昭和政府紙幣(しょうわせいふしへい )を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 昭和政府紙幣を売りたいお客様へ

昭和の時代、戦前から戦後にかけて、政府から発行された紙幣は50銭貨幣の代わりでした。銀の高騰、銀の不足などの理由から補助的に政府から発行されたものです。当時の歴史をうかがい知る歴史的にも貴重な紙幣です。

2. 昭和政府紙幣についての解説

年代別に挙げると、それぞれの表面の絵柄によって富士山、靖国神社、板垣退助の3種があります。サイズはおおまかには、縦65mm、横105mmです。昭和13年(1938年)に発行された富士山、昭和17年(1942年)と昭和21年(1946年)に発行された靖国神社、昭和23年(1948年)に発行された板垣退助それぞれに発行するべき背景があります。

3. 昭和政府紙幣の歴史

富士山の紙幣については、日中戦争勃発のため戦略物資である銀を温存する目的で、50銭の政府紙幣が発行されました。皇国史観が盛んだった時代であったため、紀元二千五百九十八年という皇紀の年号が併記されています. 靖国神社の紙幣については、太平洋戦争勃発に伴って日本銀行券や軍用手票の増産の必要性がある状況の中で昭和政府紙幣も発行されました。印刷は民間の凸版印刷株式会社に委託されました。富士山のものとの違いは、記年号が復活されたため製造年号がわかることです。 戦後、軍が使っていた黄銅製の薬莢や弾帯からの黄銅を使って、1946年から造幣局は50銭黄銅貨を製造しました。これによって政府紙幣は製造されなくなりましたが、インフレーションの激しさからやむなくまた政府は50銭紙幣を発行することになりました。このときには発行元は「日本帝国政府紙幣」から「日本政府紙幣」になったことに戦後を感じさせます。

4. 昭和政府紙幣の希少価値

1953年に運用が廃止されるまで通用していたものなので、希少価値はあまり高くありません。が、状態によっては高めの査定になることもあります。

5. 昭和政府紙幣の買取査定ポイント

美品もしくは未使用品であるかどうかが査定のポイントです。今お持ちの場合はよい状態で保っておくよう保管方法に注意してください。
  • 状態のよいものか

6. 昭和政府紙幣の取引相場価格

一般的に美品といわれるものであれば1000円ほど、未使用品であれば3000円ほどといわれていますが、コレクターの人気の変化によって価格は上下することがあります。 yahooオークションだと、入札はないですが美品の靖国神社のものが5万円で数多く出ていました。

7. 昭和政府紙幣についてのまとめ

戦争の前後の経済状況によって発行された昭和政府紙幣はその頃の歴史を知るための貴重な資料として価値があり、日本銀行発行ではなく政府発行の紙幣だから集めたいという需要があります。売却をお考えのときは古銭を取り扱う専門の業者で、まずは査定を受けてみるとよいでしょう。