山崎を高価買取!ウィスキーの査定ポイントを徹底解説!

1.山崎を売りたいお客様へ

山崎はサントリーが製造するウイスキーです。響と並んでサントリーを代表するウイスキーであり、日本では古くから多くのファンがいます。また、現在は海外にも出荷されており、日本産の定番ウイスキーとして根強い人気があります。販売価格・買取価格が高騰しているのも特徴で、銘柄次第によってはプレミアが付き、高値での買取が期待できます。

2.山崎についての解説

山崎は蒸留所で作られる原酒のみをブレンドしているのが特徴です。現在では品薄状態も珍しくはなく、定価の数倍近い価格で売られている場合もあります。甘みと深みが同居した絶妙な味わいで、国産らしいスッキリとした飲みやすさが魅力です。

3.山崎の歴史

山崎を製造する蒸留所は古い歴史を持ちますが、山崎が誕生したのは1984年のことでした。佐治敬三が日本らしいウイスキーを作ろうと、100種類以上の原酒を用いて試行錯誤を繰り返し、山崎が生まれました。以後も味は変わること無く、今では世界中で親しまれています。

4.山崎の代表的な銘柄

山崎を代表する銘柄は「12年」です。12年以上熟成されたモルトをブレンドした銘柄で、山崎の中でも定番に数えられています。ウイスキーファンに最も人気があり、世界的な需要が高まっていることから、品切れになることも珍しくありません。他にも様々な銘柄がありますが、「12年」ほど山崎を代表する銘柄は無いと言っても良いでしょう。

5.山崎の買取査定ポイント

山崎の査定で重要になるポイントは、目減りの有無、ボトルの状態とそして銘柄の3つです。特に買取価格を決めるのは銘柄とボトルの状態ですが、山崎はどの銘柄も高騰しており、高値が期待できます。ただし、中身が目減りしたものは値が付かず、買取不可になるので注意が必要です。
  • 目減りの有無
  • ボトルの状態(汚れなど)
  • どの銘柄も相場は高い

6.山崎の取引相場価格

山崎の取引価格は高騰しています。世界的なウイスキーブームが背景にありますが、大半の銘柄が1万円を超え、中には数百万円の値が付いている銘柄も存在します。定番の「12年」でさえ買取価格は1万数千円台になっており、「18年」になると5万円以上の相場で取引されています。 しかし、特に高値が期待できるのは「35年」です。買取業者の上限価格も300万円程度の値が付いており、他の銘柄と比べて跳ね上がっています。もし持っているなら、査定を受けてみると良いでしょう。

7.山崎の買取についてのまとめ

1984年に誕生した山崎は、現在世界的に人気度の高いウイスキーになっています。特に希少性が高まりつつあり、定価での入手はほぼ不可能とされています。買取相場も総じて高く、10万円を超える銘柄も少なくはありません。ただ、いずれの銘柄も買取相場は高騰していますので、眠っている山崎があれば売却を考えてみるのもよさそうです。