シーバスリーガルを高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.シーバスリーガルを売りたいお客様へ

シーバスリーガルはスコッチウイスキーの一つで、現在200カ国以上で販売されています。ウイスキーに飲み慣れていない初心者でも飲みやすく、バニラやナッツの香りと軽い口当たりが楽しめます。世界で一番飲まれているとも言われており、コアなファンも少なくはありません。一部は買取価格も高くなっており、熟成状態次第ではプレミアが付く可能性があります。

2.シーバスリーガルについての解説

シーバスリーガルの熟成期間は12年~25年で、いずれもバニラフレーバーやリンゴ、ハチミツの香りを楽しめます。銘柄も多数販売されており、中には日本で限定販売されている銘柄もあります。どれも人気が高く、定番になっているスコッチウイスキーです。

3.シーバスリーガルの歴史

シーバスリーガルを製造するシーバス・ブラザーズ社は、1806年創業の老舗メーカーです。200年以上スコッチウイスキーを製造しており、圧倒的な世界シェアを占めています。現在は、戦後に購入した蒸留所で「12年」を始めとする複数の銘柄が作られています。

4.シーバスリーガルの代表的な銘柄

シーバスリーガルを代表する銘柄は「12年」です。シーバス・ブラザーズ社の主力製品にもなっており、世界で最も高いシェアを持ちます。ナッツの香りとまろやかな余韻がある銘柄で、ストレートから割物まで、様々な楽しみ方ができます。また、日本では「ミズナラ・12年」も定番です。日本限定販売の銘柄で、洋梨のような香りとなめらかな甘みが魅力となっています。

5.シーバスリーガルの買取査定ポイント

シーバスリーガルを査定してもらう上で重要なポイントが、ボトルの状態と付属アイテム、目減りの3つです。ボトルに汚れが無いかチェックし、付属アイテムは全て揃えた状態で売ることが望ましいでしょう。ただし、目減りがあると査定の段階で値が付きません。事前に目減りしていないか確認し、査定へ出すことをおすすめします。
  • ボトルに汚れは無いか
  • 付属アイテムを紛失していないか
  • ウイスキーの目減りは無いか

6.シーバスリーガルの取引相場価格

シーバスリーガルの買取相場は銘柄ごとに大きな違いがあります。最もポピュラーな「12年」は、元々の販売価格が安いため買取相場も数百円台です。残念ながら、単体ボトルでは高値も期待できません。シーバスリーガルは全体の相場も安くなっており、「18年」でも2千円前後が相場です。 しかし、「25年」に関しては一際高値がついており、7~8千円での買取も珍しくはありません。更に25年の中でも、「チェアマンリザーブ年」なら1万円以上の値が付く可能性もあります。

7.シーバスリーガルの買取についてのまとめ

200年以上の古い歴史を持つシーバスリーガルは、世界中で圧倒的なシェアを占めるスコッチウイスキーの代表格です。販売価格が手頃なためか、買取相場もさほど高くはありませんが、「25年」であれば高値が期待できます。また、それ以外の銘柄も、熟成が進んでいるなら高値が付く可能性があります。ずっと眠ったままのシーバスリーガルがあれば、査定を受けてみてはいかがでしょうか。