滋賀県で骨董品・美術品の買取なら「骨董品・美術品の買取コネクト」にお任せ!

1.滋賀県で骨董品を売りたいお客様へ

「信楽焼」に代表される陶芸や、仏壇などの木工芸など伝統工芸が盛んな滋賀県。それだけに良いものがたくさん眠っている土地がらではないでしょうか? 例えば古谷道生や辻村史郎、高橋光三といった信楽焼の作家物はもちろん、無銘でも江戸期に使われていたような古いもの。これらは美術品として、骨董品として非常に高い価値があります。もしも物置などから古い壺が出てきたとか、そんな場合はぜひ「骨董品・美術品買取コネクト」にご連絡ください。もちろん焼物だけではありません。鉄瓶や銀瓶といった茶道具、根付やキセルといった金工細工、古い書物など、これらの品は価値がわからず、おざなりにされているというケースも多いもの。ぜひ「骨董品・美術品買取コネクト」にご相談ください。
そして、滋賀県は数多くのゆかりの画家を輩出しています。小倉遊亀や野口謙蔵らが手がけた掛け軸など、お家にありませんか? これら美術品の買取も「骨董品・美術品買取コネクト」が得意とするところ。私たちならではの販路を活用しますから、他のお店と差がつく買取価格をご提示。きっと喜んでいただける結果となるに違いありません。
加えて、忘れてはならないのが西洋の骨董や美術品たち。これらの買取りも「骨董品・美術品買取コネクト」は大得意としておりますから、一度お気軽にお声掛けください。

2.骨董品・美術品買取コネクトの強み

  • 董品買取業者の評価を厳しくチェック
    行き過ぎた営業や、取引へのクレームなど、お客様からの評価が悪い骨董品買取業者は、骨董品・美術品買取コネクトが適切な調査を行います。優良店として認められない場合は当サイトの登録を解除するなど、厳しいチェック体制を整えています。
    董品買取業者の評価を厳しくチェック
  • 出張買取も対応可能
    骨董品・美術品買取コネクトでは、出張での買取も対応しています。
    電話・メールで、骨董品・美術品の情報をお聞かせいただければ、ご依頼内容に合わせた専門業者をお手配いたします。
    出張買取も対応可能
  • メールやLINEでのオンライン査定
    メールやLINEにて写真や、骨董品・美術品の情報をお送りいただければ、そちらを元に専門業者に骨董品・美術品買取コネクトから一括で査定を依頼いたします。
    メールやLINEでのオンライン査定

3.ご利用の流れ

買取に出したい品物の写真を専用のメールフォームにて情報で送っていただければ、後は担当者にお任せください。各買取業者一括査定をする事ができますので、一番高い査定金額にて買取をして頂く事ができます。

査定を依頼する

査定を依頼する

60秒で依頼完了!
簡単一括査定フォームに最小限の情報を記入し写真を送信ていただきます。
ご利用の流れ
買取業者を比較

買取業者を比較

買取業者を比較。各買取業者とやりとりをして頂き、査定額を比較してご検討ください。
ご利用の流れ
買取業者を決定

買取業者を決定

査定業者を選定し、詳細を相談して買取完了となります。もちろん当サイト利用料は無料です。

4.滋賀県に関連する美術作家・人物

名前:井関 家重

出身地:滋賀県長浜市

江戸時代初期の能面師。
井関家は代々、能面師の家系で家重はその4代目に当たります。幼いころからたずさわってきた能面彫刻の腕前が評価され「天下一」と評されるにいたり、自身の作品に「天下一河内」の焼印を用いています。後に腕前を買われて、徳川将軍家に仕えるまでになりました。井関の作風の特徴は彩色に刷毛ではなく、布を用いること。その柔らかな雰囲気は「河内彩色」と呼ばれ、現在も高く評価されています。弟子には大宮大和など多数。

名前:初代・藤岡 和泉

出身地:滋賀県長浜市

江戸時代前期に活躍した彫刻師。
同郷の能面師・井関家重が彫刻の師匠。名前の「和泉」は小谷村上山田・和泉神社の造営で藤岡が制作した社殿の彫刻が見事だったからという逸話があります。中でも蓮の彫刻に優れており、仏壇の彫刻でも大評判を得た結果、今日の長浜仏壇の創始者となりました。金箔を余り使わず、ヒノキやケヤキを多用するという特徴がある長浜仏壇は、藤岡の子孫に代々受け継がれ、彼らも藤岡和泉を名乗りました。

名前:山田 良定

出身地:滋賀県東近江市

昭和から平成期に活躍した彫刻家。
滋賀大学を1954年に卒業、日展理事長を務めるようになる彫刻家・富永直樹に師事すると、1963年に日展に初入選。1975年からは連続して特選を受賞して、彫刻界で名を成しました。1990年には「秋・ふたり」で文部大臣賞、1999年には「開幕の刻」で芸術院賞を受賞しています。一方で石山高校や滋賀大で教鞭をとり、大津市公民館の児童美術教室では子どもの指導もおこないました。2002年に死去。

名前:山本恪二

出身地:滋賀県

昭和から平成期にかけて活躍した彫刻家。
子どものころにギリシャ彫刻の写真を目にして彫刻家を志すと、1933年に東京美術学校に入学、大戦後は帰郷し、1947年から京都美術専門学校や大手前大学などで彫刻を教えました。その一方で1958年からは、パリのエコール・デ・ボザールへ留学、彫刻の研究にはげんでいます。2000年に死去。代表作には滋賀県犬上郡甲良町の「甲良豊後守宗広像」や蒲生郡日野町の「野崎忠左衛門像」など。

名前:長曽禰 興里

出身地:滋賀県

自身の号である「虎徹」で知られる刀工。
滋賀県発生の長曽禰氏は元は甲冑を手がけていましたが、長曽禰興里の代になって江戸へ移住、刀工となり名をとどろかせました。しかし、そのころすでに50歳を過ぎていたとされていますから、作刀期間は20年程度ながらも、土佐山内氏や尾張徳川氏など大名が所蔵した名品が多いことでも有名です。また新撰組・近藤勇や勝海舟らも虎徹を帯びていたことで知られており、現代でも非常に人気が高い刀工です。

名前:小倉 遊亀

出身地:滋賀県大津市

20世紀を通じて活躍した日本画家。
滋賀県立大津高等女学校を経て、奈良女子高等師範を1917年に卒業。教職にたずさわるかたわら、歴史画の大家・安田靫彦に入門し、日本画を学びました。1926年には院展に「胡瓜」で入選、1932年には日本美術院の同人となりますが、これは女性では初という快挙でした。後に文化功労者、文化勲章受章。上村松園と並び、日本を代表する女性画家と評されています。2000年、105歳で死去。

名前:野口 謙蔵

出身地:滋賀県近江市

昭和の初期に活躍した洋画家。
芸術家の家系に生まれ、子どものころから絵が達者だった野口は、1919年、東京美学校に入学、黒田清輝や和田英作に師事。絵のさらなる研鑽を目指して帰郷し、1928年の帝展で初入選するとその後、特選に連続して入賞するまでになります。文展や東光会などの展覧会にも出品を続けましたが、1944年、43歳で死去。故郷の近江で、生涯制作を続けたことから風土派とも称されています。

名前:日下部 鳴鶴

出身地:滋賀県彦根市

江戸から大正期にかけて活躍した書家。
20代のころに貫名菘翁の書に惚れ込んで、書道をこころざします。明治になった当初は太政官に務めていましたが、後に退官、書道のみに打ち込み始めました。40代のころには清朝末期の学者・楊守敬の下で碑学六朝書、篆隷の研究おこない、これらをベースに独自の書風を完成。数多くの弟子の育成にもはげみました。主な弟子として井原雲涯や丹羽海鶴、岩田鶴皐、近藤雪竹の「鶴門四天王」があげられます。

名前:志村 ふくみ

出身地:滋賀県近江八幡市

1942年に文化学院を卒業、母親の影響で織物を始め、1957年には日本伝統工芸展で初出展にもかかわらず入選。後に入選を重ねて名声を確立、紬織りを芸術の域までに高めたとの評価を得ています。1990年には重要無形文化財保持者、2015年には文化勲章を受章、京都市名誉市民にもなる一方で、体験工房の「アルス・シムラ」の経営もおこなっています。エッセイストとしても優れており大佛次郎賞も受賞。京都で創作活動に打ち込んでいます。

名前:ヒロ・ヤマガタ

出身地:滋賀県米原市

小学生のころから特別授業を受けるほどに絵に熱中、滋賀県立米原高等学校で日本画家・椙村睦親に師事、卒業後上京し広告会社でデザインやイラストを手がけるようになりました。1972年にパリ渡り個展を開催するなど画家として活動するようになり、1978年からはロサンゼルスの画廊と契約しアメリカへ移住。緻密でカラフルな独特の画風のシルクスクリーンで一世を風靡してからの活躍はご存知の通りです。近年ではレーザーなどを用いた大規模な現代芸術を手がけています。

5.滋賀県で買取されたお客様の感想

お客様住所:滋賀県大津市

品名:岡本太郎 「太陽の顔」信楽焼

1970年の大阪万博を記念して岡本太郎が手掛けた作品です。購入した当時、結構な価格を払ったおぼえがあるのですが、それを上回る価格で「骨董品・美術品買取コネクト」さんが買取ってくれました。最近の若い人たちの間で岡本太郎がちょっとしたブームになっているとか、そのおかげで満足がいく査定結果が出たのですね。連絡から訪問までもスピーディ、査定中の態度も非常によく、この人にならおまかせできると直感できるものでした。

お客様住所:滋賀県米原市

品名:小倉遊亀 「花と皿」リトグラフ

新築した家の玄関に飾りたいと購入した同郷の画家・小倉先生のリトグラフを「骨董品・美術品買取コネクト」にお譲りしました。リトグラフとは言えど、作者の筆使いが感じられるような品で非常に気に入ったていたのですが、思わぬ買取価格を提示してくれたのでその場で売却を決意したのです。そろそろ玄関に別のものを飾りたいなと思っていた、というのも良かったのかもしれません。買取ってくれたお金を元手に、次は焼物でも狙おうかと思っています。

お客様住所:滋賀県長浜市

品名:石黒光南 「玉霰打湯沸・茶托」セット

煎茶を楽しんでいた曽祖父のコレクションを「骨董品・美術品買取コネクト」さんにお願いしました。純銀製と刻印がありますし、重量もかなりのものでしたから、結構な値段になるとは予想していましたが、それを遥かに上回る買取金額に驚かされました。「骨董品・美術品買取コネクト」さんによると、ここ数年、銀瓶の価格が上昇しているとの話。何もわからない私たちに、丁寧に説明をしてくださった上に、正直な価格で買取っていただき、感謝しています。

6.滋賀の人気の美術館

名前:佐川美術館

場所:滋賀県守山市水保町北川2891

佐川急便が会社の創設40周年を記念して創設したのが「佐川美術館」。妻屋根をモダンにアレンジした建物を人工池に配した外観が特徴的な私立の美術館です。
コレクションの中心は日本画家・平山郁夫と彫刻家・佐藤忠良の作品たちで、それぞれ展示室を設けて常設するほどの力の入れよう。平山ならば「楼蘭の朝」「平和の祈り サラエボ戦跡」、佐藤ならば「スイス帽の未菜」、「ボタン」といった作品が見どころとなるでしょう。15代目・樂吉左衛門の「樂焼」を展示するための新館も好評、ここでは「焼貫黒樂茶碗 銘 篠舟」といった作品を目近にすることができます。
また、平安時代に造られたという貴重な梵鐘も展示されており、こちらは国宝にも指定されています。

名前:滋賀県立近代美術館

場所:滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1

現在、2020年のオープンを目指して、大リニューアル工事中なのは「滋賀県立近代美術館」。滋賀県立図書館や滋賀県立埋蔵文化財センターなどと並び「びわこ文化公園」の中核をなす美術館で下村観山や菱田春草、速水御舟、小倉遊亀といった、近代日本画を代表する作家たちの作品や、マティスやピカソ、アンディ・ウォーホルなど著名な現代美術の作品が収蔵されています。
現在は新館の建設などを実施中なのですが、こちらの設計を担当しているのは、妹島和世と西沢立衛の2人を中心とするユニット「SANAA」。金沢21世紀美術館も手掛けたことで名高い建築家たちが手がける新生・滋賀近代美術館、今から完成が楽しみなもの。心して待ちましょう。

名前:MIHO MUSEUM

場所:滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300

紀元前に手がけられた古代エジプトの彫刻や、メソポタミア文明由来のレリーフ、平安時代や鎌倉時代の木造で重要文化財に指定されているもの。これら貴重な文化財や美術品を一堂に会しているのが「MIHO MUSEUM」。
信楽の山中に桃源郷をイメージしてオープンしたのは1997年、全体の80%が地下にあるという特異な建物、中でもレセプション棟から展示棟へと続くトンネルは訪れる人に強烈な印象を与えています。
聞くところによると、この美術館に集められたコレクションは総額で数100億円にものぼるとか。私立の美術館の中でも有数の規模と内容となっていますから、ぜひ立ち寄ってみたいものです。

7.滋賀県の出張買取エリア

大津市 / 彦根市 / 長浜市 / 近江八幡市 / 草津市 / 守山市 / 栗東市 / 甲賀市 / 野洲市 / 湖南市 / 高島市 / 東近江市 / 米原市 / 日野町 / 竜王町 / 愛荘町 / 豊郷町 / 甲良町 / 多賀町 /