響を高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.響を売りたいお客様へ

響は、サントリーホールディングスが製造する日本のウイスキーです。現在は日本だけでなく、世界的にも人気が高いウイスキーであり、年々希少性が高まっています。販売価格が定価以上に高騰しているケースも珍しくありません。このため買取業者の間でも相場が高まっており、ボトルや熟成などのコンディション次第では、相場以上の高値買取が期待できます。

2.響についての解説

響はサントリーが製造するウイスキーのうちの一つで、12年~35年のほか、数種類の銘柄が販売されています。様々な賞を受賞しているうえ、癖がほとんど無く飲みやすいと評判であり、特に「12年」はウイスキーの入門向けとも言えます。

3.響の歴史

響は1989年に当時のサントリーから「17年」が発売されました。長期熟成のモルトなど数十種類がブレンドされ、同社の創業90年に合わせて作られました。その後は「12年」を始め、年代とともに様々な銘柄が誕生しています。

4.響の代表的な銘柄

響を代表する銘柄は「17年」です。響の中でも一番人気が高く、買取価格も非常に高い銘柄の一つで、世界的に有名な銘柄となっています。その人気の高まりから販売価格も高騰しており、定価での入手はまず困難です。また、「12年」も定番銘柄の一つです。非常に飲みやすくシンプルな味わいが特徴で、特に入門用として人気が高まっています。

5.響の買取査定ポイント

響の買取に影響するポイントは、化粧箱など付属品の有無と、ボトルやラベルの状態です。これらは買取価格を上下させる要因となるため、付属品は全て揃え、ボトルなどは汚れを拭き取っておきましょう。なお、響はどの銘柄も高騰しており、買取上限額は高くなっています。
  • 化粧箱などの有無
  • 状態の良し悪し
  • どの銘柄も高値が付きやすい

6.響の取引相場価格

響はネットのオークションでも高値で取引されています。大半の銘柄が1万円を超えており、現行ボトルの「12年」でも2万円程度の買取価格が期待できます。また、「17年」で約3万円、「21年」なら約5万円で取引されています。 これら以上に高値が期待できるものは「30年」と「35年」の各銘柄です。最低でも30万円程度、高いものなら100万円以上の値が付いています。状態が悪いと買取価格は下がりますが、プレミアが付いているため高値に変わりはありません。

7.響の買取についてのまとめ

サントリーが製造する響は、現在人気が高まっており、日本を代表するウイスキーにも数えられています。このため価格も定価の数倍に高騰しており、銘柄を問わず高値で売却できるのが魅力です。ボトルのコンディションなども影響しますが、売る価値が高いウイスキーと言えます。もし眠らせている響があるなら査定を受けてみましょう。