ポートエレンを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.ポートエレンを売りたいお客様へ

ポートエレンは、幻とも評されるスコッチウイスキーです。数十年に渡って蒸留所が閉鎖されていましたが、2017年に製造の再開が発表されています。しかし、ポートエレンは希少性が非常に高いウイスキーの一つで、どの銘柄も販売・買取価格が高騰しています。一部の銘柄については10万円以上のプレミアが付いており、希少性とニーズの高さも伺えます。

2.ポートエレンについての解説

ポートエレンは琥珀のような色合いと、マイルドで柔らかい飲み口が特徴です。香りはレモンや柑橘系が強くなっており、フレッシュでスパイシーな風味を楽しめます。銘柄は数種類販売されていますが、どれも希少価値が高くなっています。

3.ポートエレンの歴史

ポートエレンを製造する蒸留所は、1825年にアイラ島で創業されました。以来100年以上ウイスキーを製造していましたが、1929年~1966年の長期に渡り製造を停止しました。その後は再開するも、再び1983年に製造が完全停止されています。

4.ポートエレンの代表的な銘柄

ポートエレンは製造の終了から数十年が経過しており、現在出回っている銘柄はユナイテッド・ディスティラリーズ社(UD社)のものが主流です。いくつかある銘柄の中でも、特に定番とも言えるのは「24年・リミテッドエディション」で、数回に渡って販売されています。ただ、販売価格は数万円台になっており、気軽には手が出せないことが欠点と言えます。

5.ポートエレンの買取査定ポイント

業者がポートエレンを買取査定する上で重視しているのは、品質とボトルの状態です。特にポートエレンは製造から相当年数が経っているため、保管状態と品質は買取価格に大きく影響します。また、ボトルの汚れは価値が下がるほか、割れや欠けがあるものは値が付きません。なお、どの銘柄も相場が高騰しているため高値が期待できます。
  • ウイスキーの品質(保管状態)
  • 汚れや割れ・欠けの有無
  • どの銘柄も買取相場は高い

6.ポートエレンの取引相場価格

ポートエレンは軒並み高騰していますが、特に高値がついている銘柄は「22年オフィシャル1979」です。コンディションが良ければ15万円前後の価値が見込めます。他にも、UD社が販売する「24年・2nd」も相場が高値になっており、10万円近い買取価格になっています。 他の銘柄は少々値が下がりますが、「17年」各種や「22年・レアモルトセレクション」などはオークションでも3~7万円の相場が付いています。他のウイスキーと比べ、高値での売却が期待できるでしょう。

7.ポートエレンの買取についてのまとめ

1983年に製造が完全停止されたポートエレンは、どの銘柄も希少価値があり、買取相場も高騰しているのが特徴です。もし未開封のものがあれば、業者の査定を受けてみるのも良いでしょう。ただし、2017年に製造再開が発表されたため、仮に再開された後は買取相場も影響を受けると考えられます。できれば早めに手放すことが望ましいでしょう。