ニッカウイスキーを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.ニッカウイスキーを売りたいお客様へ

ニッカウイスキーは、様々なお酒を作り出しているメーカーです。現在はアサヒビールの子会社で、同社が販売を行っていますが、特にウイスキーの製造に力を入れており、生み出される銘柄の多くに熱烈なファンがいます。ウイスキーでは、「竹鶴」や「余市」などの高価格な定番銘柄のほか、「ブラックニッカ」のような低価格な銘柄も製造しています。

2.ニッカウイスキーについての解説

ニッカウイスキーが生み出すウイスキーは飲みやすさが評判です。ウイスキーの絶妙な甘みと、癖のない香りのバランスが取れており、どの銘柄も初心者向きに仕上がっています。様々な賞も受賞しており、世界的な評価を得ているのも特徴です。

3.ニッカウイスキーの歴史

ニッカウイスキーは、竹鶴政孝氏によって北海道の余市で誕生しました。社名は当時販売されていたジュースの「日果」をカタカナ表記したものから取られています。1940年にウイスキーの製造が始まり、以後は規模を拡大しながら多くの銘柄を生み出しています。

4.ニッカウイスキーの代表的な銘柄

ニッカウイスキーを代表する銘柄は「竹鶴」と「余市」の2つです。いずれもニッカウイスキーを代表する銘柄であり、ISCの賞を受賞するなど、海外でも高い評価をされています。また、ヒゲのラベルで親しまれている「ブラックニッカ」の定番です。スーパーやコンビニなどでも買える手軽さと、クリアな飲みやすさが魅力で、特にウイスキーの入門向けとして人気がある銘柄です。

5.ニッカウイスキーの買取査定ポイント

ニッカウイスキーのウイスキーの買取で重要なポイントは、種類とボトルのサイズ、コンディションの有無です。特に銘柄は重要性が高く、買取相場が異なるので注意しましょう。また、コンディションも買取価格に影響します。汚れが目立つ場合、値が大きく下がるのでボトルを掃除しておきましょう。
  • 種類次第で価格が変動
  • ボトルのサイズ
  • コンディション

6.ニッカウイスキーの取引相場価格

ニッカウイスキーの買取相場は銘柄によりけりです。例えば「竹鶴」や「余市」各銘柄は数千円~数万円と非常に幅広く、一部は希少性の高さからプレミアが付いています。一方で、「ブラックニッカ」のような低価格銘柄は非常に安く、買取価格には期待できません。 なお、80年記念に販売された「ザ・ニッカ・40年」のように、買取やオークションで数十万円を超える銘柄も多数あります。「余市・20年」や「竹鶴・35年」など、熟成年数が長い銘柄は高額になるため、査定を受けてみると良いでしょう。

7.ニッカウイスキーの買取についてのまとめ

様々なウイスキーを製造し、海外でも評価されているニッカウイスキーは、一部の銘柄を除いて販売・買取価格が高騰しています。世界的なウイスキーブームと原酒不足が背景にありますが、1万円以上の価格で売れる銘柄も少なくありません。特にボトルの状態が綺麗で目減りしておらず、更に付属品が揃っているものは、銘柄を問わず高値が期待できます。