[古寛永] 水戸銭(みとせん)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 水戸銭を売りたいお客様へ

寛永通宝は、いったん中断された後に再び造られ始めた寛文8年を境に、古寛永と新寛永に分けられますが、水戸銭は古寛永にあたります。研究がおおいにされ細かく分類されているので、どの分類になるかによっては意外な希少性がある可能性もあります。専門家の鑑定に任せるべき古銭です。

2. 水戸銭についての解説

形は円形で、中心部に正方形の孔があります。表面には「寛永通寶」の文字が上下左右の順で刻まれており、その書体は大きく細いため、うねりがありダイナミックと表現されることもあります。「永」の字が他のものと比べると縦長であるのが大きな特徴で、水戸銭の少し長めの「永」は教科書体と近いものでもあります。実際その後の長永の書体の基準とされ、判別に利用されるようになりました。

3.水戸銭の歴史

地方に広まっていった新寛永通宝と違い、江戸幕府の直営といったゆかりある地で鋳造されたのが古寛永です。この水戸銭もそのひとつで、常陸の国水戸が銭座です。銅の生産量が増大したのを機に寛永14年、1637年から鋳造され始めました。近江坂本で造られていた坂本銭と共に良質な銭貨であったことで有名です。

4. 水戸銭の希少価値

長期にわたって造られていたため、希少性はさほど高いものではありません。が、その書体によっては思った以上の査定額になることもあります。数多くお持ちであれば、100円ほどから数千円まで幅がある古銭として楽しみに査定を受けられることでしょう。

5. 水戸銭の買取査定ポイント

大きな特徴はなんといっても「永」の字にあります。はっきり長めの長永になっているかどうかが査定のポイントです。永の字の左右のはらいがどの程度広がっているかどうかで、縦長に見えるかが決まるので、広がって作られる三角形の高さ、狭さが注目されます。他、寛の最後の二画が縦長のものが「高寛」、長さの少ないものが「低寛」とよばれますが、どちらの希少性が高いとは一概にいえず、やはり専門家に任せる他ありません。
  • 永の字が縦長かどうか
  • 永の字の広がり具合が広すぎないか
  • 全体の書体が細めであるか

6. 水戸銭の取引相場価格

きれいな状態で発見されたものであってもごく標準的なものは100円程度です。長永で、また細く優美な字であれば、500円から数千円になることもあります。 yahooオークションで、入札はないですが8000円の価格がついた母銭がありました。真正品を保証しますと書かれていましたが、鑑定書つきであればさらに安心して取引できるのではと思われます。

7. 水戸銭銭についてのまとめ

書体の違いによっての希少性、特にその後の長英の判断基準になる「永」の字が縦長であるかがポイントです。とはいっても、素人ではその判断は非常に難しく、他の字や字全体の位置などによっても希少性が変わるので、複数の専門業者に鑑定を依頼されるとよいでしょう。