白州を高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.白州を売りたいお客様へ

白州はサントリースピリッツが製造する国産ウイスキーです。海外のウイスキーと比べると、歴史は非常に浅い銘柄ですが、ウイスキー需要の拡大に応じて年々人気が高まっており、現在は品薄状態のものもあります。それに合わせて一部は価格も高騰しています。高値買取も期待できるため、もしお持ちなら売却を検討してみると良いでしょう。

2.白州についての解説

白州は水のように飲みやすいと評判のウイスキーです。複数の原酒をブレンドしていますが、軽い口当たりで癖がいっさい無いため、初心者向きのウイスキーと言えるでしょう。ロックはもちろん、ソーダ割りやハイボールなど様々な飲み方を楽しめます。

3.白州の歴史

白州を製造している蒸留所は、サントリーの50周年を記念して1973年に設立されました。山崎蒸留所に次いで作られた蒸留所であり、現在は一部が工場見学用に開放されています。なお、ウイスキーの白州が誕生したのは1994年のことで、以降は「18年」・「25年」など複数の銘柄が作られています。

4.白州の代表的な銘柄

白州は複数の銘柄が販売されています。その中でも定番となっているのが、ノンエイジ表記の「白州」です。2012年に販売開始された新しい銘柄で、スモーキーな香りが残る味わいが魅力です。もう一つの定番銘柄が「12年」ですが、ISCの最優秀金賞など海外で数多くの賞を受賞しており、日本のみならず海外でも高い評価を得ています。

5.白州の買取査定ポイント

白州の買取価格は銘柄ごとに異なりますが、特に査定でチェックされるのが、ラベルの破れなどの有無と中身の状態です。中身が目減りしたものは価格が付かず、買取を断られるので注意しましょう。なお、一部の販売休止・終了銘柄は高騰しており、状態が良いと高く売れる可能性があります。
  • ラベルの破れなどの有無
  • 中身の目減りはないか
  • 販売休止・終了銘柄は高値が付く

6.白州の取引相場価格

白州の買取相場は最近高騰しています。ノンエイジの白州は3~5千円の価格で取引されているのですが、「12年」や「18年」は価格が非常に高くて、それぞれ2万円・5万円の値が付くこともあります。状態にもよりますが、プレミアが付いています。 最も高値が期待できるのは「25年」です。白州の中でも特に希少性が高くなっており、買取・オークションでも30万円以上で売却できる可能性もあります。状態が悪くとも高値が期待できます。

7.白州の買取についてのまとめ

1994年に誕生した白州は、現行品のノンエイジ銘柄でさえ数千円の値が付いています。他の銘柄は軒並み高騰しており、1万円以上での買取が当たり前の領域となっています。その分希少性も高いウイスキーと言えますが、ヴィンテージと熟成状態次第では10万円以上の価格で売却できます。数ある国産ウイスキーの中でも、特に高値が期待できるでしょう。