ハイランドパークを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.ハイランドパークを売りたいお客様へ

ハイランドパークは、スコットランドのオークニー諸島で作られているウイスキーです。芳香さと甘みの絶妙なバランスが特徴で、その中にスモーキーな余韻を感じられる味わいは、評論家の間でも高く評価されるほどです。食中酒にも最適ですが、熟成期間が長い銘柄に関してはプレミアが付いており、入手の困難性と相まって高値で取引されています。

2.ハイランドパークについての解説

ハイランドパークは昔ながらの製法を守り続けているウイスキーです。その独特の風味や味わいを出すためにシェリー樽を使って作られています。熟成期間は12年~50年ですが、特に50年物はめったに手に入らず、買取相場も高くなっています。

3.ハイランドパークの歴史

ハイランドパークを製造する蒸留所は1798年に作られました。以来200年以上ずっと同じ場所でウイスキーを作っており、伝統の製法を守り続けています。製造には、ウイスキーに適さない硬水をあえて使っていますが、そこから生み出される味わいは多くの人々に評価されています。

4.ハイランドパークの代表的な銘柄

様々な銘柄があるハイランドパークですが、一番有名なものは「12年・ヴァイキング・オナー」です。かつてスコットランドを支配していたヴァイキングの名が冠されており、軽い口当たりと強い香りが特徴となっています。特に同銘柄は価格も4千円程度と手頃です。他の銘柄と比べても価格が抑えられているため、最も飲まれている銘柄とも言えるでしょう。

5.ハイランドパークの買取査定ポイント

ハイランドパークの買取価格を分ける点は、ボトルのコンディションと年数にあります。ボトルにヒビや割れ目があると買取価格が付かず、汚れもマイナス査定となります。また、年数が長いほど査定額もアップしますが、付属品が揃っていると買取上限まで届く場合もあります。
  • ボトルのコンディション
  • 年数
  • 箱など付属品があると高く売れる

6.ハイランドパークの取引相場価格

ハイランドパークは買取相場も高騰しているウイスキーの一つです。希少性の高さが理由と考えられますが、熟成年数が長い銘柄は数万円以上の買取も珍しくありません。特に高値を期待できる銘柄は「30年」で、5~6万円ほどの相場となっています。ハイランドパークの中では特に高値取引されており、他と比べても頭一つ抜けています。 また、「25年」も高値買取されている銘柄で、相場は2万円前後です。30年ほどではありませんが、1万円以上の値が付くプレミアウイスキーのため、売る価値が高い銘柄と言えます。

7.ハイランドパークの買取についてのまとめ

1798年より200年以上作り続けられているハイランドパークは、評論家に高く評価される風味が魅力のウイスキーです。その評価は買取価格にも現れており、大半の相場が高値になっています。ただし、付属品の紛失や中身の劣化などにより、買取価格が下がる可能性はあります。逆に付属品があり、状態良好のハイランドパークなら、高価買取も期待できるでしょう。