[在日米軍軍票]B20円券(ざいにちべいぐんぐんひょう びーにじゅうえんけん)を高価買取!古銭の査定ポイントを徹底解説!

1. B20円券を売りたいお客様へ

在日米軍が使用していた紙幣です。沖縄でごく短期間使用されていたといわれています。外国発行の軍票が法定通貨となった唯一のものという希少性があり、コレクターの間で注目されています。

2. B20円券についての解説

太平洋戦争の敗戦後、連合軍総司令部であるGHQによって発行された軍票です。軍票というのは戦争時に、占領地もしくは勢力下にて現地からの物資調達やその他の支払いのために発行される疑似紙幣です。最終的には軍が所属する政府が支払いの義務を負いますが、反故にされる場合もあります。自国の経済への影響を与えない方法として有効であったを考えられています。 B20円券は1945年から3年ほどの短い期間に通用していたものですが、沖縄では1958年まで使われていました。「貳拾圓」といった文字が表面に描かれてはいるもののその他のデザインはアメリカの通貨そのもので、サイズは縦66mm、横155㎜でした。裏面には「軍事布告につき発行す」と書かれていました。

3. B20円券の歴史

太平洋戦争で敗戦国となった日本は、戦後さまざまなことに対しGHQの許可が必要となりました。たとえば、靖国神社を描いた切手は国家神道に関連するということで使用禁止になりました。またこの頃発行を申請したA号500円券は菩薩像でしたが、新紙幣発行はGHQによって拒否されました。そういった状況下で外国製ながら初めて法定通貨となったのがB20円券です。占領下にあった沖縄では1958年までという13年もの長い間通用していました。

4. B20円券の希少価値

同じように使われていた米軍の軍票にA1円券があります。比較すれば、B20円券の方がコレクターの間で人気があるといわれています。

5. B20円券の買取査定ポイント

状態がよいものであるかどうかが査定価格を左右します。状態のよいものであれば1万円を超える可能性もあります。
  • 状態のよいものか

6. B20円券の取引相場価格

一般的には数千円で取引されますが、状態によっては万を超える査定になることもあります。もしお持ちであれば湿気や光などに留意し保存状態に気をつけ、よい状態を保っておくよう注意しましょう。 現在、yahooオークションでの出品はありませんでしたので、一般的には流通しない古銭と思われます。

7. B20円券についてのまとめ

B20円券は、日本がGHQの占領下にあったということがわかる歴史的に貴重な資料としてのB20円券を手に入れたがるコレクターの間で人気のある紙幣です。売却をお考えのときは古銭専門の業者で鑑定を受け、期待した以上の額になるか査定してもらうとよいでしょう。