煙草盆(たばこぼん)を高価買取!茶道具の査定ポイントを徹底解説!

1.煙草盆を売りたいお客様へ

茶道の道具の中でも異彩を放ち、歴史を感じることができるのが煙草盆です。煙管(キセル)を吸うための道具一式がまとめられた道具で、取手のついた引き出しの形や、お盆に手提げのついたもの、小さなタンスのような形をしています。煙草盆は骨董品として人気が高く、高値がつきやすい茶道具です。査定ポイントをまとめましたので、ご自宅に煙草盆をお持ちの方はご参考にされてください。

2.煙草盆についての解説

茶道具の煙草盆は、喫煙に必要な火入れ、灰落とし(灰皿のようなもの)タバコ入れ、煙管(キセル)などを一つにまとめたものです。盆型以外に様々なバリエーションがあり、装飾性に優れた蒔絵を施すなど意匠が凝らされているのが特徴です。基本的に、大名好みのものが、飾り金具、蒔絵、透し彫り唐木彫りなどを施したもので、茶人好みは桐や桑の木製で質素なものが多いのが特徴です。

3.煙草盆の歴史

煙草盆は利休の時代には使用されておらず、その後江戸時代から使われるようになったと言われています。江戸時代後期には手提げ煙草盆として、お盆に道具をのせ、それに手提げがついている形が一般的でした。そこから派生して、風覆いがつけられたタンス式のものや、蒔絵が施された優美なもの、四方から利用できるように火入れが回転するように出来ているものなどと進化していきました。

4.煙草盆の代表作

  • 桑寄木飾煙草盆 昭和35年 長谷部冨山作 高岡市美術館
  • 牡丹蒔絵煙草盆 江戸?明治 木製漆喰 東京富士美術館

5. 煙草盆の買取査定ポイント

  • 一式が揃っていること
  • 漆の場合金蒔絵が施されていると高評価
  • 純銀など素材の価値がある場合も高額査定
  • 天皇家・徳川家の家紋などがあるものは超高額査定の可能性あり
  • 汚れ・ホコリ・欠け・割れなどがないか
  • 状態が美しいものの方が価値が高い
  • 作者が分かっていると高評価

6.煙草盆の取引相場価格

煙草盆の取引相場価格の平均は数万円程度ですが、中には驚くほどの高額で取引されている煙草盆があります。100万円を優に超えるものの特徴としては、天皇家の菊の御紋や徳川家の葵の御紋など、高雅な歴史を持つものです。そのほかに一般的な煙草盆としては木製のシンプルなトレイ、お盆、箱に10?20万円の査定がつくのも珍しくありません。お手元のタバコ盆の価値を確認するためにもしっかりとした鑑定眼を持った骨董店に査定を依頼するのが大切です。

7.煙草盆の買取についてのまとめ

タバコ盆は、茶道の文化の中でも異彩を放つ歴史を感じる一品です。大名好みの豪華絢爛なもの、茶人好みの質素でわびさびを重んじたものの両極端のものがありますが、どちらにしても高額査定がつきやすいものですので、ご自宅に不要なお煙草盆をお持ちの方はぜひ査定に出されてみてはいかがでしょうか。