ラガヴーリンを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.ラガヴーリンを売りたいお客様へ

ラガヴーリンは、スコットランドのアイラ島で作られているウイスキーです。「アイラの巨人」という別名もありますが、強い個性を持つスコッチウイスキーの一つで、情熱的でスモーキーな味わいとも評されており、圧倒的な知名度があります。銘柄はいくつかあるものの、熟成期間が短い8年でも比較的高価なため、買取でも高値が期待できるのが魅力です。

2.ラガヴーリンについての解説

ラガヴーリンはアイラモルト独特のスモーキーさを持ちます。強烈な風味も合わせ持っており、その独特さから根強いファンも多くいます。熟成年数によらず、どの銘柄も個性的な出来栄えが特徴で、最高峰のアイラモルトと言われています。

3.ラガヴーリンの歴史

ラガヴーリンを製造する蒸留所は1742年に設立されました。当初は違法状態の蒸留所でありましたが、1816年に2つの蒸留所が隣り合って稼働を始め、そのうちの一つがラガヴーリンと呼ばれるようになりました。これにより違法状態は解消され現在に至ります。

4.ラガヴーリンの代表的な銘柄

アイラモルトとして有名なラガヴーリンは、様々な銘柄が販売されています。その中でも、特に圧倒的な知名度を持つのが「16年」です。風味に独特の癖があるものの、それが高く評価されています。ラガヴーリンの中でも価格はリーズナブルで、手軽にスモーキーな味わいを楽しめます。日本でもファンが多いため、最も飲まれている銘柄と言えるでしょう。

5.ラガヴーリンの買取査定ポイント

ラガヴーリンの買取価格を分けるポイントが、容器の見た目や種類と熟成期間です。特に見た目が査定に与える影響は大きく、買取価格が下がる原因となります。また、種類により買取相場が変わりますが、良好に熟成されたものは付加価値が付きます。その他、付属品の有無も査定に影響するので注意しましょう。
  • 容器の見た目
  • 種類と熟成期間
  • 箱などの付属品の有無

6.ラガヴーリンの取引相場価格

ラガヴーリンの買取相場は、銘柄ごとの違いが大きくなっています。特に高値が期待できる銘柄は「12年・クリームラベル(旧ボトル)」です。買取相場は7万円台となっており、旧ボトルは希少価値が高いことからプレミアが付いています。 また、定番銘柄の「16年」も買取相場・オークション相場は高騰しており、箱付きのものであれば1万円以上の値が期待できます。中古ウイスキーの買取相場は全体的に高いため、他の銘柄に関しても、コンディション次第では高く売れる可能性があります。

7.ラガヴーリンの買取についてのまとめ

200年以上の歴史を持つラガヴーリンは、スモーキーで強烈かつ個性的な風味を持っています。しかし、癖がありながらも熱烈な支持を受けており、アイラモルトの中では特に人気が高めです。買取相場も安定しているうえ、旧ボトル品など一部は高値が付いています。プレミア価格になる可能性もあるため、飲まずに置いてあるラガヴーリンがあれば、業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。