高知藩についてのまとめ

「天保通宝」や「當百」などの文字からの判断は素人にはなかなか難しいものですが、縁の額が文字よりも高めであれば高知藩である可能性があります。偽造とはいえ本物に比べ現存数が少ないことから希少とされる高知藩なので、少しでも高さからの違和感を感じたときには、古銭の専門店に鑑定を依頼されるとよいでしょう。