日華事変軍票 丁号券(にっかじへんぐんぴょう ていごうけん)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 日華事変軍票 丁号券を売りたいお客様へ

日華事変軍票は、明治通宝を基本デザインとしてすべて造った他の軍票とは違い、額面によって縦長だったり横長だったり、デザインが変わったりとさまざまな種類が見られます。中でも日華事変軍票 丁号券は中国風に新たにデザインされたものとしてユニークで興味深い紙幣です。

2. 日華事変軍票 丁号券についての解説

日華事変軍票は、甲号券、乙号券、丙号券、丁号券、戊号券、ろ号券の6種類があります。その中のひとつ日華事変軍票 丁号券は使用地である中国にふさわしいものがデザインされ、特に1円、5円、10円の丁号券は流れるようなタッチで描かれた鳳凰や昇龍の絵が特徴的です。サイズは金額によってさまざまで1円以上の高額紙幣は大きめです。

3. 日華事変軍票 丁号券の歴史

軍用手票は簡単に軍票とよばれ、戦地や占領地で物資調達や給料の支払いなどに使われました。日華事変軍票については、1937年に日華事変として勃発し1945年までには大東亜戦争にまで規模を大きくした長期間の戦争で発行された疑似紙幣であるため、進展に伴いさまざまな軍票が発行されました。甲号券から始まり、乙号券、丙号券、そして丁号券と発行され、昭和14年(1939年)頃のものとされています。

4. 日華事変軍票 丁号券の希少価値

日華事変の起こった当時、日本の軍票と等価で使われていた朝鮮銀行券や満州中央銀行券が流通しており、他にも日本側が各地に設置した20行以上の銀行から発行された銀行券も多く使用されていました。そのためか日華事変軍票 丁号券については、鳳凰や昇龍の中国風デザインが非常に興味深い軍票ですが、未使用のまま見つかることも多くあり希少価値はあまり高いものではありません。

5. 日華事変軍票 丁号券の買取査定ポイント

折り目や破れなどのない状態のよいもの、できれば未使用であることが重要です。またいくつかの額面がそろったセットになったものも査定額が高くなります。
  • 未使用もしくは極美品など、状態のよいものであるか
  • 種類をそろえたセットものであるかどうか

6. 日華事変軍票 丁号券の取引相場価格

状態のあまりよくないものであれば500円ほどから1000円までです。程度のよいもの、未使用のものであれば1000円以上の金額になります、状態のよいものでセットになったものであれば1万円になることも期待できます。 yahooオークションだと、入札はないですが未使用25枚セットで35000円でした。

7. 日華事変軍票 丁号券についてのまとめ

さまざまなシリーズっで発行された日華事変軍票の中でも中国風のデザインということで大変ユニークです。人気のある軍票ですが、売却をお考えのときにはそのときどきの相場に詳しい古銭専門の業者に買取を依頼されるとよいでしょう。