天保大判金(てんぽうおおばんきん)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. 天保大判金を売りたいお客様へ

江戸時代、享保大判金の次に発行された大判金が天保大判金です。品位が初期の慶長大判金の程度に戻った享保大判金よりもわずかに低い品位ですが、依然として貴金属としての価値は高いものなので大変貴重です。

2. 天保大判金についての解説

表面は「拾両後藤(花押)」と墨書されており、後藤四郎兵衛家十六代方乗、十七代典乗の書によるものです。上下左右には丸枠桐極印がそれぞれ一箇所、計四箇所打たれています。表面のたがね目がやや太までのしめに近くことと、極印の形状が違う点で享保大判と区別されています。 裏面中央には丸枠桐紋、亀甲桐紋、花押の極印に加え、左下に「方・次・丘」「伊・三・丘」「伊・文・丘」「伊・次・丘」「い・宇・川」「は・宇・川」の座人極印があります。

3. 天保大判金の歴史

天保9年に鋳造が開始され、発行されました。商人による退蔵が行われ、流通する大判が不足したことから高騰していた相場が天保大判の発行によって落ち着いたといわれています。品位は先の享保大判とほぼ同じものです。大判座の財政難対策の意味合いもありました。通用期間は天保9年(1838年)から万延元年(1860年)で、享保大判と並行して流通していました。

4. 天保大判金の希少価値

座人極印によっての鋳造枚数が記録に残っており、合計の発行枚数がわずかに1887枚です。非常に高い希少性があり、本物が市場に出回ることはないとされています。

5. 天保大判金の査定ポイント

古銭の場合、状態のよいものであることはいつでも重要ですが、この天保大判金については希少性が高いので、市場に出回るものの多くは偽物であることが多いものです。造りが精工であっても重量を測ると本物ではないことがわかります。
  • 状態のよいものであるか
  • 本物であるか

6. 天保大判金の取引相場価格

現存する数の少なさから非常に高い相場で、500万円以上という相場も期待できます。品位が高く、金と銀の割合は67.4%と32.6%なので、貴金属としての価値も十分にあります。 現在、yahooオークションでの出品はありませんでしたので、一般的には流通しない古銭と思われます。

7. 天保大判金についてのまとめ

先の享保大判金と同程度の品位で、かつ発行枚数も少ない天保大判金です。非常に価値あるものですから市場に出回るものは偽物だろうとされることがほとんどです。本物の可能性があるのであれば、もちろん宅配査定ではなく、持込査定や出張査定を受け、金属割合が検出できる古銭専門の業者で鑑定を受けられるとよいでしょう。