グレンフィディックを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.グレンフィディックを売りたいお客様へ

グレンフィディックはスコッチウイスキーの一つで、スコッチの入門用として親しまれています。熟成期間が12年~50年と非常に幅広く、様々な味わいを楽しめるのが魅力です。ウイスキーに慣れていなくても飲みやすい銘柄であり、ブレンデッドウイスキーの原酒にも使われています。手頃な価格で買えることから、日本でもファンが多いウイスキーです。

2.グレンフィディックについての解説

グレンフィディックは知名度が高く、シングルモルトの世界シェア3割以上の実績を持っています。世界的な支持を得ているウイスキーでもあり、各コンペティションでの評価も高くなっています。映画などでも登場しており、登場人物が愛飲する姿も見られます。

3.グレンフィディックの歴史

グレンフィディックを製造するグレンフィディック蒸留所は1886年に創業した老舗です。グレンフィディックはウイスキー受難の時代であった1963年に誕生しました。当時はシングルモルトに対する批判が多かったものの、味と飲み口が大ヒットし、現在は100カ国以上へ輸出されています。

4.グレンフィディックの代表的な銘柄

グレンフィディックの定番銘柄とも言えるのが「12年」です。最も熟成期間が短いウイスキーですが、一番売れている銘柄であり、飲みやすさに関しては一番で、軽くてフルーティな味わいが人気を呼んでいます。価格も手頃です。 「15年・ソレラリザーブ」も人気銘柄と言えます。12年よりもマイルドな味に仕上がっており、若干スパイシーながらも甘さに深みが増しています。

5.グレンフィディックの買取査定ポイント

グレンフィディックの買取価格に影響するポイントは、年数と目減り状況、容器の汚れやヒビです。グレンフィディックは熟成年数により買取相場が異なるため、最も重要な要素と言えます。ただし、目減りがあると買取不可となるほか、容器が汚れていたり、ヒビが入っていると買取価格が大幅にダウンします。
  • 年数(銘柄)
  • お酒の目減りは無いか
  • 容器に汚れやヒビは無いか

6.グレンフィディックの取引相場価格

グレンフィディックの買取相場は、銘柄により数百円から数十万円まで変わります。12年や「ピュアモルト」など、熟成年数が短いものは数百円台に留まっており、高値は期待できません。ただし、「15年」・「18年」で千数百円台にアップします。 最も高いのは「50年」です。オークションでも80万円前後の値で売れる可能性があり、グレンフィディックの中でも買取相場が一段違います。また、35年以上の銘柄も10万円以上の相場が付いています。ただし、熟成年数が短くても「21年・ウェッジウッドボトル」のように1万円以上の価格が期待できる銘柄もあります。

7.グレンフィディックの買取についてのまとめ

1963年に誕生したグレンフィディックは、発売以降徐々にシェアを伸ばしてきました。現在は世界中で圧倒的なシェアを占めており、定番かつ人気の高いスコッチウイスキーになっています。買取相場も一部は高騰しており、30年以上の銘柄なら高値が期待できます。10万円以上で売れる銘柄もありますので、査定してもらう価値が高いウイスキーと言えるでしょう。