[新国立銀行券]水平1円(しんこくりつぎんこうけん すいへい1えん )を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 水平1円を売りたいお客様へ

殖産興業を目指していく意図のこめられたかじやが描かれた5円札と共に発行された1円紙幣です。描かれているのは水平で、これは富国強兵を意味するモチーフとされています。かじや5円と同じくコレクターの間で非常に人気がある紙幣で、旧国立銀行券は兌換紙幣から不換紙幣になっているという点からも歴史的に価値あるものです。

2. 水平1円についての解説

明治11年(1878年)に各地にある国立銀行が発行した1円札です。表面に富国強兵の施策が表現されているのが大きな特徴で、船の舵をとりながら遠く海外を見ている意気揚々とした二人の水平が描かれています。裏面はエビスで、通しの数字は漢数字です。洋式印刷を用いて国内で印刷されたものという特徴もあります。

3. 水平1円の歴史

本位貨幣との交換が保証されている兌換紙幣ではなく不換紙幣であるというのが大きな特徴ですが、これは1876年(明治11年)に国立銀行条例が改正され、不換紙幣の発行が認められたことによります。それまでのものは旧国立銀行券とよばれ、水平1円については新国立銀行券と区別されています。近代国家として列強諸国に追いつき追い越せという明治政府の気概が表れた紙幣です。

4. 水平1円の希少価値

枚数的に少なく、また明治時代の日本をうかがいしれる紙幣として、コレクターの間でも人気の高い紙幣です。かじや5円とともに非常に高額で取引される可能性があります。

5. 水平1円の買取査定ポイント

どれくらい傷んでいるかによって査定は大きく変わります。未使用のものであれば一番よいですが、そうでない標準的な傷み具合のものでも十分高い査定が期待できる紙幣です。
  • 破れや折り目の少ない美品かどうか
  • 未使用か

6. 水平1円の取引相場価格

未使用であれば、100万円をこえることもありうるもので、美品であれば数十万円以上、そうでなくても10万円を超えることが期待できます。れば数十万円になることもおおいにある貴重な紙幣です。かなり傷んでいると思われるものでも予想以上の価格になることもあります。 現在、yahooオークションでの出品はありませんでしたので、一般的には流通しない古銭と思われます。

7. 水平1円についてのまとめ

明治時代の空気が伝わるようでコレクターに人気の紙幣です。売却をお考えのときには慎重に進めるとよいでしょう。数十万円という高額で取引されることもあるので、信用のおける鑑定士による鑑定を受け、古銭のマーケットをよく知る買取業者に持ち込むことをおすすめします。