水戸藩鋳銭 短足寳(みとはん たんそくほう)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 水戸藩鋳銭 短足寳を売りたいお客様へ

天保通宝は、法定価値は寛永通宝の100倍である100文とされていたものの、実際の価値はその10分の1程度ともいわれ、簡単に同質のものが造れたことから各藩あげての偽造が相次ぎました。が、水戸藩だけは幕府から正式に許可を受け公鋳銭を発行しています。本座で造られたもの以外には水戸藩製のものだけが本物なので、その意味で価値あるものといえます。

2. 水戸藩鋳銭 短足寳についての解説

天保通宝のひとつ。小判と同じ楕円形で中心部に正方形の孔があり、表面には「天保通寶」との文字があります。裏面には孔の上部に「當百」との文字、下部に金座後藤家の花押があります。 天保通宝は書体に勢いがあり、中には遒勁とよばれる非常に勢いのある書体でかなりの高額で取引されるものもあります。水戸藩鋳銭 短足寳については、比較すると縁の幅が広めで肉厚であること、全体的に文字が小さく、寶の足の部分が太く短いのが特徴です。

3. 水戸藩鋳銭 短足寳の歴史

天保通宝は各藩で多くの偽造がされた銭貨ですが、水戸藩だけは幕府から通貨製造の許可を受けていました。そのため本座とよばれる幕府発行のものと似た銅質であることが特徴です。しかし短期間で数多く発行されていることからすべて本物とは言い切れないというのが通説でもあります。

4. 水戸藩鋳銭 短足寳の希少価値

短期間ながらさまざまな書体で発行されている天保通宝ですが、とりわけこの水戸銭は分類が複雑であるといわれています。とはいえ、正式な許可を受けて公鋳できたのは水戸藩だけであり、その点で希少価値は高いといえます。

5. 水戸藩鋳銭 短足寳の買取査定ポイント

水戸藩鋳銭 短足寳については寶の最後の部分が短く縁から少し離れているというはっきりした特徴があるので、査定のポイントは「寶」の字です。また正式に許可されて造られたとはいえ、偽造品も多く出回っているので、本物かそうでないかの判別も重要です。
  • 寶の字の足部分が短く太め、縁から少し離れたものであるか
  • 盛り上がった縁が太めか
  • 通点が横点か

6. 水戸藩鋳銭 短足寳の取引相場価格

現在も数多く残る天保通宝ながら藩鋳銭ということで買取価格は若干高めになります。1000円を超え、中には10000円以上の査定を受けることも少なくありません。 yahooオークションで、入札はないですが2800円のものがありました。

7. 水戸藩鋳銭 短足寳についてのまとめ

天保通宝の興味深い特徴として偽造品が本物よりも高く査定されることがありますが、それでもやはり本物だからこその価値に注目する人たちはいます。中でも水戸藩鋳銭 短足寳は、判別しやすい特徴もあり人気です。私鋳銭も多く出回る天保通宝だからこそ、水戸藩製の本物かどうかの査定を受けてみることをおすすめします。